初めての台湾旅行の方へ|持ち物リストをチェック表(PDF付)で確認

はじめて台湾を旅行する場合の持ち物について、台湾現地からレポートします。初めての海外旅行が台湾だという方も多くいるのではないでしょうか。

旅行前は何かと忙しく、旅慣れた方でなければ、何を持っていけばよいのか、慌ててしまうものです。そこで、台湾へ旅行をする際に持って行くものの中で、特に重要なものと忘れがちなものを中心に一覧にしてみました。

pp_kuukoukassouro500

初めての台湾旅行で必要な持ち物(貴重品)

パスポート

自宅を出発する時にパスポートを忘れてしまい、空港へ到着して持ってきてないことに気が付き、飛行機に間に合わなくなってしまった・・・などという方も少なからずいます。このようにならないように、パスポートだけは忘れないようにしましょう。

また、台湾に入国する場合は、残存有効期間が3ヶ月以上必要になります。3ヶ月とは90日間を示していますので注意しましょう。実は、私は以前、パスポートの有効期限が切れているのに気が付かず格安航空券を予約して、旅行直前に気が付き航空券を無駄にしたことがあります。このようなことにならないように、有効期間が十分かを確認しておきましょう。

航空券

最近は、航空券は紙の航空券はあまり使わないかもしれませんが、ウェブサイト上からプリントアウトするようなEチケットが必要な場合は、事前に準備しておきましょう。

いつでも出来ると思っていると、空港のチェックインカウンターで忘れてたということになり、大慌てすることになります。

特に、LCCの場合はスマホでもチェックインできるようになっていますが、スマホは旅行中に紛失したり、バッテリー切れなどになると全てを失うリスクもあります。何かトラブルが起きた時には、航空券の控えを持って行くと安心です。

クレジットカード

クレジットカードは、買い物を買う時だけではなく、海外のATMで現地通貨を引き出す時にも非常に便利です。そのため、クレジットカードは必ず持参しましょう。

何かのトラブルでクレジットカードが利用できなくなってしまうことも考えられます。出来ればブランド(クレジット会社)の異なるカードを複数枚持っていけば安心です。

海外キャッシングのメリットなどに関しては、下記記事をご参照下さい。
海外キャッシングと現金両替を比較検証!どちらが有利でお得?
台湾観光旅行にはJCBカードが必携でお得な理由

海外プリペイドカード

海外プリペイドカードとはどのようなものか知っていますか?
海外生活でお金の管理に必需品|海外プリペイドカード比較

上記の記事でも海外プリペイドカードを比較していますが、海外プリペイドカードとは、文字通り、海外専用のプリペイドカードです。

事前にお金をチャージしておき、チャージされている金額だけ利用できるカードで、ショッピングにも海外キャッシングにも利用できるカードで、外見もクレジットカードと変わらないだけではなく、使用方法もクレジットカードと同じです。

昔は、トラベラーズチェックという紙ベースのプリペイドマネーがありましたが、トラベラーズチェックのプラスチック版のようなものですね。

永年年会費無料で無審査で誰でも手に入れられますので、1枚持っていて損はないでしょう。私がおススメするのは、こちら >>> 新しい海外旅行の必需品【マネパカード】

海外専用カードとして使えるだけではなく、日本国内でも利用できる便利なカードです。海外ショッピングでは日本最安だそうです。また、利用額の最大2%がキャッシュバック還元などのメリットも嬉しいですね。

わざわざ、日本出発前に慌てて、成田空港・羽田空港や関空あるいは中部空港などで、非常に悪い為替レートで台湾ドルの通貨に現金両替している方がいます。

実際には、海外プリペイドカードを利用した方が、有利な外貨レートで両替できます。そのため、日本で現地通貨である台湾ドルを準備する必要はありません。

初めての台湾旅行で必要な持ち物(電子機器)

スマホ

一言で言えば、スマホ一台あれば、多くの面で事足りると思います。ただし、スマホは便利な半面、海外旅行中に盗難や紛失をしてしまった場合は悲劇です。全ての情報が遮断され、旅行の記念となる写真の一枚も残らないなんてことになるかもしれません。

ノートPC

そのため、コンパクトなノートPCが一台あれば、ホテルでは快適なネット生活が出来ます。スマホにトラブルが起きた時のサブとしても持参すると安心です。ただし、旅行中の管理は少し面倒になりますね。

海外WiFi

台湾はWiFi天国と言うくらい、日本と比べると比較にならないくらい、無料WiFiスポットが多い国です。ところが、無料WiFiスポットには落とし穴があり、人が多い場所ではなかなか繋がらないという無限ループに陥ります。

たぶん、それぞれの無料スポットごとに利用者人数や利用容量の制限があり、利用者が多い場合は順番待ちになるという現象が起きているのでしょう。特に、人が集まりやすい場所(駅など)や観光客が多い場所では、まず繋がらないと考えておいた方がよいでしょう。

道に迷った時にグーグルマップでサーチ、行きたい場所には即検索、ネットを通じて現地の方とのコミュニケーションなどの使い方で、いつでもどこでもネットを繋いでおきたい方は、海外WiFiを契約しておけば快適な観光旅行が出来ることでしょう。おすすめな海外WiFiは、最も有名なWifiレンタルです。

デジカメ

スマホのカメラ機能で写真は十分撮れると思いますが、画質の高い綺麗な写真をたくさん撮影したい方は、コンパクトなデジカメを一台持参しても良いでしょう。

というのも、スマホばかり使用していると、バッテリー切れを起こした時には、何も出来なくなってしまいます。「この時、この場所」の記念は、二度とやってくることはありません。一生に一度の時と場所を写真に残しておくためには、スマホのカメラは予備とした方が無難でしょう。

電子辞書・目覚まし時計・腕時計

電子辞書、目覚まし時計、腕時計などは全て、スマホで代用できるものばかりです。電子辞書は、かさ張る場合はわざわざ持っていかなくてもよいかもしれません。旅の指さし会話帳miniを一冊持って行けば、簡単な日常会話は成り立つでしょう。

旅行用の目覚まし時計も、あれば持って行ってもよいでしょう。目覚まし時計は、腕時計にも付いている場合がありますので、腕時計で代用も出来ますね。旅行中はモノの管理が面倒臭くなると思う方は、全てスマホで代用しましょう。ただし、その場合は、スマホを紛失しない、故障させないことが大前提です。

最後に、旅行時に電子デバイスを持参する場合は、必ずそれぞれの充電器も一緒に持って行きましょう。スマホ、デジカメ、ノートPCなど、充電器を忘れてしまったら、バッテリーが切れた後は何の役にも立たなくなってしまいます。

関連記事:海外行くなら電子デバイスは日本で購入し持参がよい7つの理由

初めての台湾旅行で必要な持ち物(日用品)

実は、旅行中に必要な日用品は、全て現地で購入・調達可能なものばかりですので、特に神経質になることはありません。もし、手元に下記のような日用品があれば、かさ張らない程度に持って行きましょう。台湾にはどこへ行ってもコンビニが点在しているため、コンビニへ行けば購入できるものばかりです。

  • マスク
  • 歯磨きセット
  • シャンプー・リンス
  • タオル・ハンカチ
  • ビーチサンダル
  • 雨具(折り畳み傘)
  • 筆記具
  • 常備薬
  • 帽子・サングラス
  • 化粧品
  • ティッシュ
  • 日焼け止めクリーム
  • ガイドブック

重要な持ち物や忘れがちな持ち物は上記の通りですが、その他にも細かな持ち物などを含めて一覧表でまとめてみました。はじめての台湾旅行で必ず確認しておきたい「初めての台湾旅行で必要な持ち物リスト一覧」をPDF形式のファイルでチェック表として、まとめてみましたので、必要な方は印刷して、ご利用下さい。

関連記事: 海外旅行でおススメの街歩きバッグの種類と選び方
関連記事:台湾旅行のベストシーズンはいつ?
関連記事:台湾旅行で注意すべきコト|犯罪・事故・トラブルに巻き込まれる前に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする