台湾の3月の気温と天気‐気候に適した服装を春休み旅行出発前に確認

3月には学生の場合は春休みになり、社会人の方も転職などの仕事の節目で旅行をされる方も多いのではないでしょうか?

日本からの台湾への飛行機も多く就航しており、卒業旅行やお仕事の気分転換に近場の台湾旅行を計画してみてはいかがでしょうか。

日本では、3月と言えば、三寒四温と冬の寒さを残しながら暖かくなっていく時期ですが、現地での台湾の天気や気候は…。

ここに注目

  • 台湾の3月の天気や気候はどう?
  • 台湾の3月の気温や湿度はどれくらい?
  • 台湾の3月の旅行で、雨が降るのが心配だな…
  • 台湾の3月の服装やコーデはどうしたらいいのか?
  • 3月の台湾旅行で楽しめるイベントは?

台湾の3月の旅行で気になる上記のような疑問や不安について、台湾在住者の立場でしか知りえない現地情報を踏まえ、気象統計データや画像と併せて、台湾現地からお伝えします。

台湾の3月の天気と気候‐季節の節目

台湾の3月には寒さが緩み始める

台湾の3月の天気について、一言で言えば、「ようやく寒い冬から解放される」という気分です。

日本と同じように、台湾では2月までは気温が低く、とても寒く感じる日も多いものです。

ところが、3月に入ると寒さが緩み始めること体感で実感できる時期になります。

関連記事: 台湾旅行のベストシーズンはいつ?

日本人には体感温度は高く感じる

そのため、台湾よりも気温が低い日本から来られれば、台湾の暖かさを更に強く実感されることでしょう。

日本から台湾への気温差がある環境に移動するため、台湾到着後は体感温度は高く感じられることでしょう。

台湾北部の一部のエリアを除いて、特に台湾中部以南では3月は、まだ雨が降ることが少なく、大気が乾燥しているのが一般的です。

台湾の3月は天候の変化が激しい

また、日本と同様に、寒くなったり暖かくなったりを繰り返し、少しずつ天気が春らしくなっていきます。

そのため、例えば、一週間寒い日が続いた後、突然暖かい日が一週間続き、また寒の戻りで寒くなる…、台湾の3月は天候の変化が激しいのが、この時期の気候の特徴です。

台湾の3月の気候は地域により異なる

それと、台湾南部の高雄や台南での3月の天気は随分と温暖に感じられます。

時には昼間は夏の時期のような半袖のTシャツ一枚でも生活できるほど暖かくなる日も多くなります。

つまり、台湾の3月は都市や地域により気温や気候が異なるのが特徴の一つです。

そのため、台湾で暮らしていても、台湾の3月の服装選びは難しいのです。

台湾の3月の気温と降水量‐グラフ・表で解説

台湾の各都市の年間の平均気温

台湾の各都市の年間の降水量

台湾の3月の気温(最高気温・平均気温・最低気温)

 台北
3月
台中
3月
高雄
3月
東京
3月
最高気温22.124.626.813.6
平均気温18.519.622.68.7
最低気温15.816.019.24.4

※上記データは台湾の中央気象局と日本の気象庁より(過去30年間の平均データを参照)

台北と高雄で約10度の気温差がある

台湾の3月の気温は台北、台中、高雄で異なりますが、総じて言えば約16度~25度程度となります。

台湾の主要都市の中では最も寒い都市(台北)の最低気温と最も暖かい都市(高雄)の最高気温では約10度の気温差があることになります。

そのため、3月に台湾旅行をする場合は、どの都市を中心に旅行を計画しているのかにより、服装などの準備が変わってきます。

台湾と東京の最高気温・最低気温では約10度の気温差

そして、東京と台湾の各都市の気温を比較すると、東京の3月の気温は約4度~14度程度に対して、台湾は上述の通り約16度~25度程度です。

つまり、東京と台湾では最低気温と最高気温のどちらも10度以上の気温差があることになります。そのため、台湾到着時には「台湾はやっぱり暖かい!」と感じることでしょう。

台湾北部以外の都市では雨は比較的少ない

台湾の3月の降水量は台北よりも北側のエリアでは、雨が比較的多いのが特徴です。

一方、高雄、台中などの中部以南の都市では、3月に雨が降ることはほとんどありません。

ただし、急に上空の気圧の変化で暖かくなったりすると、一時的に雨が降ることがあります。

3月に土砂降りのスコールのような大雨になることは稀で、今までに経験したことがありません。

関連記事: 台湾旅行で雨季や雨の日は避けたい! 台湾の四季と気候をご紹介

台湾の3月の湿度‐不快指数は高くない

台湾が日本(東京)と比べて、体感温度という点で、台湾がどれだけ暑いのか、あるいは快適なのかを不快指数で見てみましょう。

まずは、下のグラフは相対湿度についての台湾主要都市と東京の比較です。

台湾の主要都市の相対湿度(%)

  • 台北の相対湿度(3月): 79.5%
  • 台中の相対湿度(3月): 76.6%
  • 高雄の相対湿度(3月): 73.2%

台湾の主要都市の3月の相対湿度は上記の通り、北へ行くほど相対湿度は高くなっています。

台北で暮らしたことがある方であれば、よく分かると思いますが、台北の冬の時期は湿度が高く、少しジメジメしているのが特徴です。

台湾の主要都市の不快係数

※月別の平均気温と相対湿度を基準に計算した結果

一般的に、不快指数に対する日本人の体感温度の感じ方は、下記が目安になります。

不快指数体感での感覚
85以上非常に暑い
80~85汗が出て暑く感じる
75~80やや暑く感じる
70~75暑く感じない
65~70快適に感じる
60~65やや涼しく感じる
55~60肌寒く感じる
55以下非常に寒く感じる

  • 台北の不快指数(3月): 64.5
  • 台中の不快指数(3月): 66.1
  • 高雄の不快指数(3月): 70.5

台湾の3月の湿度について、台湾では年間を通して、東京と比べると湿度は圧倒的に高くなりますが、気温がそれ程高くないため、湿度が高いことによって、不快に感じるようなことはほとんどありません。

グラフの不快指数が示している通り、おおむね不快指数は70%か70%以下のため快適に感じられる水準です。

台湾の3月の服装‐冬の装い~初夏の服装

台湾の3月の服装は結論から言うと、「真冬の服装から初夏の服装まで必要」ということになります。どういうことなのか、詳しく解説していきます。

まず、台北を中心に旅行をする場合は、雨が降り、シベリア寒気団が南下して、台湾上空まで覆うような時には、真冬の寒さになります。この場合はダウンジャケットが必要になります。

一方、台湾南部を中心に旅行をする場合は、天気がよく暖かい日は、上述したように半袖でも快適に過ごすことができます。地元の台湾人は、半袖&ハーフパンツにサンダルの装いで過ごしている人が多いです。

私が住んでいる台中でも、3月の上旬は寒さが残るため長袖シャツにライトダウンジャケットで丁度良い日が多いですが、3月下旬頃になると長袖Tシャツ(カットソー)&ロングパンツくらいで過ごす日が多くなります。

また、台湾南部では紫外線も強くなり始める時期です。それ以外の都市でも天気の良い日は紫外線が気になり始める時期でもあります。台湾の紫外線量については、下記記事をご覧ください。

夏の時期に台湾に旅行に来られる方へ、汗対策と紫外線対策について日本とは異なることや注意点に関して、台湾現地からレポートします。 日本で...

台湾の3月の服装の具体例

  • アウター: ジャケット、ジャンバー、マウンテンパーカー
  • インナー: 長袖シャツ、カットソー、トレーナー
  • ボトムス: デニム、ロングパンツ、レギンス

※3月中旬以降の日中は暖かくなり、アウターは必要ない日が多いです。

《追加情報》
2016年の3月は異常気象なのか、3月末でも寒波が襲来したようで、真冬並みの寒さです。外出する時にはダウンジャケットか厚手のコートが必須です。雨もシトシトと1週間以上降り続いています。例年であれば、3月下旬にもなれば、天気もよく、ポカポカと温かい日が続くのですが…。台湾の3月の時期は服装に苦労するということを思い知らされます。

おまけ:台湾の3月のイベント

台湾で3月に開催されるイベントについて、簡単にご紹介します。

台湾の年間のイベントは旧暦(農暦)により日程が決まります。

そのため、毎年開催時期が異なる場合がありますので、イベントに参加する場合は旅行出発前に日程を確認してください。

  • 台湾慶元宵-塩水蜂炮(爆竹祭り)
  • 平溪(ピンシー)国際天灯祭り
  • 台湾ランタンフェスティバル
  • 鷹揚八卦
  • 高雄内門宋江陣

「台湾の3月の天気・気候・天候・気温・服装」についての質問があれば、下部コメント欄よりどうぞ。台湾の状況を踏まえて、リアルタイムで台湾現地から回答いたします。

関連記事: 初めての台湾旅行の方へ|持ち物リストをチェック表で確認

関連記事: 海外旅行でおススメの街歩きバッグの種類と選び方のポイント

関連記事: 台湾の2月の気温と天気‐気候に適した服装を旅行出発前にCHECK

関連記事: 台湾では花粉症を発症する人がいないというのは本当か!?

関連記事: ゴールデンウィーク(GW)時期の台湾の気候と天候と旅行必需品

関連記事: 台湾の梅雨の時期はいつからいつまで?|台湾の6月の天気と気候は?

台湾旅行前に必読>>>台湾旅行を100倍楽しくする記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする