【台湾の6月の気温】台湾の梅雨の時期はいつからいつまで?

台湾の6月の気温と気候、および梅雨の時期について、台湾現地からレポートします。

6月に台湾旅行を予定している方もいることでしょう。

特に、はじめて6月に台湾へ旅行へ向かわれる方は、現地の状況が全く分からないのではないでしょうか?

ここに注目

  1. 台湾の6月の気温は何度?
  2. 台湾の6月の天気は良いの?悪いの?
  3. 台湾の6月の気候は暑いの?蒸し暑いの?
  4. 台湾には梅雨の時期があるの?
  5. 6月の台湾も雨が多い時期なの?
  6. 6月の台湾旅行で注意することは何?

上記のような疑問を持っている方もいることでしょう。このような、台湾の天気や気候、気温や湿度について、台湾の気象データと併せて、台湾在住者の視点から6月の台湾の現地の状況をお伝えします。

梅雨という言葉は、一説には、梅の熟す時期という意味から使われ始めたとも言われています。一年で最も降雨の日が続く時期ですが、日本と同様に、実は台湾でも梅雨の時期はあります。

日本では、地方により異なりますが、6月上旬頃に梅雨入りし、7月下旬に梅雨明けすることが多いですね。それでは台湾の梅雨入りと梅雨明けの時期は、どうでしょうか?

rainyseason

 

スポンサーリンク

台湾の6月の気温

  • 最高気温: 30度~32度
  • 平均気温: 27度~28度
  • 最低気温: 24度~26度

台湾の6月の気温はどれくらいなのか?

6月の気温について台湾政府(台湾交通部)が公表している気象データで詳しく紹介します。

6月台北台中高雄台南花蓮台東東京
最高気温32.031.931.632.130.431.425.5
平均気温27.727.628.528.527.127.821.4
最低気温24.624.425.925.724.325.118.0

上表は、台北、台中、高雄、台南、花蓮、台東の6月の最高気温、平均気温、最低気温の統計データです。

また、台湾と日本の6月の気温の違いが分かりやすいように、東京の該当する気温も併記して比較しています。

台湾の主要な各都市と東京を比べると、気温は約5度から8度程度、台湾の方が高くなっています。

台湾の年間の平均気温

グラフは台北、台中、台南、高雄、花蓮の月別の平均気温を示しており、一年間の推移を表しています。

台湾と日本の気温の違いが分かりやすいように、東京の月別の平均気温を併せて比較しています。

グラフの通り、台湾では各都市とも6月は気温が上がり、平均気温でさえ28度前後を示しています。

台湾の6月は春から夏へ移行する季節の節目にあたり、気温がグングン上がっていく時期です。

台湾の6月の気温の推移

台湾の6月の気温は上旬、中旬、下旬で違いはあるのか?

このような疑問を持っている方もいるかもしれませんね。

以下では、台北と高雄の6月の日ごとの気温の推移についてのグラフ、6月の上旬・中旬・下旬の気温(最高気温、平均気温、最低気温)を詳しく紹介します。

ご覧の通り、台湾の6月の気温は高くなりますが、大雨も多いため、気象の変動とともに、気温にバラつきがある季節になります。

台湾北部の6月の気温の推移

台北の6月の気温の推移

台北の6月の日ごとの気温の推移

グラフは台北の6月の最高気温と最低気温(2018年実績)の1ヶ月間の日ごとの推移を示しています。

また、台湾北部と日本の気温の違いが分かりやすいように、東京の気温を併せて比較しています。

グラフをご覧と通り、降雨の影響などを受けて、気温が一時的に下がっている週がありますが、全体的には徐々に気温が上がっているのが分かりますね。

台北の6月の上旬・中旬・下旬の気温
台北最高気温最低気温
6月上旬31.7 (+6.8)25.7 (+8.8)
6月中旬30.4 (+5.0)24.9 (+6.9)
6月下旬34.6 (+8.4)26.8 (+7.8)

※(カッコ)内は東京との気温差

台北の6月の気温の特徴
  1. 台北の6月の上旬と下旬の気温差は2度~3度
  2. 台北の6月の日中と朝晩の気温差は6度~8度
  3. 6月の台北と東京との気温差は5度~9度

台湾南部の6月の気温の推移

高雄の6月の気温の推移

高雄の6月の日ごとの気温の推移

グラフは高雄の6月の最高気温と最低気温(2018年実績)の1ヶ月間の日ごとの推移を示しています。

また、台湾南部と日本の気温の違いが分かりやすいように、東京の気温を併せて比較しています。

グラフをご覧と通り、降雨の影響などを受けて、気温は一週間間隔で緩やかに変動しているのが分かりますね。

高雄の6月の上旬・中旬・下旬の気温
高雄最高気温最低気温
6月上旬33.8 (+8.9)27.3 (+10.4)
6月中旬30.2 (+4.8)25.7 (+7.7)
6月下旬31.6 (+5.4)26.2 (+7.2)

※(カッコ)内は東京との気温差

高雄の6月の気温の特徴
  1. 高雄の6月の上旬と下旬の気温差は1度~2度
  2. 高雄の6月の日中と朝晩の気温差は5度~6度
  3. 6月の高雄と東京との気温差は5度~10度

 

台湾の6月の雨の状況

台湾の6月の雨の状況はどんな感じなのか?

以下では、台湾の降水量について、主要都市の月別の降水量(mm/月)の年間の推移のグラフと6月の降水量の気象データで詳しく解説します。

台湾の年間の降水量

グラフは台北、台中、台南、高雄、花蓮の各都市の月別の降水量を示しており、年間の降水量の推移を示しています。

台湾と日本の降水量の違いが分かりやすいように、東京の月別の平均気温も併せて比較しています。

台湾では各都市とも、梅雨の真っ只中で、一年間で雨が降る日が最も多い月です。また、台湾の6月は台風シーズンと重なる時期でもありますので、一時的に降水量が多くなっている都市もあります。

台湾の6月の降水量

6月の台湾では雨がどれくらい降るのか?

以下は、台北、台中、高雄、台南、花蓮、台東の各都市の6月の降水量(mm/月)の気象データです。

6月台北台中高雄台南花蓮台東東京
降雨量(mm)325.9331.2415.3371.5221.7227.8167.7

上表の6月の各都市の降水量をエリアごとの雨の状況をまとめると下記の通りです。

  • 台湾北部:6月の降水量は非常に多い
  • 台湾中部:6月の降水量は非常に多い
  • 台湾南部:6月の降水量は極端に多い
  • 台湾東部:6月の降水量は多い

台湾の6月の降水日数

6月台北台中高雄台南花蓮台東東京
降雨日数15.514.613.813.112.613.811.9

※降水日数は1日の降水量が1mm以上の日の1ヶ月間の過去の平均日数を示しています。

上表は台湾の台北、台中、高雄、台南、花蓮、台東の6月の1ヶ月間の降水日数を示しています。

また、台湾と日本の6月の降水日数の違いが分かりやすいよう、東京の6月の降水日数を合わせて比較しています。

観光地として最も人気が高い台北では6月には、2日に一日、雨が降ることが分かりますね。

実は、6月は梅雨の時期の東京よりも、台湾の各都市の方が降水日数が多いということは驚きですね!つまり、台湾の6月は雨の降る日が多いということ。

台湾の6月の雨の降り方

そして、降水量も台湾の方が若干高くなっており、その中でも高雄の降水量が最も多くなっています。実は、6月頃から台湾では台風シーズンが始まります。

台湾の台風シーズンはいつからいつ頃まで?
台湾での台風シーズンはいつからいつ頃までなのか?台湾では何月に台風が最も多いのか?このような疑問に、台湾の気象統計データをもとに詳しく解説します。また、台湾在住者の視点から、台湾現地の台風時の現地事情も紹介します。

日本の梅雨の時期には、毎日、シトシトと止めどなく雨が降り続くイメージです。

ところが、台湾の場合は時としてスコールのように大雨になったと思えば、太陽の日が差して、気温が高くなるという変化に富んだ天候が多くなります。

そのため、湿度も東京より台湾の方が若干高くなっています。

 

台湾の6月の湿度

湿度と体感温度

海外旅行の際に空港で飛行機を降りた直後に感じる何とも言えない体で感じる温度ってありますよね。機外から出て、空港内に入った瞬間に感じるムワッとした直感的に感じる空気感です。

皮膚感覚で感じる体感温度と気温とは必ずしも一致しないことが多いです。一般的には、空気が乾燥している場合は、あまり暑さは感じないものです。逆に、気温も湿度も高いと蒸し暑く不快に感じますね。

そこで、体感温度を測る指数として「不快指数」があります。これは気温と湿度を基準にして計測され、皮膚感覚で感じる暑さや寒さの指数です。

台湾と日本の体感温度の違いを不快指数という指標で、どれだけ暑く感じるのか、あるいは寒く感じるのかをチェックしてみましょう。

以下では、相対湿度(湿度)と不快係数についての台湾主要都市(台北、台中、高雄)と東京の比較をしてみます。

台湾の6月の湿度

  • 台北の相対湿度(6月): 77.3%
  • 台中の相対湿度(6月): 77.9%
  • 高雄の相対湿度(6月): 80.1%

台湾の主要都市の6月の相対湿度は上記の通り、77%~80%程度と少し高めです。

台湾の6月の不快係数

※月別の平均気温と相対湿度を基準に計算した結果

一般的に、不快指数に対する日本人の体感温度の感じ方は、下記が目安になります。

不快指数体感での感覚
85以上非常に暑い
80~85汗が出て暑く感じる
75~80やや暑く感じる
70~75暑く感じない
65~70快適に感じる
60~65やや涼しく感じる
55~60肌寒く感じる
55以下非常に寒く感じる

  • 台北の不快指数(6月): 78.9
  • 台中の不快指数(6月): 78.8
  • 高雄の不快指数(6月): 80.5

上記の通り、6月の主要各都市の不快指数は、6月はどの都市でも暑く感じ、特に高雄では不快指数が80を上回り汗が滲み出てくるほどの体感ですね。

【現地の状況】6月の湿度は高い?

とうとう、私たちが暮らしている部屋の中は、ジメジメ感がマックスを超えて、不快指数が跳ね上がり、かび臭いニオイさえもするようになってしまいました。そのため、昨日から除湿機を使い、部屋の中を乾燥させなければいけなくなりました。

このように、就寝前の数時間の間だけでも乾燥させることで、その後の睡眠がかなり快適になります。一度寝てしまえば、就寝中の不快指数もあまり感じないのですが、夜中に目が覚めてしまうと、また不快な思いをしなければいけなくなります。目が覚めないように、就寝前のトイレは欠かせませんね。

庭の樹木の切り株などを観察してみると、菌を埋め込むような作業をしていないのですが、自然と美味しそうなキノコが生え始めました。(食べられるかどうかは分かりませんが)太陽の光が差し込まず、そこそこ高温で湿度が高いなどの環境が揃うと、このようなことが起こるのでしょう。

最近は、桃の出荷の最盛期で、またライチなども市場に出始めましたが、梅雨明けと同時期には、このような台湾の美味しい果物が廉価で市場で手に入りそうです。

台湾の6月の果物‐おいしい旬のフルーツをランキングで紹介します
台湾の6月の果物を旬の時期を基準にして、美味しいフルーツをランキング形式で紹介します。ライチ、マンゴー、パイナップル、バナナ…、台湾の夏の時期にはいろいろな種類のフルーツが楽しめます。

 

台湾の梅雨の時期はいつ?

一般的には、台湾では梅雨の時期は5月中下旬頃から6月中旬頃までとされています。ところが、日本とは若干異なり、台湾では年によって、あるいは都市によっては降雨の日がまちまちで、梅雨入りと梅雨明けの時期がハッキリしていないのが実状です。

ある年には台中では5月20日から梅雨入りし、その後1週間経過していますが、毎日雨が降り続いています。気温は、雨が降っている時は25度前後で、気温はそれ程高くなく、体感温度も暑くは感じません。ところが、雨が止み陽が差したりすると、一気に30度程度まで上がり、非常に蒸し暑く感じます。

この1週間で陽が差した日は、数えるくらいしかありません。そのため、なぜか太陽の光を見て身体に浴びると、少しホッとした気分になります。

早朝に目が覚めて雨がシトシトと降っているのと、早朝に目が覚めて窓から太陽の光が差しているのとでは、精神的な重さと心に圧し掛かるストレスが雲泥の差です。

年によっては、梅雨入りする前までは水不足が各方面で問題となることがあります。そのような年には、梅雨時の降雨で河川の水かさも増し、水不足が解消することもしばしばです。

それにしても、台湾の梅雨の時期は、年により連日のように雨が降り続くこともあれば、雨が降ったり止んだりを繰り返す年もあります。

≫≫ 台湾旅行で雨季や雨の日は避けたい! 台湾の四季と気候をご紹介

台湾の梅雨入りと梅雨明け

2016年の梅雨

  1. 5月中旬になり、雨が降ることが多くなった。
  2. 毎日シトシトと降り続くのではなく、一時的に2~3時間の間、土砂降りになる日がある。
  3. 台中では、梅雨入りしたかどうか分からない曇りの日が多く、体感的な湿度はとても高く感じる。
  4. 台中では、6月中旬頃までは、朝から大雨が降っていたり、夕方から天気が崩れ、突然大雨になることがあった。
  5. 6月中旬以降は、曇り空になることがあり、湿度が高い日が続くが、雨はほとんど降らない。このまま、梅雨明けへ。

2017年の梅雨

  1. 6月初旬は史上稀に見るような集中豪雨になった。
  2. バケツをひっくり返したような大雨でのため、各地で水災が発生した。
  3. 6月19日に雨が止み、夏の暑さが戻ってきて、梅雨が明けた様子。

2018年の梅雨

  1. 5月7日に台湾各地で猛暑になり、その後、大雨が降り始めた。
  2. 断続的に大雨が降るようになり、一日中、雨が降り続くこともあり。
  3. 梅雨入りかと思ったが、その後、雨が降ることは少なく、曇り空の日が多く、ジメジメとした蒸し暑い日が続く。
  4. 6月中旬から一日中、土砂降りの雨が続き、台湾特有の梅雨モード。
  5. 6月下旬なり、真夏の蒸し暑さがぶり返し、梅雨明けの雰囲気。
  6. 6月30日より再度、一日中降り続くような雨、梅雨明けはまだ?

 

台湾の6月の紫外線

6月の台湾の紫外線はどれくらいかな?

こんな不安を抱いている方もいるのではないでしょうか。

実は台湾では春先から紫外線量が増加し始めますので、雨や曇りが多い6月はどうなのか気になるところでしょう。

まずは、各都市の紫外線量を示す下のグラフをご覧ください。

グラフは直近の台北、台中、高雄の3大都市と日本(観測点:つくば)の紫外線量を比較したものです。

  • 台北の6月の紫外線量: 7.6UV
  • 台中の6月の紫外線量: 7.2UV
  • 高雄の6月の紫外線量: 10.8UV

台湾各都市の6月の紫外線量はどの都市でも7.0UVを超えているのが分かりますね。特に、台湾南部への旅行の予定の方は、天気が良い日の紫外線には注意が必要でしょう。詳しくは下記記事をご覧ください。

台湾旅行の紫外線&日焼け対策はOK?4月~10月の紫外線量に注意
夏の時期に台湾に旅行に来られる方へ、汗対策と紫外線対策について日本とは異なることや注意点に関して、台湾現地からレポートします。 日本では夏と言えば、7月と8月のイメージが強いですが、台湾では4月頃から既に気温が高くなり始め、夏の時期に...

 

6月の台湾旅行の注意点

台湾へ6月に旅行をする際の注意点は何?

6月に台湾旅行を予定している方は、下記の3つのことについて頭に入れておくと現地での対応がしやすいでしょう。

台湾の6月は梅雨の時期のため、降水量が多く、降雨日数も多い時期です。

また、日本のようにシトシトと小雨が降るというよりも、朝から晩まで大雨になることも多く、豪雨になることも度々です。

この時期は豪雨のため、高速バスや電車での旅行を予定している方は到着が遅延したりすることは日常茶飯事です。

湿度

毎日、雨が降り続く年もあり、湿度は非常に高くなります。

そのため、一時的に晴れたりすると、気温が急上昇したりします。

その結果、体感温度が上がり、不快指数が高くなる日も多いです。

肌と肌が合わさるとペタペタとする肌感覚が毎日続く時期です。

暑さ

雨が降ると気温が25度以下になることもあり、一時的にやや涼しさを感じる日も多くなります。

とは言っても、やはり、気温が高い日が多いため、蒸し暑さを実感する日が多いです。

気温と湿度が変わりやすい時期ですので、体調も崩しやすくなります。例えば、気温が高くなったときには、熱中症などには注意が必要で、水分補給をしっかりとしましょう。

 

まとめ

以上、台湾の6月の気温と雨の状況を中心に、現地の気候と天気について、気象データ、現地事情、現地で感じる肌感覚を紹介しました。

台湾の6月は気温がグングンと上がる時期ですが、同時に雨がよく降るため、湿度が高く体感温度が上がり蒸し暑い時期だという現地の状況が伝わりましたでしょうか?

台湾ではこの時期はどの都市も同じタイミングで梅雨入りしているため、この時期に台湾に観光旅行へ来られる方は、あまり快適に旅を楽しめないかもしれません。

常に傘を差しながら夜市を歩き、足元がぐちゃぐちゃの道をズボンを捲り上げて歩いても、疲れるだけで楽しむことは出来そうにありませんからね。

と思うかもしれませんが、実は都市により雨が降ることもあれば、毎日、曇り空の日が続くということもしばしば。また、台湾では、その年の初めの台風の上陸と時を同じくして梅雨明けになることが多いです。

その頃には美味しい台湾の果物が果物屋に並べられているでしょう。台湾を旅行するのであれば、果物が美味しく、雨の心配がなく、傘の必要がない時期に旅をしたほうがよいでしょう。

 

この記事のPoint

  • 台湾の6月の気温はグングン高くなる季節
  • 台湾の梅雨の時期は~6月中旬頃から下旬頃まで
  • 台湾の6月の天気は雨が降りやすいがシトシトではなく豪雨になることも
  • 台湾の6月の時期の気候の特徴は気温と湿度が高く非常に蒸し暑い
  • 台湾の6月の紫外線量は比較的多めのため晴天時は紫外線対策が必要

 

台湾の6月の服装は下記の記事をご覧ください。

台湾の6月の服装|女子のコーデと男性の装い選びのポイント

 

「台湾の6月の天気・気候・天候・気温・服装」についての質問があれば、下部コメント欄よりどうぞ。台湾の状況を踏まえて、リアルタイムで台湾現地から回答いたします。

関連記事: 初めての台湾旅行の方へ|持ち物リストをチェック表で確認

関連記事: 台湾の4月と5月の天気と気温 GW旅行の気候に合った服装は?

関連記事: 【台湾の7月の気温】天気・気候に適した服装と注意点を旅行前に確認

関連記事: 台湾の8月の気温は?雨が心配?気候と天気の現地状況とセットで解説

関連記事: 台湾の9月の気温と服装|シルバーウィークがおススメな理由と注意点

関連記事: 台湾旅行のベストシーズンはいつ? 各季節の特徴と旬の時期の紹介

コメント

  1. とおりすがり より:

    どこのブログを見ても適当なコピペが多い中、素晴らしく有益な情報をありがとうございました・・・ケンティンに行きたいのですが季節を調べていたので大変参考になりました!ありがとうございました

    • いいぞっ より:

      コメントありがとうございます。
      墾丁への旅行…いいですね。
      現地状況を肌感覚で伝えていますが、お役に立てたようで嬉しいです!
      こちら≫≫ 墾丁公園(恒春)の天気(気温/降水量)と気候|夏の海水浴はどう?も参考にしてみてください。
      墾丁は私の好きなところでもあります。天気が良い日は素晴らしい場所ですが、冬は少し風が強い感じがします。
      台湾旅行が楽しいものになり、充実した時間が過ごせることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました