台湾への7月・8月(夏休み)旅行は?|気温・気候と服装と注意点

夏季休暇中に台湾を観光旅行をする日本人の方も多くいると思いますので、夏休み中の台湾の気候や天候、服装と注意する点を現地台湾からレポートします。

台湾の夏休みは、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学を含めて全ての学校は、7月と8月の2ヶ月間となっています。日本でも、夏休みは梅雨明け頃からですね。

  • 7月と8月の台湾旅行の気温や天気はどうかな?
  • 7月と8月の台湾で注意すべきことは何かな?
  • 台湾の7月と8月の時期の紫外線はどれくらい強いのか?
  • 台湾の夏の時期に特に持っていくべきものは何かな?

このような疑問を抱いている方へ向けて、台湾在住者の視点で台湾現地の状況を踏まえて、お答えします。

台湾の7月と8月は「外に出たら暑い、中に入れば寒い」環境

台湾の夏休み期間中は、一言で言えば、「外に出たら暑い、中に入ったら寒い」です。その理由は、夏の時期には外が暑いのは当然ですが、室内や乗り物などの車内では、エアコンの冷房が強力に効いているため、Tシャツなどの夏の服装では寒く感じます。

台湾でも、台北、台中、高雄と3つの区分をすれば、台北は京都と同じような盆地となっていますので、比較的蒸し暑い地域です。

一方、高雄は台北よりも南に位置しているため、更に気温は高いのですが、海に近いためか、比較的ジメジメ感はないと言われています。

そして、私が暮らしている台中はと言うと、暑さだけを考えれば、名古屋(日本)とあまり変わらないなという印象です。

台湾の各都市の年間の平均気温と降水量

台湾の各都市の年間の平均気温

台湾の各都市の年間の降水量

台湾各地と東京の気温の比較

下表は台湾の台北、台中、高雄の各都市の7月と8月の気温と東京の気温との比較です。

 台北
7月
8月
台中
7月
8月
高雄
7月
8月
東京
7月
8月
最高気温34.3
33.8
33.0
32.6
32.4
31.9
29.2
30.8
平均気温29.6
29.2
28.6
28.3
29.2
28.7
25.0
26.4
最低気温26.3
26.1
25.2
25.1
26.4
26.1
21.8
23.0

台湾と日本(東京)の7月の気温の差は、地域により4~5度程度異なり、夏の時期は台北が最も高く5度弱高くなっています。平均気温、最高気温、最低気温、その気温も日本よりも高い気温になっています。

同じく、8月の気温を比較してみると、1~3度程度、東京よりも台湾各地の気温が高くなっています。ところが、実際に、台湾に住んで感じたことは、特に、8月に関して、体感温度は日本とほとんど変わらないように感じます。

ただし、日本よりも緯度が低いため、日中の時間が長くなります。そのため、日照時間が長くなることで、夜遅くまで暑くなります。また、日本より昼間の太陽の日差しも強くなります。

台湾の7月と8月では突発的な大雨・スコールに注意

気温の違いがさほど変わらないのとは違い、台湾と日本では、雨の降り方が少し異なります。台湾では南国特有のスコールのような突発的な天候の変化が多く、一旦雨が降り出した時には、大雨となります。

とはいっても、長時間降り続くわけではなく、おおむね1~2時間で降り止むことが多いのです。そのため、この時期に台湾を旅行する場合は、一本折り畳み傘を持参していると安心ですね。

また、日本でも夏の期間は台風の季節ですが、台湾では日本以上に台風に襲われる確率が高まります。台湾も日本と同じように、台湾島の中央部には山脈がありますので、山脈を挟んで東側は台風の影響が大きく、西側は台風の影響は軽微です。

cloud

台湾の主要都市の7月と8月の体感温度と主要都市の湿度&不快指数

下のグラフは相対湿度についての台湾主要都市(台北、台中、高雄)と東京の湿度と不快指数についての比較です。

台湾の7月と8月の主要都市の相対湿度(%)

  • 台北の相対湿度(7月/8月): 73.0% / 74.1%
  • 台中の相対湿度(7月/8月): 75.6% / 77.6%
  • 高雄の相対湿度(7月/8月): 78.7% / 80.5%

台湾の主要都市の7月と8月の相対湿度は上記の通り、冬の湿度とは一転して、台北では湿度が下がり、南部に行くほど湿度が高くなります。

台湾の7月と8月の主要都市の不快係数

※月別の平均気温と相対湿度を基準に計算した結果

一般的に、不快指数に対する日本人の体感温度の感じ方は、下記が目安になります。

不快指数体感での感覚
85以上非常に暑い
80~85汗が出て暑く感じる
75~80やや暑く感じる
70~75暑く感じない
65~70快適に感じる
60~65やや涼しく感じる
55~60肌寒く感じる
55以下非常に寒く感じる

  • 台北の不快指数(7月/8月): 81.2 / 80.8
  • 台中の不快指数(7月/8月): 80.1 / 79.9
  • 高雄の不快指数(7月/8月): 81.4 / 80.9

上記の通り、7月と8月の主要各都市の不快指数は、どの都市でもほぼ80を越えています。つまり、汗ばむほどの暑さになります。

ここでは平均気温を基準にして、不快指数を計算していますので、日中の気温は更に上がります。そのため、台湾の夏の時期は体感的にも、かなり蒸し暑く感じます。

台湾の7月と8月の服装

台湾の夏の時期は日本の真夏の時期と同じような気候ですので、Tシャツにハーフパンツで問題ないでしょう。ただし、日差しの強さと紫外線には注意が必要です。

台湾の7月と8月の紫外線

台湾の7月と8月の紫外線量を下記にまとめました。以下の紫外線のUV値は最も高くなる時間帯の紫外線を示しています。

  • 東京の紫外線量 : 8.7UV(7月) / 7.9UV(8月)
  • 台北の紫外線量 : 13UV(7月) / 12UV(8月)
  • 台中の紫外線量 : 10UV(7月) / 10UV(8月)
  • 高雄の紫外線量 : 12UV(7月) / 11UV(8月)

※東京は平均紫外線量(UVインデックス)、その他の都市は各月最大値

更に詳しい台湾の紫外線量に関する情報は、下記記事をご覧ください。

夏の時期に台湾に旅行に来られる方へ、汗対策と紫外線対策について日本とは異なることや注意点に関して、台湾現地からレポートします。 日本で...

台湾の夏の時期には傘を持参

ところが、日本と少し異なる点は直射日光に当たると皮膚に刺さるような暑さを感じます。そのため、夏の時期の日中に外を歩いている人はあまり見かけません。

もし、夏の時期に台湾旅行で外出し、外歩きが多くなる場合は、紫外線や日焼け対策が必要でしょう。場合によっては日傘をさして歩いている人もいます。

折り畳み傘をかばんの中に入れておくと、突然の天候の急変にも対応できますし、太陽の日差しが肌を刺すように強い台湾では日傘としても役立ちます。晴雨兼用の日傘がお勧めです。

台湾の夏の時期の履物はビーチサンダルが便利

この時期は突然のスコールのような土砂降りになることもありますので、履き物はビーチサンダルがあると、ちょっと外出する時には便利です。

台湾の夏の時期には帽子が必需品

一年で最も暑く日差しが強い7月と8月の時期には、帽子は必需品になります。下記記事でまとめていますので、ご覧ください。

海外旅行の必需品はたくさんありますが、その中でも忘れてはならないグッズが帽子です。特に、暑い国や暑い時期に旅行をして、外出する機会が多い場合...

台湾の7月と8月の服装(女性)

台湾の夏の時期の女性の服装の特徴をまとめましたので、下記記事をご覧ください。

台湾に移住以降、台湾の女性の服装について、特に日本の女性との違いで、気が付いたことがあったので、台湾現地からレポートします。 春夏秋冬...

(なぜか台湾女子に多いランニングショートパンツ)
(アディダス)adidas ランニングウェア RESPONSE M10 ショーツ EMG39 [レディース]

台湾旅行中に台風に襲われた時の対処法

旅行中に自然現象である台風を避ける方法は皆無のため、運を天に任せて旅行のスケジュールを組むしかありません。台湾は小さな島のようで、実際には日本と同様に縦に長い特徴があります。

また、もし旅行中に台風に襲われたとしても、北部と南部では意外にも台風の進行ルートが異なります。そのため、台風のルートにより観光地をフレキシブルに変えればよいでしょう。

例えば、台風が北部に近づいている時には、高雄や台南をはじめとした南部へ旅行のスケジュールを変更すればよいでしょう。

その逆に、もし台風が南部に近づいている時には、台北をはじめとした北部へ旅行のスケジュールを変更すれば、貴重な旅行中の時間を無駄にすることを避けられるかもしれませんね。

意外と重要な台湾の夏は寒いという実状と注意点

夏の期間が長い台湾では、暑い夏を耐え抜くために、室外は暑いですが、室内ではエアコンが効きすぎていて、非常に寒くなっています。そのため、快適に過ごすためには、カーディガンなどの薄手の上着を持参しましょう。

特に、夏の暑い時期に外出する時、私はタオル一本と着替え用のTシャツを一枚持ち歩いています。あまりにも汗をかき過ぎてしまった時には、トイレなどでコソコソと着替えたりしています(笑)。

台湾で7月が旬のフルーツをランキング形式で紹介します。個人的な好みを加味していますが、客観的に見ても台湾の夏の果物と言えば、定番ですので、7月に台湾に来られる方は参考してみてください。

関連記事:初めての台湾旅行の方へ|持ち物リストをチェック表で確認

関連記事:台湾では虫除けグッズが必要-日本のスプレーvs台湾の蚊の結果は?

関連記事:台湾の台風シーズンはいつ頃?

関連記事:シルバーウィークの台湾観光旅行がおススメな理由と気候

関連記事:台湾の10月と11月の気温と天気と服装|秋の観光旅行は?

関連記事:台北の年間の気温と気候を台湾旅行前に必ずチェック!

関連記事:台湾の海水浴場の22ヶ所のビーチスポットの開放時期と場所を全紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする