家族で台湾へ海外移住

日本人夫と台湾人妻が子供と一緒に家族で台湾へ海外移住をして台湾の現地情報をレポート

*

台湾の梅雨の時期はいつからいつまで?|台湾の6月の天気と気候は?

      2017/06/21


【案内】海外旅行前に準備!ポイントがザクザク貯まる!お得な厳選カード

台湾の梅雨の時期についてのレポートです。梅雨という言葉は、一説には、梅の熟す時期という意味から使われ始めたとも言われています。1年で最も降雨の日が続く時期ですが、日本と同様に台湾でも梅雨の時期はあります。

一般的に、日本では地方により異なりますが、6月上旬頃が梅雨入りの時期で7月下旬にかけて梅雨明けすることが多いですね。それでは台湾の梅雨入りと梅雨明けの時期は、どうでしょうか?まず、私の在住している台中の今年の例を挙げてご紹介してみます。

 

台湾では5月下旬頃から始まる梅雨

一般的には、台湾では梅雨の時期は5月中旬頃から6月中旬頃までとされています。ところが、日本とは若干異なり、台湾では年によって、エリアによっては降雨の日がまちまちで、梅雨入りと梅雨明けの時期がハッキリしていないようです。

2015年は、台中では5月20日から梅雨入りし、その後1週間経過していますが、毎日雨が降り続いています。気温は、雨が降っている時は25度前後で、気温はそれ程高くなく、体感温度も暑くは感じません。ところが、時折、雨が止み陽が差したりすると一気に30度程度まで上がり、非常に蒸し暑く感じます。

この1週間で陽が差した日は、数えるくらいしかありません。そのため、なぜか太陽の光を見て身体に浴びると、少しほっとした気分になります。早朝に目が覚めて雨がシトシトと降っているのと、早朝に目が覚めて窓から太陽の光が差しているのとでは、精神的な重さと心に圧し掛かるストレスが雲泥の差です。

年によっては、梅雨入りする前までは、水不足が各方面で問題となることがあります。そのような年では、梅雨時の降雨で河川の水かさも増し、水不足が解消することもしばしばです。それにしても、台湾の梅雨の時期は、年により連日のように雨が降り続くこともあれば、雨が降ったり止んだり繰り返す年もあります。

 

台湾の梅雨の時期も湿度は高く不快指数は高い

とうとう、私たちが暮らしている部屋の中は、ジメジメ感がマックスを超えて、不快指数が跳ね上がり、かび臭い臭いさえもするようになってしまいました。そのため、昨日から除湿機を使い、部屋の中を乾燥させなければいけなくなりました。

このように、就寝前の数時間の間だけでも乾燥させることで、その後の睡眠がかなり快適になります。一度寝てしまえば、就寝中の不快指数もあまり感じないのですが、夜中に目が覚めてしまうと、また不快な思いをしなければいけなくなります。目が覚めないように、就寝前のトイレは欠かせませんね。

庭の樹木の切り株などを観察してみると、菌を埋め込むような作業をしていないのですが、自然と美味しそうなキノコが生え始めました。(食べられるかどうかは分かりませんが)太陽の光が差し込まず、そこそこ高温で湿度が高いなどの環境が揃うと、このようなことが起こるのでしょう。

最近は、桃の出荷の最盛期で、またライチなども市場に出始めましたが、梅雨明けと同時期には、このような台湾の美味しい果物が廉価で市場で手に入りそうです。
台湾特有の果物|台湾で出会った美味しく珍しいフルーツ

 

6月の台湾三大都市と東京の気温・降水量・湿度をデータで比較検証

rainyseason

台北、台中、高雄の3大都市のこの時期の天候を調べてみました。日本の通の時期との比較をするためにも、東京の気温(平均気温、最高気温、最低気温)と降水量および湿度についてもデータをとってみました。

 台北台中高雄東京
最高気温32.031.931.625.5
平均気温27.727.628.521.4
最低気温24.624.425.918.0
降雨量(mm)325.9331.2415.3167.7
湿度(%)77.377.980.175

台湾三大都市と東京を比べると、気温は概ね7度から8度程度、台湾の方が高くなっています。そして、降水量も台湾の方が若干高くなっており、その中でも高雄の降水量が最も多くなっています。実は、この時期から台湾では台風の時期の始まりでもあります。
台湾の台風シーズンはいつ?

これは、日本の梅雨の時期には毎日シトシトと止めどなく降り続くイメージですが、台湾の場合は時としてスコールのように大雨になったと思ったら、陽が差して気温が高くなるという変化に富んだ天候が多くなります。そのため、湿度も若干、東京よりも台湾の方が高くなっています。

 

6月に台湾旅行をする際は雨と湿度と暑さを覚悟しよう

どの都市も同じ時期に梅雨入りしているため、この時期に台湾に観光旅行へ来られる方は、あまり快適に旅を楽しめないかもしれません。常に傘を差しながら夜市を歩き、足元がぐちゃぐちゃの道をズボンを捲り上げて歩いても、疲れるだけで楽しむことは出来そうにありませんからね。

台湾(特に台中)では遅くても6月中旬頃には梅雨明けになります。その頃には美味しい台湾の果物が果物屋に並べられているでしょう。どうせ台湾を旅行するのであれば、果物が美味しく、雨の心配がなく、傘の必要がない時期に旅をしたほうがよいでしょう。
台湾旅行のご予定の方は下記より格安ホテルをご予約されることをおススメします。
100万軒以上の豊富なラインアップ。最大75%オフでホテル予約!

《追加情報》
2016年の5月中旬での台湾の天気ですが、先週ぐらいから雨が降ることが多くなり始めました。と言っても、毎日シトシトと降り続くような天気ではなく、一時的に2~3時間の間、土砂降りになる日がある程度です。台中では、梅雨入りしたかと言うと、そうでもないのですが、最近は曇りの日が多く、体感的な湿度が高く感じます。

2016年の6月の台湾の天気について、毎年、梅雨明けの時期になります。日本ほど、梅雨入り梅雨明けがハッキリしない台湾ですが、台中の場合は、6月中旬頃までは、朝から大雨が降っていたり、夕方から天気が崩れ、突然大雨になることがありましたが、6月中旬以降は、曇り空になることがあり湿度が高い日が続くものの、雨はほとんど降っていません。たぶん、このまま梅雨明けになるのだろうと思います。

2017年6月初旬は、史上稀に見るような集中豪雨により、地域によっては停班停課になりました。バケツをひっくり返したような大雨のため、各地で水災が発生しました。

2017年の梅雨の時期は、長く大雨が続きましたが、6月19日に雨が止み、夏の暑さが戻ってきて、梅雨が明けたようです。

関連記事:初めての台湾旅行の方へ|持ち物リストをチェック表で確認
関連記事:台湾旅行をする方へ|汗対策と日焼け&紫外線対策はお済みですか?
関連記事:台湾への7月・8月(夏休み)旅行は?|天気・気候と服装と注意点
関連記事:台湾のGW時期(4月・5月)の天気・気候と服装・旅行必需品

 - 旅行観光

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

  関連記事

台湾のハチミツは龍眼とライチとナツメ|お土産にも最適

【案内】海外旅行前に準備!ポイントがザクザク貯まる!お得な厳選カード台湾のハチミ …

no image
2005年に台湾国内を観光した時の回想録|台北・太魯閣・花蓮・高雄

台湾・淡水への国内観光日帰りバス旅行

no image
台湾・台中から日帰り旅行できる観光スポットのまとめ

台中市白冷圳建設をした「水利の父」磯田謙雄技師を訪ねて

no image
台湾⇔日本の航空券(購読者様からの質問に答える企画3)

台湾高鉄周遊券で時短と快適な旅を! 高鉄+台鉄ジョイントパスもあるよ

【案内】海外旅行前に準備!ポイントがザクザク貯まる!お得な厳選カード台湾旅行をす …

冬休み(12月・1月)中の台湾の気候・天気|旅行時の服装などの注意点

【案内】海外旅行前に準備!ポイントがザクザク貯まる!お得な厳選カード日本の冬休み …

no image
台湾の基礎知識|初めての台湾旅行前に確認しておきたいこと

【案内】海外旅行前に準備!ポイントがザクザク貯まる!お得な厳選カード台湾に初めて …

飛行機の非常口座席を指定する為の条件と選ばれる人の属性とは?

【案内】海外旅行前に準備!ポイントがザクザク貯まる!お得な厳選カード海外に住んで …