台湾の1月の気温|お正月の台湾旅行の服装と現地の気候をCheck

年始の休暇・冬休みの期間中に台湾へ旅行をしようとしている方も多くいるのではないでしょうか?

その際、台湾の1月の気温、冬の天気、気候、天候などが気になるところでしょうね。

はじめて冬期の台湾へ旅行をされる場合は、台湾現地の状況が全く分からないという方もいることでしょう。

ココに注目

  • 台湾の1月の気温はどれくらい?
  • 台湾の1月の時期は寒いの?暖かいの?
  • 台湾の1月の雨の状況はどう?
  • 年始の台湾旅行の服装はどうしたらいいの?
  • 台湾の1月の時期で服装以外で注意することは何?

台湾の1月の時期に旅行する方は上記のような疑問を持たれている方もいることでしょう。

そこで、以下では、台湾在住の私が台湾現地の状況を交えて、気象統計データをもとにしながら、画像を交えながら、詳しく解説します。

最初に結論を言ってしまいますと、下記の通りです。

  1. 台湾の1月の気温は13度~24度
  2. 台湾の1月の気候は寒い日とやや寒い日が交錯する
  3. 台湾の1月の降水量は少ないが…
  4. 台湾北部の1月の雨の日は多い
  5. 台湾の1月の服装は晩秋~冬の装い

以下で詳しく1月の現地の状況を紹介します。

台湾の冬はいつからいつまで?

台湾は一年中暖かいと思っている方もいるかもしれませんね。

ところが、日本と同様に、通年では台湾にも四季があり、冬の季節があるのです。

台湾在住の日本人が体感的に、冬だと感じる時期は12月、1月、2月の3ヶ月間です。

日本より少しだけ冬の時期が短いのが、台湾の冬の時期の特徴です。

実際に、台湾で冬が来たと思う時期は12月下旬以降です。

この時期になると、寒さがグッと増してくるため、冬用の上着が必要になります。

特に、12月下旬から2月頃までは寒波が到来すると、温度計が示す温度にも増して体感的にはかなり寒く感じます。

それもそのはず、11月まで暖かかった空気が一気に寒くなるため、温度差のギャップに体がついてこないため非常に寒く感じるのでしょう。

台湾の11月の気温や服装については、下記記事にまとめていますので、ご覧ください。

台湾の11月の気温、天気、気候について、現地事情を交えながら、台湾現地からレポートします。 秋の時期の台湾旅行は一年の内でも最もおすす...

台湾の1月の気温

1月台北台中高雄台南花蓮台東東京
最高気温19.122.023.922.921.123.110.6
平均気温16.116.619.317.618.019.56.3
最低気温13.912.915.714.115.416.82.5

※台湾各都市と東京の気温は過去30年間の月平均のデータです。

台湾の1月の気温は何度くらいなのか?

上表は台湾の中央気象局と日本の気象庁のデータをもとに、1月の月平均最高気温(℃)、平均気温(℃)、月平均最低気温(℃)について、台北、台中、高雄、台南、花蓮、台東および東京のそれぞれの気温をまとめてみました。

台湾の1月の気温についてまとめると、下記のようになります。

台湾の各都市の1月の気温をまとめると、概ね下記のような気温になります。

  • 最高気温: 19度~24度
  • 平均気温: 16度~19度
  • 最低気温: 13度~16度

この数字だけを見ると、日本よりかなり暖かい!と思われるかもしれませんが、最高気温も最低気温も月平均ですので、実際には日ごとの気温はバラつきがあり、上記の気温より高くなる日もあれば、低くなる日もあります。(詳しくは下で詳しく解説します。)

以下では、台湾政府(引用元:台湾交通部)の気象データをもとにした分かりやすいグラフで詳しく台湾の1月の気温を紹介します。

台湾の年間の平均気温

台湾の年間の平均気温

台湾の年間の平均気温

上のグラフは、台湾の主要都市の台北、台中、台南、高雄、花蓮の月別平均気温の一年間の推移を示しています。

台湾と日本の気温差が分かるように、東京の月別の平均気温も併せて比較しています。

年間を通して、台湾各地の気温が平均的に高いのがよく分かりますね。

1月の平均気温だけに注目すると、随分と暖かい!と思われるかもしれません。(実際には、1月頃になると平均気温とは異なり寒くなる日が多いです。)

台湾の1月の気温の推移

1月の上旬と下旬での気温の違いはどれくらいあるのか?

1月の平均気温は1ヶ月の月平均を示していますが、実は、台湾では1月は上旬と下旬では気温差がある年があります。

そこで、以下では、1月の台北と高雄の1ヶ月間の最高気温と最低気温の推移(2018年実績)を示すグラフにまとめました。

また、台湾と日本の気温の違いが分かるように、東京の最高気温と最低気温を比較手氏表示しています。

台北の1月の気温の推移

台北の1月の気温の推移グラフ
台北の1月の気温の推移

台北の1月の1ヶ月の日ごとの気温の推移

台北の1月の上旬・中旬・下旬の気温
台北最高気温最低気温
1月上旬19.2 (+9.2)15.5 (+14.2)
1月中旬20.2 (+10.7)14.4 (+13.4)
1月下旬18.2 (+8.9)14.5 (+13.8)

グラフは台北の1月の一ヶ月間の日ごとの最高気温と最低気温の推移を示しています。

日本との違いが分かるように、東京の最高気温と最低気温と比較してます。

上表の(カッコ)内は東京との気温差を示しており、冬の時期は台北の気温が高いことが分かりますね。

高雄の1月の気温の推移

高雄の1月の気温の推移グラフ
高雄の1月の気温の推移

高雄の1月の1ヶ月の日ごとの気温の推移

高雄の1月の上旬・中旬・下旬の気温
高雄最高気温最低気温
1月上旬24.1 (+14.1)17.0 (+15.7)
1月中旬23.7 (+14.2)15.2 (+14.2)
1月下旬25.3 (+16.0)17.2 (+16.5)

グラフは高雄の1月の一ヶ月間の日ごとの最高気温と最低気温の推移を示しています。

日本との違いが分かるように、東京の最高気温と最低気温と比較してます。

上表の(カッコ)内は東京との気温差を示しており、高雄の気温がかなり高いことが分かりますね。

台湾の1月の気温のまとめ

以上、台湾の1月の日ごとの気温の変動をグラフと数字で紹介しました。

台湾の1月は気温が高くなったかと思えば、急に下がったりして、気温の変動が大きいことが特徴です。以下に、台湾の1月の気温の特徴をまとめておきます。

  1. 台湾の1月では台湾と東京の気温差は10度前後
  2. 台北の1月の上旬と下旬の気温差は1度程度
  3. 高雄の1月の上旬と下旬の気温差は1度程度
  4. 1月の日中と朝晩の気温差は4度~8度程度
  5. 1月下旬の寒波到来時には10度以下になることもある
  6. 台北では気温の変動幅が大きく気温差が大きい

台湾の1月の天気

1月の台湾では天気がよいのか、悪いのか?雨が多いのか、少ないのか?

以下では、台湾の主要な都市の降水量の気象データをもとに現地の雨の状況をグラフで詳しく紹介します。

台湾の年間の降水量

台湾の主要都市の年間の降水量(mm/月)

台湾の主要都市の年間の降水量(mm/月)

上のグラフは台湾の主要都市である台北、台中、台南、高雄、花蓮の月別の降水量(mm/月)の一年間の推移を示しています。

また、台湾と日本の降水量の違いが分かりやすいように、東京の月別の降水量も併せて比較しています。

全般的に、1月の台湾各地の降水量は比較的少ないのが分かりますね。ただし、1月の降水量は台北を中心とした台湾北部と東部は他都市と比べると比較的多めです。

台湾の1月の降水量

1月台北台中高雄台南花蓮台東東京
降水量/mm83.230.316.017.362.230.552.3
降水日数14.16.63.23.73.78.74.5

台湾の1月の雨のまとめ

旅行中に天気に恵まれるかどうかは雨の状況次第ですね。

そこで、以下では1月の台湾の降水量と降水日数がを紹介します。

結論を言えば、台湾北部と台湾中部・南部では雨の降り方や降水量が異なります。

以下に、1月の台湾の雨の状況をまとめておきますので参考にしてください。

  1. 年間を通して台北での降水量は比較的少ない
  2. 台北の降雨日数は14.1日と多い→2日に一日は雨の日
  3. 高雄と台中では降水量も雨の日も非常に少ない
  4. 台湾北部では雨の日が多く、台湾中部以南では少ない

台湾の1月の湿度

海外旅行の際に空港で飛行機を降りた直後に感じる何とも言えない体感温度ってありますね。

例えば、日本から台湾や東南アジアに旅行に行って、機外に出て空港内に入った瞬間に感じるムワッとした直感的に感じる空気感です。

皮膚感覚で感じる体感温度と気温とは、必ずしも一致しないことが多いです。

一般的には、空気が乾燥している場合は、あまり暑さは感じないものです。

逆に、気温も湿度も高いと蒸し暑く不快に感じますね。

そこで、体感温度を測る指数として「不快指数」があります。

これは気温と湿度を基準にして計測され、皮膚感覚で感じる暑さや寒さの指数です。

台湾と日本(東京)の気候を比べて、体感温度でどれだけ暑く感じるのか、あるいは寒く感じるのかを不快指数で見てみましょう。

まずは、下のグラフは相対湿度についての台湾主要都市(台北、台中、高雄)と東京の比較です。

台湾の主要都市の相対湿度(%)

  • 台北の相対湿度(1月):  78.5%
  • 台中の相対湿度(1月):  74.6%
  • 高雄の相対湿度(1月):  72.7%

台湾の主要都市の1月の相対湿度は上記の通り、台湾南部よりも台湾北部の方が湿度が高くなっています。

台北で暮らしたことがある方であれば実感できますが、台北の冬の時期は気温が低いのに湿度が高く、少しジメジメしているのが特徴です。

台湾の1月の不快係数

※月別の平均気温と相対湿度を基準に計算した結果

一般的に、不快指数に対する日本人の体感温度の感じ方は、下記が目安になります。

不快指数体感での感覚
85以上非常に暑い
80~85汗が出て暑く感じる
75~80やや暑く感じる
70~75暑く感じない
65~70快適に感じる
60~65やや涼しく感じる
55~60肌寒く感じる
55以下非常に寒く感じる
  • 台北の不快指数(1月):  60.6
  • 台中の不快指数(1月):  61.3
  • 高雄の不快指数(1月):  65.4

上記の通り、1月の主要各都市の不快指数は、台北や台中ではやや涼しく感じる程度で、高雄では快適な気候となっています。

ただし、上記の結果はあくまで、月別平均ですので、寒波襲来の時期はグッと気温が下がり、かなり寒さを感じることも多いです。

台湾の1月の気候

台湾の1月の気候はどのような特徴があるのか?

以上の気象情報をもとにしながら、台湾現地の状況をレポートします。

台湾南部の高雄は冬の時期でも、比較的温暖に過ごすことが出来そうです。

実際に高雄在住の方の話では、冬でも寒く感じることは少ないとのことでした。

寒波到来

参考までに寒波到来時の1月の最低気温の情報をまとめましたので確認してみて下さい。

1月に寒波が到来して最低気温を記録する時期は、1月下旬頃が最も多くなりますので、この時期に旅行をされる方は要注意。

高雄を除く主要都市では、ほぼ毎年、10度を下回る気温になっていることが分かりますね。

 台北台中台南高雄
2014年10.3℃7.2℃9.1℃11.1℃
2015年10.3℃8.2℃10.6℃14.1℃
2016年7.0℃4.4℃5.7℃7.0℃
2017年12.2℃11.6℃13.1℃14.7℃
2018年8.6℃6.1℃7.6℃10.4℃

寒波到来日

  • 2015年11月26日
  • 2016年12月15日
  • 2017年12月5日
  • 2018年12月27日

上記は台湾に到来した寒波が始めて観測された日になります。

防寒対策

台湾で生活する私の肌感覚で1月の気候を述べれば、一般的に暖房機器がほとんどない(私の自宅には小型電気ストーブのみ)生活ですが、冬の時期の朝夕はとても肌寒く感じます

旅行で台湾を訪れる方がホテルに宿泊するのとは少し異なりますが、台湾の冬の時期は寒くて震え上がるようなことは滅多にありません。

ところが、先述したように寒波が上空を張って、日本の平野部でも雪が積もるような時には、台湾でも一時的に非常に寒くて震え上がるようなことがしばしばあります。

このような時期には、ストーブやコタツなどない台湾では、家屋の中でもマフラーや手袋をして、寒さを凌ぐということがあります。

多くのホテルが暖房用エアコンなど皆無の台湾では、寒波が来た時に備え、冬の時期の台湾旅行は、もしものために厚手の服を一着とマフラーも持参したほうがよいでしょう。

雨の状況

台湾の冬の時期の降雨量については、冬の時期はほとんど雨は降りません。たまに、パラパラと小雨が降る程度です。

ただし、台北をメインに観光する場合は、小雨ですが降雨日数は2日に一日は雨の日になります。

詳しくは「台北の年間の天気(気温・降水量・湿度)台湾旅行前に必ずチェック!」をご覧ください。

台湾北部の九份を観光する予定の方は、雨が降ることを前提に準備をしたほうがよいでしょう。(≫≫ 九份の気温や天気

大気の乾燥

台湾の冬の時期は雨が降ることが少ないため、日本と同じように、空気が非常に乾燥しています。そのため、お肌の乾燥対策は必要でしょう。

例えば、スキンクリームやリップクリームなどの肌の乾燥を防いだり、唇の乾燥や唇が割れてしまうのを防ぐ乾燥対策も忘れずに。

特に、冬の時期には、多くの方が排気ガス対策と風邪予防のためにマスクを着用しています。

関連≫≫ 台湾での雨季と乾季はいつ?台湾の四季と気候をご紹介

台湾の1月の服装

台湾の冬の気温は、日本の冬の気温と比べると、比較的温暖だということがイメージできましたか。

ところが、数字だけを見ると、冬休みの時期には長袖シャツとカーディガン1枚あれば問題ないと思われた方もいるかもしれませんが、そうでもないのが台湾の冬の時期の特徴です。

天気が良く日中、陽が差していれば、長袖シャツと薄手の上着があれば十分でしょう。ところが、寒波が襲来した時にはマフラーや手袋までも必要になる時が度々あるのです。

最近では、この時期、台湾現地では多くの台湾人は寒波に関係なくダウンジャケットを羽織っています

日本人の感覚からすれば、それ程寒くは感じないのに、むしろ歩いていると、ポカポカと体が温かくなってくるため、ダウンジャケットを着ているとジンワリと汗が出てきます。

台湾の1月の年始の時期の服装はどのような装いがよいのか?

現地台湾の事情を交えて、具体的に見ていきましょう。

台湾の1月の服装の一例

  • アウター: ダウンジャケットライトダウンジャケット、冬物コート
  • インナー: ベスト&長袖シャツ、セーター&カットソー
  • ボトムス: デニム、ロングパンツ、レギンス
  • その他 :マフラー、ニット帽、手袋

台湾の1月の服装(私の場合)

それでは、冬の時期には台中で私はどのような服装をしているのか?

寒波もない通常の時期は、Tシャツの上に長袖シャツを着て、その上にジャケットを1枚羽織る程度です。(日本では11月頃の軽装)

それだけでも、若干汗かきの私は歩いていると汗がにじみ出てきますので、上着を直ぐに脱ぎます。

私のように汗かきの方は、着たり脱いだりが簡単なジャケットが便利です。

セーターなどを着ていると直ぐに着たり脱いだり出来ないため、体温の温度調整が出来なくて不便ですね。

寒波が襲ってきた時には、私は下のような体温調整がしやすいダウンベストを羽織っています。

冬の時期の台湾人のちょっと面白い驚きの光景は、下記の記事をご覧ください。

真冬と言えば、日本では12月下旬から2月末くらいまででしょうか? 台湾でも一年の内で最も気温が低い時期は同じ時期になります。台湾は冬の時期で...

台湾女子がよく着ているアウター(ダウンジャケット)
praise(プレイズ)【 超軽量 】ダウンジャケット レディース ウルトラライト ダウン コート 軽量 防風 防寒 ライトダウン S ピンク

台湾の1月の旅行での注意点

最後に、冬の台湾を旅行する時の注意点をいくつかご紹介します。

折り畳み傘は必要?

私の経験上、台湾の冬の時期に大雨が降るようなことを経験したことがありませんが、ごく稀にパラパラと小雨が降ることがあるかもしれません。

そのため、折りたたみ傘が必要になることがあるかもしれません。

荷物になるため、必ずしも日本から持ってくる必要があるとは思いませんが、心配な方は軽くて持ち運びに便利な折りたたみ傘を持って来れば安心でしょう。

例え持って来なかったとしても、コンビニに行けば、一時しのぎの傘はどこでも購入できますので、わざわざ日本から持って来なくても大丈夫です。

マスクは必需品

また、冬の台湾は空気が乾燥するため、外出する時、MRTやバスに乗車する時、ホテルなどで寝る時には、マスクがあると非常に便利です。

只でさえ、大都市圏ではバスやバイクの排気ガスで空気が汚れていますので、冬の時期には空気が乾燥していることもありウイルスなどで体調を崩しやすいです。

その際は、マスクがあると病気感染の予防にも使えます。

台湾のPM2.5の現地事情対策・予防策と注意点について詳しく解説します。台湾では空気品質指標(AQI)という空気の品質状況を毎日公表しており、特に11月~2月頃まではPM2.5などにより空気の質が酷くなる時期です。台湾旅行前に是非ご覧ください。

暖房設備がないため防寒具も忘れずに

その他にも、寒波が来た時の対策として、あるいは寒がりの方はマフラーや手袋もあれば安心でしょう。

特に、暖房施設がないホテルなどに宿泊した時には、マフラーが威力を発揮するかもしれませんね。

台湾の冬の時期の気候や天候に合った、旅行しやすい服装で、病気などにも気を付ければ、快適な台湾の旅行が出来ることでしょう。

冬でも冷房エアコンがON

台湾では乗り物や室内では湿度管理や湿気対策のため、一年中、冷房エアコンがONになっていることがよくあります。

そのため、外にいるよりも乗り物の中や室内にいる方が寒いということもあります。そのため、ダウンジャケットのような厚手の上着が必須です。

更に詳しい情報は下記記事をご覧ください。

冬の時期に台湾に旅行をする場合、日本人が注意したいことを台湾在住の日本人の経験を基に、台湾現地からレポートします。 台湾では11月も中...

まとめ

以上、台湾の1月の気温と服装について、気象データをもとに現地の状況を交えながら詳しく紹介しました。

最後に、もう一つお正月旅行で気になることを付け加えておきますね。

また、日本では年始の冬休み期間中は、お正月とイベントが目白押しですが、台湾ではこの期間は特にイベント的なものはありません。

敢えて言えば、年末のカウントダウンイベントがあり、1月1日は台湾でも祝日ですが、「中華民国開国記念日」となっています。

台湾を含めた中華文化圏では、旧暦の1月1日が旧正月(春節)となっており、年間を通じて最も大きな休暇になります。

そのため、年始を台湾で過ごすことにイベント的なことを期待すると、残念な結果になるかと思いますので注意しましょう。

この記事のPoint

  • 台湾の1月の気温は13度~24度程度と比較的温暖
  • 台湾の1月の服装は東京の初冬のイメージでOK
  • ダウンジャケットやライトダウンなどの上着は必需品
  • 台湾の冬の時期は寒波が襲来すると非常に寒く感じます
  • その理由はホテルに暖房器具が設置されていないから
  • そのため、防寒具(マフラー、ニット帽、手袋)も忘れずに

「台湾の1月の天気・気候・天候・気温・服装」についての質問があれば、下部コメント欄よりどうぞ。台湾の状況を踏まえて、リアルタイムで台湾現地から回答いたします。

関連記事: 台湾の2月の気温と天気‐気候に適した服装を旅行出発前にCHECK

関連記事: 台湾の3月の気温と天気‐気候に適した服装を春休み旅行出発前に確認

関連記事: 初めての台湾旅行の方へ|持ち物リストをチェック表で確認

関連記事: 海外旅行でおススメの街歩きバッグの種類と選び方のポイント

関連記事: 台湾旅行のベストシーズンはいつ? 各季節の特徴などを紹介

台湾旅行前に必読>>>台湾旅行を100倍楽しくする記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 畑野真司 より:

    12月に台湾へ行きます。昨年の8月の暑い時期に言って以来、今回で2回目になります。
    気候の事は凄く気になっていましたので、大変参考になりました。
    荷物の準備に役立ちました。
    ありがとうございました。

    • いいぞっ より:

      コメントありがとうございます。
      12月の台湾の気候は上旬と下旬でかなり異なります。
      特に、12月下旬頃から寒さが強まるのは日本も台湾も同じです。
      良い台湾旅行になるといいですね。