台湾の4月と5月の天気と気温 GW旅行の気候に合った服装は?

4月末には日本では毎年恒例のゴールデンウィークの連休が始まりますね。皆さんのGWのご予定はいかがですか?
当然ですが、台湾では日本のGW時期は全くの平日の真っ只中です。

  • GW時期の台湾の天気はどんな感じなのか?
  • GWの台湾旅行をする際、雨が心配だな?
  • 4月~5月の台湾の気温や湿度はどれくらいかな?
  • 4月~5月の台湾旅行ではどんな服装なら大丈夫かな?

上記のような疑問をお持ちの方に向けて、現地の事情を踏まえ気象統計データと併せて、ゴールデンウィーク(GW)時期の台湾の天気と気候、現地の状況、あると便利なグッズについて台湾現地から詳しく解説していきます。

日本のGW時期は天気も気候も良く、適度に暖かく、空気も乾燥しているため、爽やかで過ごしやすい事でしょう。それでは台湾はという視点で紹介します。

台北・台中・高雄の台湾3大都市と東京の4月と5月の気温(最高気温、平均気温、最低気温)を比較してみました。ゴールデンウィークの時期には、台湾と日本ではどれくらいの気温や天気の違いがあるのか分かりますよ。

天気や気温を知った上で、旅行前の服装などの準備をする上での助けになれば光栄です。

ゴールデンウィーク時期の台湾の気候・天候は?

台湾のゴールデンウィーク時期の気候・天気はどうなのでしょうか?

一般的に、台湾の4月から5月にかけての気温は平均すると20度から30度くらいです。この時期の台湾では、気温よりも湿度の方が、より体感温度に影響を与えます。というのも、この時期の台湾は春から夏に向かい、気温がぐんぐん上昇していく時期です。

今まで晴れている日が多く、暑くもなく寒くもない3月下旬から4月上旬までの日々が嘘のように変化していく節目の時期です。4月上旬以降は曇り空や雨が降る日が多くなる時期でもあります。

そのため、朝は晴れていて良い天気だとしても、午後からは突然、天気が崩れてスコールのような土砂降りになったりすることがあります。

逆に、朝から大雨が降っていても、午後から太陽の日差しが顔を出し、天気が回復したりします。そのため、4月以降は湿度が高くなり、体感的に蒸し暑く感じる日も少しずつ多くなります。

(ただし、年により降雨が少ない場合もあり、快適な4月~5月の時期を過ごすことができる年もあります。)

台湾の各都市の年間の平均気温と降水量

台湾の各都市の年間の平均気温

台湾の各都市の年間の降水量

台湾三大都市と東京の4月と5月の気温を比較

 台北
4月
5月
台中
4月
5月
高雄
4月
5月
東京
4月
5月
最高気温25.7
29.2
27.6
30.2
29.1
30.8
19.0
22.9
平均気温21.9
25.2
23.1
26.0
25.4
27.5
13.9
18.2
最低気温19.0
22.3
19.6
22.6
22.4
24.8
9.4
14.0

※台湾各都市および東京の気温は過去30年間平均のデータ(台湾政府統計を基に作成)

この時期の台湾と日本(東京)の気温を大雑把に比較すると、台湾の気温は20度~30度に対して、東京の気温は10度~20度程度ということが分かります。

つまり、台湾と東京では概ね10度程度の気温差があると考えておきましょう。10度の気温差は、実際には体感温度としては、10度以上に感じられることでしょう。

GW時期の台湾には降雨日や降雨量にも注意しよう

台湾の4月から5月にかけては、気温だけではなく、降雨日や降雨量が増えるため、湿度も急激に上がってきます。

そのため、小春日和の日本から台湾に旅行に来られた日本人の方は、台湾の気候がかなり蒸し暑く感じられると思います。

sora.jpg

それもそのはずです。ゴールデンウィークの時期は、日本では最も過ごしやすい季節ですからね。日本では、暑くなく寒くなく、雨もそれほど降らない、一年中で最も快適に過ごすことができる時期だと思います。

