台湾旅行のベストシーズンはいつ? 各季節の特徴と旬の時期の紹介

台湾旅行で最も良い季節、台湾旅行のベストシーズンはいつなのでしょうか?

旅行の目的によってもベストシーズンは変わりますね。

そこで、今回は台湾を旅行する場合のベストシーズンについて、下記の4つのポイントを基準に台湾現地からレポートします。

  • 台湾の季節別の気候
  • 台湾の旬の食べ物
  • 航空券や宿泊料金
  • 台湾と日本の季節毎のイベント

台湾の季節別の気候

台湾の季節は長い夏と比較的短い冬、夏と冬の間に短い春と秋があります。

詳しくは「台湾の気候と四季」をご覧ください。

以下では、台湾の各季節の特徴と服装について、簡潔に紹介します。

  • 春:3月~5月中旬
  • 夏:5月中旬~10月中旬
  • 秋:10月中旬~11月
  • 冬:12月~2月

春:3月~5月中旬

上記の通り、台湾の春は3月頃になると寒さが緩んできます。

毎年の恒例では、3月中旬頃になるとダウンジャケットやコートなどは必要なくなります。

そして、薄手のジャケットや長袖シャツだけでも過ごせるくらい暖かくなります。

日によっては、日中の晴れた日はTシャツでも生活できるくらいになります。

また、この時期は高雄などの台湾南部では毎日、Tシャツでも過ごすことができます。

[関連記事]
台湾の3月の気温と天気‐気候に適した服装

台湾の4月と5月のGW時期の気温と服装

夏:5月中旬~10月中旬

台湾の夏の時期は一年間の半年くらいと非常に長くなります。

5月中旬頃にはTシャツ一枚でも生活できるくらい暖かくなります。

それと同時に、梅雨の時期に当たり雨が降る日数も多くなります。

そして、6月中旬頃まで雨の多い日が続き、その後は本格的な真夏の暑さになります。

台湾では、日本と同様に、7月と8月が最も暑い時期になりますが、9月になっても日中はその暑さはほとんど変わりません。

また、6月~9月頃までは台風シーズンになります。

この時期に台湾旅行をする場合は、台風の発生にも注意しましょう。

10月に入ると朝晩は少し涼しくなりますが、この頃まではTシャツ短パンでも快適に過ごすことが出来ます。

[関連記事]
台湾の梅雨の時期はいつからいつまで?|台湾の6月の天気と気候は?

台湾への7月・8月(夏休み)旅行は?|気温・気候と服装と注意点

台湾の9月の気温と服装|シルバーウィークがおススメな理由と注意点

秋:10月中旬~11月

台湾にも短い秋の季節があります。

10月中旬頃から少しづつ酷暑が薄れて、11月になると、一年で最も過ごしやすい時期になります。

10月になると、台湾北部の一部の都市以外は雨が降る日が非常に少なくなります。

そのため、旅行中に雨に降られてしまう心配もないでしょう。

この時期の服装は長袖シャツに長ズボンで快適に過ごせます。

[関連記事]
台湾の10月と11月の天気と服装|秋の観光旅行は?

冬:12月~2月

台湾の冬の時期は12月くらいから始まります。

日本と比べると、台湾の冬の寒さは厳しくないですが、シベリアの寒波が上空に掛かる場合は、日本と同様に非常に寒くなります。

基本的に、台湾には暖房設備が用意されていないため、室内にいても寒く感じます。

この時期に台湾旅行をする場合は、寒波襲来に備え、ニット、マフラー、手袋なども準備しましょう。

また、台湾の冬の時期は、大気が乾燥しますので、スキンクリームやリップスティックなども忘れずに。

[関連記事]
台湾の12月と1月の年末年始の気温と服装

台湾の2月の気温と服装

台湾の旬の食べ物

台湾の旬の食べ物というと、果物と野菜になります。

日本と同様に、台湾でも暖かい季節になると、野菜の種類も多くなります。

同時に、店頭に並ぶ果物の種類も増え、値段も安くなってきます。

下記の記事を参考にしてみてください。

>>>「台湾の果物

>>>「台湾の野菜

台湾のフルーツと言えば、マンゴーかき氷のマンゴーとパイナップルではないでしょうか?

もちろん、その他の南国フルーツもたくさん楽しむことが出来ます。

総じて言えることは、夏の時期の方が南国特有の果物は豊富です。

秋以降の時期の旬の果物は日本と同じような果物が多くなります。

例えば、梨、柿、みかんやオレンジ、いちごなどです。

どうしても、台湾でマンゴーをはじめとした南国フルーツを食べ尽くしたいという方は6月~8月の時期が最も台湾の果物を楽しめる季節になります。

ちなみに、私が大好きなライチがマーケットに出回る時期は毎年6月の期間は2週間~3週間程度だけです。

航空券や宿泊料金と日本と台湾のイベント

台湾を旅行する時期を選べるのであれば、航空運賃やホテルの宿泊料金が安い時期に旅行したいですね。

これらの料金は繁忙期と閑散期で2倍以上料金が変わってきます。

そのため、旅行客が少ない時期に、のんびりと旅行するのが理想的です。

一般的に、日本から台湾の旅行で最も料金が高くなるのは、日本の連休や夏休みなどの長期休暇の時期になりますね。

そして、同時に、台湾の連休や長期休暇にも気を付けなければなりません。

台湾の祝日や連休中の旅行には注意

台湾の年間の祝日について、まとめて紹介しています。台湾現地の祝日の状況などを含めて、私の経験を踏まえて、台湾現地の祝日事情を詳しく解説しています。台湾の祝日に台湾旅行を予定している方は、是非、ご確認ください。

台湾では最も長い休暇は旧正月の春節休みになります。

春節の時期に台湾へ旅行へ行くのは控えたほうがよいでしょう。

全ての公共交通機関が混雑し、電車やバス等も事前予約がなければ、乗車することも出来ないくらい混雑します。

そのため、この時期に長距離バスに乗ると、高速道路は大渋滞になり、移動には非常に時間が掛かることに注意しましょう。

台湾旅行は国内閑散期を狙え

それでは、台湾の閑散期はいつなのか?

最も安く旅行が出来そうな時期はいつなのでしょうか?

日本と台湾の長期休暇を除いて、休暇明けが最も安くなる時期だとされています。

例えば、GW明けの5月中旬以降から台湾の学校が一斉に休みになる直前の6月下旬頃まで。

あるいは、9月から12月中旬頃までの期間で、9月中にSWがある年は、その期間を除いた時期。

それと、2月頃の春節休みが明けた時期から3月までの時期。

4月になると台湾のお盆休み(清明節)がありますので、この時期も控えたほうがよさそうです。

台湾旅行のベストシーズンのまとめ

台湾旅行のベストシーズンについて、上記のポイントを一覧表にまとめました。

 気候果物料金行事
1月×正月
カウントダウン
2月×春節休み
3月×
4月清明節
GW
5月GW
6月×
7月×夏休み
8月××夏休み
盆休み
9月SW
10月
11月
12月×年末休み

最後に、台湾在住の私が個人的な意見として、台湾のベストシーズンを独断と偏見で述べて、まとめとします。

ズバリ、台湾旅行のベストシーズンは、9月、10月、11月です。

どうしても、新鮮で美味しいマンゴーが食べたい!、あるいはどうしても、産地直送のライチが食べたい!という方は、それぞれの果物が旬の時期に台湾旅行をするしかありません。

最後にまとめとして、特定の目的を持っていない方は、下記の点に注意して、台湾への旅行時期を決められるとよいでしょう。

台湾のベストシーズンはいつ?

  • 特に夏の時期は世界各国から旅行客が台湾に来るため混雑するため回避
  • 夏の時期は台湾国内でも、夏休みの時期に家族旅行をする人が多くなるため回避
  • 夏休み中の旅行費用は比較的高くなる傾向にあるため回避
  • 4月と5月は暑さもそれ程厳しくないため、旅行シーズンとしては良さそう
  • 4月以降は雨が降る日が多くなるため、ベストシーズンとまでは言えません
  • 一般的な旅行客が多い時期以外となると夏休み以降がベター
  • 9月から11月頃までは晴れる日が多く空気も乾燥して、過ごしやすいためおススメ
  • 特に10月以降は日没後は蒸し暑さも和らいで来ますのでベストシーズン
  • 10月~11月の夕方以降に夜市で散歩するには絶好の時期

関連記事: 初めての台湾旅行の方へ|持ち物リストをチェック表で確認

関連記事: 台北の年間の天気・気候(気温・降水量・湿度)台湾旅行前に必ずチェック!

関連記事: 台湾旅行で注意すべきコト|犯罪・事故・トラブルに巻き込まれる前に

関連記事: 台湾の通貨の種類(紙幣&硬貨)台湾元とニュー台湾ドルの違いは!?

関連記事: 台湾のタクシー運賃の料金の目安

関連記事: 台湾旅行で避ける時期‐大型連休中の交通渋滞や公共機関の混雑に注意

台湾旅行前に必読>>>台湾旅行を100倍楽しくする記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする