台湾の2月の気温と天気‐気候に適した服装を旅行出発前にCHECK

日本の春休み期間中に寒い日本を離れて、比較的温かい台湾へ旅行をしようと考えてみる方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は春休みが始まる2月の台湾の気候や天気・天候および気温など、2月に台湾を旅行する場合、気を付けておきたい事を台湾現地からレポートします。

ここに注目

  • 台湾の2月の気温は何度くらいなのか?
  • 台湾では2月には雨は多いのか、少ないのか?
  • 台湾の2月の気候は暖かいのか、寒いのか?
  • 台湾の2月の服装はどんな感じなのか?
  • 2月に台湾を旅行する際に注意すべきことは?

上記のようなポイントに絞って、台湾在住の私が台湾現地の事情を交えながら、詳しく紹介します。

最初に結論を挙げてしまうと、下記の通りになります。

  1. 台湾の2月の気温は14度~25度(主要都市)
  2. 台湾北部では雨が多いが、南部は雨が少ない
  3. 台湾の気候は2月上旬が最も寒い
  4. 台湾の2月の服装は真冬の装いが必要
  5. 2月の春節の時期の台湾旅行は要注意

以下で台湾現地の状況をグラフと表を使って詳しく案内します。

springfestival

 

スポンサーリンク

台湾の2月の気温

2月台北台中高雄台南花蓮台東東京
最高気温19.622.4 24.723.821.523.610.4
平均気温16.517.320.317.618.019.55.7
最低気温14.213.916.715.115.917.41.7

※上記データは台湾の中央気象局と日本の気象庁より(過去30年間の平均データを参照)

上表は台北、台中、高雄、台南、花蓮、台東の各都市の最高気温(℃)、平均気温(℃)、最低気温(℃)を示しています。

ご覧の通り、台湾島も南北に縦長の国土の形状のため、北部の台北と南部の高雄では気温が異なります

2月の気温について、日本の東京と台湾の主要都市を比較すると、平均気温、最高気温、最低気温の違いが分かるかと思います。

台湾の2月の平均気温は16度から20度程度となっており、最高気温は20度~25度程度最低気温は14度~17度程度となっています。

それに対して、東京の2月の平均気温は6度弱、最高気温は10度強、最低気温は2度弱となっています。2月の台湾と日本の気温差は10度~15度程度あることが分かりますね。

それに、もう一つ特徴的なことは台湾三大都市で最低気温と最高気温の気温差を見てみると、最低気温が約14度で最高気温が約25度です。台北と高雄の気温差は約11度にも及びます。

短期間の台湾滞在中に北から南に縦断するような旅行をする場合は、10度以上もの気温差を経験することもあるかもしれません。やはり、それなりの服装を用意して、体調管理には注意したほうがよいでしょう。

冬の台湾で注意したいのは、一般的には、台湾ではエアコンの暖房機能を含め暖房器具がないため(電気ストーブはある)、気温が10度以下になると真冬の寒さを感じます。

2月の寒波が到来した時には山間部では雪が降り、辺り一面の降雪や雪化粧をする積雪もあります。下の画像は2018年2月上旬の寒波到来時の報道。

  1. 台湾の2月の最高気温は20度~25度
  2. 台湾の2月の平均気温は16度~20度
  3. 台湾の2月の最低気温は14度~17度
  4. 台北と高雄の南北の気温差は約11度

台湾の2月の気温の推移

台湾では2月は季節的には冬にあたり、通年では2月上旬が最も寒い時期とされています。

2月の月内でも日ごとの気温は1週間間隔で上下に変動して、暖かくなったり寒くなったり、気温差が大きくなる時期です。

そのため、台湾での2月は上旬、中旬、下旬では最高気温と最低気温を含めて考えると気温差が大きくなります。

以下では、台湾北部を代表する台北と台湾南部の高雄の2月の日ごとの気温の変動を紹介して、2月の気温の特徴を確認してみましょう。

台湾北部の2月の気温の推移

台北の2月の気温の推移

台北の2月の日ごとの気温の推移

台湾北部の上旬・中旬・下旬の気温
台北最高気温最低気温
2月上旬13.2 (+3.2)10.4 (+9.1)
2月中旬21.8 (+12.3)15.1 (+14.1)
2月下旬18.9 (+9.6)15.6 (+14.9)

上表は台北の2月の上旬、中旬、下旬の最高気温(℃)と最低気温(℃)を示しています。

台湾と日本の違いが分かりやすいように、東京の気温と比較しており、(カッコ)内は東京との気温差を示しています。

以下に、ポイントをまとめておきますので、台北などの台湾北部への旅行の際に参考にしてください。

  1. 2月上旬と下旬では6度程度の気温差がある
  2. 日中と朝晩では3度~6度ほど気温差がある
  3. 台北と東京との気温差は3度~15度程度
  4. 2月上旬の台北では東京と同程度に寒い

台湾南部の2月の気温の推移

高雄の2月の気温の推移

高雄の2月の日ごとの気温の推移

台湾南部の上旬・中旬・下旬の気温
高雄最高気温最低気温
2月上旬19.4 (+9.4)12.8 (+11.5)
2月中旬25.8 (+16.3)17.1 (+16.1)
2月下旬26.6 (+17.3)18.5 (+17.8)

上表は高雄の2月の上旬、中旬、下旬の最高気温(℃)と最低気温(℃)を示しています。

台湾と日本の違いが分かりやすいように、東京の気温と比較しており、(カッコ)内は東京との気温差を示しています。

以下に、ポイントをまとめておきますので、高雄などの台湾南部への旅行の際に参考にしてください。

  1. 2月上旬と下旬では6度~7度の気温差がある
  2. 日中と朝晩では7度~9度ほど気温差がある
  3. 高雄と東京との気温差は9度~18度程度
  4. 2月上旬の高雄ではやや寒い日がある
  5. 2月中旬・下旬の高雄は暖かく快適な日が多い

 

台湾の2月の天気

海外旅行をする際に気になるのが現地の天気の状況ですね。

特に短期旅行の場合は数日間の滞在で雨の日ばかりになってしまった場合は現地であまり楽しむことが出来ないでしょう。

そこで、以下では台湾の各地の降水量や降水日数をもとに、2月の雨の状況を詳しく紹介します。

台湾の各都市の降水量の年間推移

台湾の2月の降水量

  • 台北の2月の降水量: 170.3mm/月
  • 台中の2月の降水量: 89.8mm/月
  • 高雄の2月の降水量: 20.5mm/月
  • 台南の2月の降水量: 28.1mm/月
  • 花蓮の2月の降水量: 94.2mm/月
  • 台東の2月の降水量: 40.2mm/月
  • 東京の2月の降水量: 56.1mm/月

上記の通り、台湾の2月の降水量は台北が飛び抜けて多いことが分かります。一方、台湾南部や中部の各都市では降水量は非常に少ないことを示しています。

台湾の2月の雨の状況

  • 台北の2月の降水日数: 14.6日/月
  • 台中の2月の降水日数: 9.2日/月
  • 高雄の2月の降水日数: 3.7日/月
  • 台南の2月の降水日数: 4.7日/月
  • 花蓮の2月の降水日数: 15.7日/月
  • 台東の2月の降水日数: 9.6日/月
  • 東京の2月の降水日数: 5.5日/月

降水日数とは1mm以上の降水量があった日数で過去の平均日数を示しています。

上記の気象データから台北や花蓮などの台湾北部では雨の日が多く、2日に一日は雨が降ることが分かります。

一方、台湾南部では雨の日が非常に少なく、台湾中部でも比較的少ないことを示しています。

参考記事:台湾の春雨(春の降雨)

台湾の2月の紫外線

台湾北部の場合は雨の日が多いため、紫外線を気にする必要はないでしょう。

一方、台湾南部では天気の良い日が多いため、長時間の外出の場合は少しだけ気をつけたほうがよいでしょう。

2月は台湾でも冬にあたり、通年では日差しが弱いほうですので、最低限の対策をしておけば問題ないでしょう。

≫≫ 台湾旅行の紫外線&日焼け対策はOK?4月~10月の紫外線量に注意

台湾の2月の天気のまとめ

この時期の雨の状況に関する情報ですが、1年を通して、大雨に遭うことは少ない時期になります。台湾北部の台北であれば、降雨の確率が高くなりますが、南部に行くほど雨が降る確率は下がっていきます。

私の居住している台中でも、2月の時期には、あまり雨に悩まされたことがありません。雨が降ったとしてもスコールのような大雨ではなく、パラパラと小雨が降る時が時々ある程度です。

以下に台湾の2月の天気についてまとめておきます。

  1. 台湾北部では雨の日が多くなる。
  2. 台湾南部では雨の日が少ない
  3. 台湾中部では雨の日は比較的少ない
  4. 短期間の台湾旅行の場合は台湾南部がおすすめ

 

台湾の2月の気候

台湾の気候は、全般的に夏は期間が非常に長く暑く、冬は比較的短く温暖だというのが特徴です。

そして、台湾は小さな島のように見えて、実際には多様性をもった気候が存在しています。具体的には、台湾本島の中南部にある嘉義市付近を北回帰線が通っています。

この北回帰線を境界線にして、北側が亜熱帯気候のエリアで、南側が熱帯気候のエリアに区分されます。

ケッペンの気候区分では、下記のように区分されています。

  • 台湾北部:温暖湿潤気候
  • 台湾南部:熱帯モンスーン気候

上記以外にも、台湾中央部には玉山を最高峰とする反り立った山岳部があり、このエリアは冬には冠雪するなど特別な気候に属しています。

(引用元:台湾の気候

上記のように、台湾では大きく2つの気候区分が存在しており、2月の寒い時期には台湾北部と台湾南部で気温や気候の違いがハッキリと表れます。

台湾の平均気温の年間推移

上のグラフは台北、台中、台南、高雄、花蓮の平均気温(℃)の一年間の推移を示しています。

台湾と日本の気温の違いが分かりやすいように東京の平均気温と比較しています。

グラフをご覧の通り、年間を通して見ると、台湾の各都市の方が圧倒的に気温が高いことが分かりますね。

ところが、気候が暑い、涼しい、寒いの感覚は気温だけではなく、湿度が大いに影響していることを知ったのは台湾で暮らし始めてからでした。

以下では、体感温度に影響する湿度と不快指数で現地の気候を紹介します。

台湾の2月の湿度

上のグラフは相対湿度(%)についての台湾の主要都市(台北、台中、高雄)の一年間の推移と東京との比較を示しています。

具体的な湿度をまとめると、下記の通りです。

  • 台北の2月の湿度: 80.6%
  • 台中の2月の湿度: 76.8%
  • 高雄の2月の湿度: 73.5%

台湾の主要都市の2月の相対湿度は上記の通り、北へ行くほど相対湿度は高くなっています。台北で暮らしたことがある方であればよく分かると思いますが、台北の冬の時期は小雨が多く、湿度が高くなるため、空気がジメジメしているのが特徴です。

台湾の2月の不快指数

※月別の平均気温と相対湿度を基準に計算した結果

海外旅行の際に空港で飛行機を降りた直後に感じる何とも言えない体感温度ってありますよね。

例えば、日本から台湾や東南アジアに旅行に行って、機外に出て空港内に入った瞬間に感じるムワッとした直感的に感じる空気感です。

皮膚感覚で感じる体感温度と気温とは、必ずしも一致しないことが多いです。一般的には、空気が乾燥している場合は、あまり暑さは感じないものです。

そこで、体感温度を測る指数として「不快指数」があります。これは気温と湿度を基準にして計測され、皮膚感覚で感じる暑さや寒さの指数です。

台湾が日本(東京)と比べて、体感温度という点で、台湾がどれだけ暑いのか、あるいは暖かいのかを不快指数で見てみましょう。

一般的に、不快指数に対する日本人の体感温度の感じ方は、下記が目安になります。

不快指数体感での感覚
85以上非常に暑い
80~85汗が出て暑く感じる
75~80やや暑く感じる
70~75暑く感じない
65~70快適に感じる
60~65やや涼しく感じる
55~60肌寒く感じる
55以下非常に寒く感じる
  • 台北の2月の不快指数: 61.3
  • 台中の2月の不快指数: 62.5
  • 高雄の2月の不快指数: 67.0

上記の通り、2月の主要な各都市の不快指数は台北や台中では「やや涼しく感じる」程度で、高雄では「快適に感じる」気候となっています。

ただし、上記の結果はあくまで、月別平均ですので、寒波襲来の時期はグッと気温が下がり、かなり寒さを感じます。

 

台湾の2月の服装

日本では2月の服装と言えば、厚手のコートを手放すことができないでしょう。

台湾でも冬になると寒波が到来する時期があり寒くなるということがよくあります。

そのため、2月の台湾での服装は寒波到来時期とそうでない時期に分けて考えたほうがよいでしょう。

台湾の2月の服装は、ジャケット、ジャンパー、マウンテンパーカーなどがあれば問題ないでしょう。

とは言っても、台湾人の方は、ダウンジャケットやライトダウンジャケットを着ている方が多いです。

私は、この時期、普段は長袖Tシャツにジャケットを羽織るくらいで十分です。

ただし、寒波が襲来し山間部では雪が積もるくらい寒くなる時期は平野部でも非常に寒くなります。

寒波到来時の私の服装を具体的にご紹介しましょう。

下記のように5枚重ねの服装は、かなり重装備のように感じるかもしれませんが、台湾(台湾南部の一部のエリアは除く)で最も寒い時期はこれくらいで丁度良いです。

  • アウター: ダウンジャケット&ダウンベスト
  • インナー: ヒートテック&長袖Tシャツ&フリース
  • ボトムス: デニム&防寒用ハーフタイツ

関連記事:台湾へ冬期に旅行をする方へ 服装と持ち物と注意すべきこと

台湾の2月の服装の画像

台湾・台中の2月中旬の服装のイメージを知ってもらうために、日中に撮影しました。

下の画像のように、多くの人がダウンジャケットやダウンコートを羽織っています。

  • アウター: ダウンジャケット、ライトダウンジャケット、冬物コート
  • インナー: ベスト&長袖シャツ、セーター&カットソー
  • ボトムス: デニム、ロングパンツ、レギンス

服装や持ち物についての注意点

春雨対策

台湾北部では春雨という小雨が降り続くような季節になりますので、台北や九份などの観光スポットを巡る予定の場合は雨の日が多くなります。

雨の対策として折り畳みの雨傘を持っていくと安心でしょう。また、雨の日には足元が悪くなりますので防水性の履き物がおすすめです。

必要であれば雨合羽やポンチョなどを用意するのもいいですが、コンビニなどで使いきりタイプの雨合羽を買うこともできます。

防寒対策

上で述べた通り、寒波到来の時には日本の冬と同じくらい寒くなりますので防寒対策が必要になります。

寒さ対策として、特に台湾北部ではマフラー、ニット帽、手袋の3点セットが必要になるくらい寒くなります。

厚手のコートやダウンジャケットがあれば暖かいですが、中にセーターやフリースなどを重ね着をして体温調整をするとよいでしょう。

暖房設備

ホテルなどではエアコンなどの暖房設備が設置されていない場合がほとんどですので、スイッチをONにしても冷房か送風にしかなりません。

そのため、実は夕方以降のホテルの屋内でジッと座っていると、足元がジンジンと寒さで震え始めることもあります。

マフラーやストールなどがあると膝元に掛けるだけでも暖かく感じますよ。

冬のシャワー

冬の時期に私が最も苦労することが寒い季節のシャワーです。

台湾では高級ホテル以外のビジネスホテルようなところではバスタブがないことが多く、シャワーだけしか使えないところも多いです。

このような場合は寒い冬にお風呂につかれないため、寒い浴室でシャワーを浴びることになります。

対策として、体が冷えないように就寝時にはパジャマ代わりにもなるヒートテックやフリースなどを重ね着をするなどの対処をすればよいでしょう。

虫対策

台湾では、一年中、蚊などの刺されると痒くなる虫が発生しますので、蚊除け対策や虫刺され対策が必要です。

さすがに寒波到来時には蚊が発生することはないですが、少し暖かい日になると、夜間は屋外は寒くなり、屋内は比較的暖かいため、換気扇や排水口などから蚊が室内に入ってくることがあります。

特に台湾南部への旅行の際には注意が必要で、その際には携帯用の蚊除けスプレーや虫刺され薬も持っていくと役立つことがあるかもしれません。

 

2月の台湾旅行の注意点

春節休暇

2月に台湾を旅行する場合、最も注意しなければいけないことは春節(旧正月)です。

旧正月は、毎年、日にちが異なり、一般的には2月上旬~中旬頃になることが多く、旧正月の前日は除夕(大晦日)となり、ほとんどの会社は休みとなります。春節の連休期間は会社により異なりますが、1週間~10日間ほどです。

春節期間中は、多くのお店はお休みとなってしまいますので、どこへ行ってもシャッターが閉じてしまっています。(全てのお店が休みというわけではなく…コンビニは営業しています)

観光旅行に台湾に来ているのに、ショッピングを楽しめなかったということにならないように、旅行日程を考えた方がよいでしょう。

ただし、一部の観光地などでは、海外からの観光客をターゲットにお正月にも関わらず、営業している地域もあるでしょう。

例えば、朝食や昼食のために外食をしようとしても、どのお店も休みのため、皆考えることは同じで、マクドナルドやモスバーガーなどのファストフード店に足を運びます。

そのため、このようなファストフード店は春節のランチ難民が集中するため、激混みで、長蛇の列ということがよく起こります。

ファストフード店を諦めて、コンビニに足を運ぶと、こちらも激混みでレジに並ぶ長蛇の列、それだけではなく、商品棚がスカスカになっている光景をよく目にします。

このような長期大型連休の台湾では食事を確保するのも大変ですので、注意したほうがよいでしょう。

交通渋滞

また、台湾全土で休暇となるため、多くの方が外出します。そのため、大型連休の時期はどこへ行っても大渋滞が発生して、観光どころか、かなりの時間的なロスが予想されます。

出来れば、台湾では春節などの長期大型連休の時期は旅行は避けたほうがよいかもしれません。

2月の台湾旅行のメリット

一方、大学生の場合は2月中旬頃から1ヵ月半程度の場合が多いでしょう。特に、大学生は比較的長い春休みを利用して、海外旅行へ遊びに行く人も多いことでしょうね。

日本では2月の時期は真冬そのもので、2月下旬ころからは少しずつ寒さが緩み始める時期ですね。台湾でも、同様ですが、シベリア寒気団が南下して、上空を寒波が覆うような時期は非常に寒くなります。

このように、台湾でも2月は、まだまだ真冬の時期に当たり寒い日が多いですが、日本よりも幾分か寒さは緩いです。そのため、寒い日本を離れて、少しだけ暖かい場所で旅行を楽しむことができるのが2月の台湾旅行のメリットでしょう。

関連記事: 台湾旅行のおすすめの時期はいつ?

 

まとめ

以上、台湾の2月の気温をはじめ、現地の天気と気候について、台湾現地からレポートしました。

台湾の2月は寒く、中旬~下旬以降は徐々に暖かくなる季節だということが伝わりましたでしょうか?

最後に、台湾の2月の状況についてポイントをまとめておきますので、2月の台湾旅行の際の参考にしてください。

記事のポイント

  1. 台湾の2月の気温は14度~25度
  2. 通年では2月上旬が最も寒い時期
  3. 台湾北部と南部では気温差が大きい
  4. 台湾北部では2月いっぱいは寒い時期
  5. 台湾南部では2月中旬以降は暖かい日が多い
  6. 台湾北部では雨が多く南部では雨が少ない
  7. 春節の時期には旅行はあまり楽しめない
  8. 2月の台湾旅行は暖かい台湾南部がおすすめ

 

「台湾の2月の天気・気候・天候・気温・服装」についての質問があれば、下部コメント欄よりどうぞ。台湾の状況を踏まえて、リアルタイムで台湾現地から回答いたします。

関連記事: 台湾の3月の気温と天気‐気候に適した服装を春休み旅行出発前に確認

関連記事: 初めての台湾旅行の方へ|持ち物リストをチェック表で確認

関連記事: 海外旅行でおススメの街歩きバッグの種類と選び方のポイント

関連記事: 台湾の1月の気温と気候|お正月の台湾旅行の服装をCheck

関連記事: 台湾の4月と5月の気温と天気 GW旅行の気候に合った服装は?

関連記事: 台湾の梅雨の時期はいつからいつまで?|台湾の6月の天気と気候は?

コメント

  1. まい より:

    初めまして。
    1月30日~2月2日まで両親と台北旅行に行きます。

    両親は薄手のダウンジャケットを着ていくらしく、
    私には、コートは暑いからトレンチコートでいいんじゃない?
    と言ってきました。

    でも春秋に着るトレンチコートじゃちょっと寒いんじゃないかなぁ?
    と思っていて、ダウンジャケット持ってないし、
    少し薄手のコート(膝丈くらい)か、特に薄手じゃないけどショートジャケットのどちらかにしようか迷っています。
    因みにボトムは膝丈のスカートにタイツになります。

    私は夏にしか台湾に行ったことがなく、
    どちらが良いか教えて貰えると助かります。
    よろしくお願いします。

    • いいぞっ より:

      コメントありがとうございます。
      両親と台北旅行…いいですね。
      さて、お尋ねの件ですが、訪問地が台北ということですので、台湾の主要都市の中では冬は最も寒い都市です。
      台湾の冬の時期は1週間~10日間隔で気温が上下に変動して、時には寒波が到来して非常に寒くなります。
      また、毎年2月上旬頃は台湾では最も寒くなる時期にあたります。
      そのため、服装はできるだけ冬向けの装いが良いと思います。
      ダウンジャケットでなくても、「少し薄手のコート(膝丈くらい)か、特に薄手じゃないけどショートジャケット」のどちらでもいいかと思います。
      ただし、ジャケットやコートの中に重ね着できる服を準備しておくのがいいと思います。
      旅行中に寒波が到来すると、特に夕方以降はとても寒くなりますので、日本の2月上旬の服装そのままで旅行ができるくらいです。
      寒波到来などがない場合は、フリースだけでも十分だったりしますので、天候次第ですね。
      ご両親との台湾旅行が充実した楽しい旅行になることを願っています!

タイトルとURLをコピーしました