そんな日本から、気温がグングン上がり、なおかつ湿度もどんどん高くなる時期に台湾に来れば、蒸し暑く感じるのも当然でしょう。

台湾の体感温度と主要都市の湿度&不快指数

海外旅行の際、空港で飛行機を降りた直後に感じる何とも言えない体で感じる温度ってありますよね。

例えば、機外から出て空港内に入った瞬間に感じるムワッとした直感的に感じる空気感…、皮膚感覚で感じる体感温度と気温とは必ずしも一致しないことが多いです。

一般的には、空気が乾燥している場合はあまり暑さは感じないものです。逆に、気温も湿度も高いと蒸し暑く不快に感じますね。

そこで、体感温度を測る指数として「不快指数」があります。これは気温と湿度を基準にして計測され、皮膚感覚で感じる暑さや寒さの指数です。

台湾と日本(東京)の気候を比べて、体感温度でどれだけ暑く感じるのか、あるいは寒く感じるのかを不快指数で見てみましょう。

まずは、下のグラフは相対湿度についての台湾主要都市(台北、台中、高雄)と東京の比較です。

台湾の主要都市の相対湿度(%)

  • 台北の相対湿度(4月/5月): 77.8% / 76.6%
  • 台中の相対湿度(4月/5月): 77.3% / 77.1%
  • 高雄の相対湿度(4月/5月): 75.1% / 76.9%

台湾の主要都市の4月と5月の相対湿度は上記の通り、75%~78%程度と少し高めです。

台湾の主要都市の不快係数

※月別の平均気温と相対湿度を基準に計算した結果

一般的に、不快指数に対する日本人の体感温度の感じ方は、下記が目安になります。

不快指数体感での感覚
85以上非常に暑い
80~85汗が出て暑く感じる
75~80やや暑く感じる
70~75暑く感じない
65~70快適に感じる
60~65やや涼しく感じる
55~60肌寒く感じる
55以下非常に寒く感じる

  • 台北の不快指数(4月/5月): 69.8 / 74.9
  • 台中の不快指数(4月/5月): 71.6 / 76.2
  • 高雄の不快指数(4月/5月): 75.0 / 78.5

上記の通り、4月と5月の主要各都市の不快指数は、4月はどの都市でも快適に感じるか、それ程暑くは感じない程度の体感ですね。

ところが、5月になると、台中や高雄では、やや暑く感じるほどの体感温度に変わります。特に、この時期は気温が上がり始め、降雨もあるため、時として体感では暑く感じ始める時期です。

4月と5月の紫外線と花粉症の心配は?

紫外線

台湾の4月と5月の紫外線はどれくらいかな?

そんな心配をしている方もいることでしょう。そこで、GW時期の台湾の紫外線量を調べてみました。

上のグラフの通り、台北、台中、高雄の3大都市の紫外線量は下記の通りです。

  • 台北の4月~5月の紫外線量: 6.5~6.6UV
  • 台中の4月~5月の紫外線量: 6.8~7.5UV
  • 高雄の4月~5月の紫外線量: 9.5~11.3UV

上記の通り、台湾では日本の紫外線量よりも随分と高くなっていることが分かりますね。台湾でも南部に向かうほど紫外線量は高くなります。また、山間部ではさらに紫外線量が高くなりますので、紫外線対策も忘れずに。詳しくは下記記事をご覧ください。

夏の時期に台湾に旅行に来られる方へ、汗対策と紫外線対策について日本とは異なることや注意点に関して、台湾現地からレポートします。 日本で...

花粉症

日本では春先に花粉症でお悩みの方も多いのではないでしょうか?

それでは、台湾では花粉症があるのかどうか、という疑問にお答えします。結論を言ってしまうと、花粉症はないと言ってよいでしょう。ただし、大気汚染という別の問題がありますのでマスクは必要です。詳しくは下記記事をご覧ください。

GW中の台湾旅行での服装・コーデは?

4月頃から晴れていた天気が突然崩れ、スコールのような土砂降りになったりすることが少しづつ多くなります。そうかと思えば、雨が止んで、急に強い日差しで気温が急に上がったりすることが、5月頃には多くなります。

台湾での4月と5月の服装について、湿度が高く蒸し暑いため、通気性の高い素材の服を選ぶのがよいでしょう。また、汗もかきやすいため、速乾性のある素材の服もおススメ。

天気が良い日は日差しも強くなり始めますので、観光で外出することが多くなる予定の場合は、帽子が必需品になります。

海外旅行の必需品はたくさんありますが、その中でも忘れてはならないグッズが帽子です。特に、暑い国や暑い時期に旅行をして、外出する機会が多い場合...

その他では、雨対策と日傘用としても使える折り畳み傘があると重宝します。台湾では路上で傘を販売している場合もありますが、品質があまり良く無いモノが多いので、台湾での購入はあまりお勧めできません。

台湾の4月の服装の具体例

台湾の4月の服装を一言で言えば、薄手のパーカーか長袖シャツになります。現地ではほとんどの台湾人(特に男性)は半袖一枚です。少し風があったり、雨が降って涼しい時には、薄手のジャケットを羽織る程度です。

  • トップス: 長袖シャツ、カットソー、トレーナー
  • ボトムス: デニム、チノパンツ、ワンピース

台湾の5月の服装の具体例

台湾の5月の服装は、日本の初夏の様相になります。つまり、ほとんどの人の服装が半袖シャツに切り替わります。

突然、雨が降ったりするため、足元には注意したい時期です。台湾人は雨(の予報?)には敏感で、雨の日はほとんどの人がサンダルを穿いています。このような日はハーフパンツにサンダルのコーデがベストでしょう。

  • トップス: Tシャツ、半袖シャツ、カットソー
  • ボトムス: デニム、チノパンツ、ワンピース、ハーフパンツ
台湾に移住以降、台湾の女性の服装について、特に日本の女性との違いで、気が付いたことがあったので、台湾現地からレポートします。 春夏秋冬...

春から夏に向かう季節の節目の必需品は?

私が台湾に移住した当初は、台湾(台中)では4月から5月の時期には午後になると、多くの場合、スコールのような大雨が降っていたことを思い出します。ところが、年によっては4月頃は雨が降る日が少ないことも多いです。

と言っても、4月上旬以降はカラッと晴れた快晴の天気ではなく、どんよりと曇った日が多くなります。台中と比べると、台北の方では雨の日が多いのが特徴です。

そのため、4月中旬以降に台湾を旅行する方は、外出する時には必ず折り畳み傘を持ち歩いた方が良いでしょう。台湾のコンビニでも、折り畳み傘くらいは販売していますが、雨が降っている日には、売り切れていることがあります。

ゴールデンウィーク時期の台湾旅行の服装と注意点

ゴールデンウィークの連休を利用して台湾に旅行に来られる方も多いと思います。この時期には必携の持ち物になる折り畳み傘だけは忘れずに持参した方が良いでしょう。

そして、この時期から台湾の室内という室内はエアコンが稼働し始める時期でもあります。台湾のエアコンは日本とは違い、強力な冷却装置です(笑)。ホテルなどの室内やバスの中などでは非常に寒くなります。外部は暑く蒸し暑い反面、ホテルやバスなどの室内は非常に寒く感じることでしょう。

そのため、直接肌に冷気を触れさせないために、薄手のカーディガンか長袖シャツを1枚持参することをお勧めします。普段は外出時にはTシャツ一枚で問題ありませんが、室内やバス・電車内では長袖の服が必要になることが多いでしょう。

それでは、ゴールデンウィーク中に台湾を旅行する方、魅力溢れる台湾観光を十分満喫して楽しんでくださいね。

Point

  • 台湾の4月の気温は19度~29度程度、湿度は71%~78%程度
  • 台湾の5月の気温は22度~31度程度、湿度は76%~77%程度
  • 降雨の前後での体感温度は蒸し暑く感じることが多い
  • 台湾の4月の服装は半袖シャツ(+カーディガンor長袖シャツ)
  • 台湾の5月の服装は半袖&ハーフパンツでOK
  • 雨対策として折り畳み傘とサンダルもあると便利

関連記事:初めての台湾旅行の方へ|持ち物リストをチェック表で確認

関連記事:海外旅行でおススメの街歩きバッグの種類と選び方のポイント

関連記事:台湾の梅雨の時期はいつからいつまで?|6月の天気と気候は?

関連記事:台湾への7月・8月(夏休み)旅行は?|天気・気候と服装と注意点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする