台湾の6月の服装|女子のコーデと男性の装い選びのポイント

6月に台湾を旅行する際の服装について、台湾人の服装を観察して分かったことや、特にこの時期に注意したいことを中心に、台湾現地からレポートします。

今回は服装選びのポイントを中心にご紹介しますが、台湾の6月はどれくらい暑いのか、雨の心配はあるのかないのか、台湾の各都市で天候はどう違うのか、という現地ならではの情報を基に、主に下記の内容を解説していきます。

  1. 台湾の6月の各都市の天気と雨の状況を気象データで紹介
  2. 台湾の6月の服装やコーデの注意点と具体例を紹介
  3. 台湾の6月の旅行の準備で気を付けたいことを紹介

台湾の6月の各都市の天気と雨の状況を気象統計データで紹介

台湾の6月は一言で言えば、「蒸し暑い」になります。台湾南部では4月頃から、台湾中部以北では5月頃から気温がグングン上がります。

それと同時に、雨が降る日が多くなり、降雨量も多くなります。特に、台湾では5月から6月頃は雨になる日が多くなります。下記の記事を参照ください。

台湾の梅雨の時期はいつからいつまで?

そのため、気温が高い上に、雨が降る日が多くなりますので、当然ですが体感温度は高くなり、蒸し暑く感じるはずですね。

それでは、台湾の主要各都市の気温、降水量、体感温度はどれくらいかを気象統計データで、ご紹介しましょう。

台湾の主要各都市の年間の気温

台湾の主要各都市の年間の降水量

台湾各都市と東京との6月の気象状況の比較

 台北台中高雄東京
最高気温32.031.931.625.5
平均気温27.727.628.521.4
最低気温24.624.425.918.0
降雨量(mm)325.9331.2415.3167.7
湿度(%)77.377.980.175

台湾の6月の天候の特徴

  • 6月の台湾の各都市と東京との気温差は6度~7度程度
  • 6月の台湾の各都市の降水量は東京の2倍以上
  • 6月中旬頃までは梅雨の時期にあたり降雨日が多い
  • 6月頃から台風シーズンになる(詳しくはこちら
  • 6月の台湾の天候は気温が高く湿度も高いため蒸し暑い

台湾の6月の服装やコーデの注意点と具体例を紹介

6月の台湾は日本と比べると、気温が高く蒸し暑いということが分かってもらえたかと思います。

それでは、そんな蒸し暑い台湾の6月に旅行をする場合の服装選びについて、一般的な現地の台湾人の服装を踏まえて、ご紹介します。

6月の日本ではシトシトと雨が降り、蒸し暑さも感じますが、時には気温が下がるため、肌寒く感じることも多いですね。

ところが、台湾では6月の時期に肌寒く感じることはほとんどありません。むしろ、常に汗がにじみ出ている状況です。そのため、服装選びのポイントは汗対策をどうするかという点になります。

台湾の6月の服装(女性編)

まずは、6月の台湾での現地の台湾人の服装からご紹介します。女性の場合は、最も多い服装のスタイルは、ホットパンツなどのショートパンツにTシャツかノースリーブです。

トップスに薄手のブラウスを羽織っている人もいますが、ボトムスにミニスカートを穿いている台湾女子は少ないです。ただし、ノースリーブのワンピースを着ている女性はチラホラ見かけます。

台湾の6月の服装(男性編)

男性の服装はTシャツにハーフパンツで99%くらいは問題ないでしょう。残りの1%は特別な場所に行く予定の方は、それなりのTPOを考えた服装を選ぶ必要があります。例えば、ドレスコードが決まっているクラブとか、ビジネスシーンですね。

台湾の6月の服装選びのポイント

また、できれば汗をかき易い時期ですので、洋服の素材にも気を付けた方が快適な旅行ができるでしょう。ナイロン、ポリエステル、アクリルなどの化学繊維の服は吸湿力が低いため避け、綿や麻などのサラッとした素材の服が最適です。

それと、台湾では暑い夏の時期は、常に室内という室内は全て、エアコンが効いています。冷房というより、冷蔵と表現したほうがよいくらい寒いケースもあります。

そのため、室内の冷房に対する寒さ対策として、薄手のカーディガンかパーカーを持参しましょう。これらの羽織ものは外出する時の紫外線対策や日焼け対策にもなります。

それと、日中に外出をする方は帽子も持ってきたほうがよいですよ。その理由は下記記事を参照にしてみてください。

海外旅行の必需品はたくさんありますが、その中でも忘れてはならないグッズが帽子です。特に、暑い国や暑い時期に旅行をして、外出する機会が多い場合...

台湾の6月の旅行では履き物はサンダルも必要

6月の台湾を旅行する場合に服装について、もう一つ気を付けたいことがあります。それは履き物です。旅行中はいろいろ観光スポットなどを見て回るため、足に負担が少なくなるスポーツシューズが定番だと思いがちですね。

ところが、台湾の6月の時期は雨降りの日が多くなります。そして、台湾の路地は凸凹が多く、排水もあまりよくない場所が多いのが現実です。一旦、土砂降りの雨が降り始めると、道路は水浸しになります。

当然ですが、靴を履いていては水浸しになり、翌日の観光は水浸しの靴で不快な思いをしながら、外出することになるかもしれません。雨が多い時期あるいは暑い時期には台湾ではサンダルが基本です。

注意したいことはヒールのない履き物にするということと、サンダルの底は出来れば滑り難い素材であることです。というのも、台湾の路面は凸凹が多いだけではなく、平らな路面はムダに濡れると滑りやすくなる石材路面が非常に多いからです。

台湾の6月の服装のまとめ

女性の服装

  • トップス:Tシャツ、ブラウス、カーディガンも必要
  • ボトムス:ショートパンツ、ハーフパンツ、薄手素材の麻パンツ
  • 履き物 :スポーツシューズ、サンダルも必要

男性の服装

  • トップス:Tシャツ、半袖ポロシャツ
  • ボトムス:ハーフパンツ、チノパンツ
  • 履き物 :スポーツシューズ、サンダルも必要

台湾の6月の旅行の準備で気を付けたいことを紹介

台湾の6月の旅行で必要な雨具は?

台湾ではカッパはバイクに乗る時に着る物で、歩く時には傘を使うのが一般的です。そのため、カッパを着て歩いている人はあまり見かけません。そのため、雨の日にカッパを着ていると少し目立つかもしれません。

雨の日が多い6月に台湾を旅行する場合は、折り畳み傘を持参しましょう。外出する時はバッグに入れて常に持ち歩きたいですね。晴れの日でも、突然、スコールのような土砂降りになることが多くありますから。

台湾の6月の旅行でマスクは必要?

台湾の6月は雨が多く、湿度も高いため、大気が乾燥している冬の時期ほど空気の汚れを感じないかもしれません。そのため、常にマスクが必要だということはないかもしれません。

ただし、空気の汚れに敏感な方や、気管支が弱い方はバスや電車に乗車した時に埃っぽく感じるかもしれません。

ちなみに、最近では台湾人でも、外出する時は一年中、マスクをしている人もいます。特に、バイクを乗る時はほとんどの人がマスクをしています。

台湾の6月の旅行で注意したい連休とは?

台湾では「端午節」という祝日があります。この祝日は土日に祝日を並べて三連休になることがあります。祝日の時期は旧暦(農歴)で決まるため、毎年変わりますが、おおむね6月になります。

2018年6月16日~2018年6月18日(3連休

この時期は、連休の前後の日を含めて、交通が混雑することが予測されます。つまり、高鐵(新幹線)、台鉄(鉄道)、高速バスなどは予約がないと乗れないことが多々あります。

それだけではなく、外国人向けの観光スポット以外では、お店もレストランも営業をしておらず休みとなっていることが多いです。そのため、この時期の旅行は避けたほうがよいでしょう。

台湾の6月の旅行で必要な持ち物は?

外国に行くと決まって食あたりになるという方がいますね。私も台湾に来た当初は、よく風邪を引いたり、咳が止まらなくなったり、お腹を壊したりしました。

突然、環境が変わると身体が拒絶反応を起こしている証拠ですね。台湾旅行中に最も気を付けたいことは食あたりでしょう。

食あたりになりやすい方は、出来るだけ、熱の入ったものを食べるようにして、生ものや冷たい飲み物は避けたほうが良いかもしれません。特に、6月という暑く湿度が高い時期は、食材も傷みやすい時期ですので…

もしものために、腹痛や食あたりの常備薬を持参しましょう。

さらに、台湾旅行で必要だと思われる持ち物は下記の記事を参考にしてみてください。

台湾旅行の方へ|持ち物リストをチェック表(PDF付)で確認

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする