台湾のランタンフェスティバルを2月の台湾旅行で満喫しませんか?

一年のイベントとして恒例となった台湾のランタンフェスティバルを紹介します。

台湾旅行をするのであれば、台湾でしか味わえないイベントに参加してみるのも面白いですよ。

毎年、旧暦の1月15日から開催されるのが恒例となった台湾のランタンフェスティバルをご存知ですか?

2月に台湾旅行をするのであれば、ランタンフェスティバルに参加すれば旅行の思い出作りになりますよ。

以下では、中南部の観光と合わせて、ぜひ訪れてみたい台湾のランタンフェスティバルをご紹介します。

 

スポンサーリンク

ランタンフェスティバルとは?

ランタンフェスティバルはどのような感じのお祭りなのでしょうか?

ランタンフェスティバルの会場では暗闇に光る無数の美しい光が芸術的なランタンで彩られます。

夜になり、遠くから眺めてみると幻想的に彩られるランタンに目が奪われます。

交通部観光局によると、ランタンフェスティバルは下記のような

台湾旅行のイメージを世界に広くアピールするため、また、より多くの外国人旅行者に台湾旅行に興味をもってもらうため、さらに観光による外貨収入をアップさせるため、「民俗文化の根、伝統と国際化」といった理念に基づいて台湾ランタンフェスティバルを開催しています。

 

1990年から開催されるようになった、台湾の元宵節の恒例のお祭りが「台湾燈會(ランタンフェスティバル」です。

ランタンフェスティバルは、30年足らずの歴史しかありませんが、もうすでに台湾の伝統イベントとして恒例の行事となっています。

台湾交通部が主体となって開催されるランタンフェスティバルは、選定された都市で開催され、台北・高雄・桃園などの主要な都市では自治体がが主催して開催しています。

 

元宵節って何?

元宵節(げんしょうせつ)は、正月の望の日(満月の日、旧暦一月十五日。日本でいうところの小正月にあたる)を祝う中華圏での習慣である。

(引用元:ウィキペディア)

つまり、元宵節とは旧暦の小正月で満月になる時期のことですね。

ついでに、元宵節の今年以降の時期を調べてみました。

これで、来年以降に開催される時期も分かりますね。

2019年は2月19日(火)
2020年2月8日(土)
2021年2月26日(金)
2022年2月15日(火)
2023年1月5日(日)

 

ランタンフェスティバルの開催場所と期間

開催場所

2018年の開催場所は台湾中南部の都市の嘉義県でした。

メインのランタンは子供と台湾犬のランタンでした。

それでは、2019年の開催場所はどこなのか?

2019年の開催場所:屏東県東港鎮大鵬里大潭路169号

開催場所は高雄市から更に少し南の都市です。

東港は漁港で有名な都市としても知られております。

特に、台湾のカラスミの特産地としても有名です。

もし、東港へ行くのであれば、特産品のからすみをお土産にどうぞ!

≫≫ 【からすみ】の台湾の食べ方と調理法‐カラスミはいつ食べる物?

開催時期

2019年のランタンフェスティバルはいつからいつまで?

2019年のランタンフェスティバルは元宵節となる2月19日より3月3日まで開催される予定です。

今年の2019年はランタンフェスティバルが始まり30周年目の記念の年となります。

もしどうしてもランタンフェスティバルに参加したい場合は、格安ツアーに参加されるのが最も効率的でリーズナブルでしょう。

屏東県は個人旅行で行くには少しだけ不便な場所になりますので、パッケージツアーに参加するのがお手軽でしょう。旅行費用は2泊3日で5万円~6万円程度ですね。

 

台北市内の燈會

メイン開催場所以外で開催される台北市内のランタンフェスティバルもご紹介します。

台北旅行のついでにランタンフェスティバルに気軽に参加するのであれば、台北市内の燈會がおすすめですね。

メイン会場の選定地ではなくても、MRTや台鐵の主要な駅の駅前広場などでランタンフェスティバルの雰囲気を十分楽しむことが出来ますよ。

例えば、MRT松山駅の駅前広場では、常設の提灯だけではなく、元宵節の期間限定で光のトンネルが設置される予定です。

駅の出口から出た先には慈祐宮がライトアップされており、夜の撮影スポットとしてはとても明るく撮影しやすいです。

インスタ映えする絵になりますので、是非、インスタグラマーの方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

慈祐宮では境内でランタンが飾られ、テレビ番組の台湾特集で話題となったこともあるATMでの賽銭も境内ですることができますよ。

慈祐徳宮を参拝したら、近くにある饒河街観光夜市で楽しむことができますよ。

せっかくだから、台湾のグルメを夜市の屋台で楽しんで食べ歩きもしてみましょう。

夜の松山だけで台湾のランタンフェスティバルとグルメを存分に楽しめる、充実した観光スポットです。

松山駅から夜市までの観光コースはこのエリアを観光するのであれば、おすすめのコースです。

2月の台北旅行の際には、是非、駅前のミニランタンフェスティバルで時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

以上、台湾のランタンフェスティバルについて簡潔に紹介しました。

2月の台湾旅行の際には、もし時間があれば、高雄まで足を伸ばしてみて、余裕があればランタンフェスティバルのメイン会場へ行ってみてはいかがでしょうか?

また、そこまで時間がない方は台北市内でも駅前広場などで十分楽しむことが出来ますのでインスタ映えする写真を撮影してみてください。

最後に、ランタンフェスティバルについてのポイントをまとめておきますので参考にしてみてください。

ポイント

  1. 台湾のランタンフェスティバルは元宵節から開催されるお祭り
  2. 2019年のランタンフェスティバルの期間:2月19日~3月3日
  3. 2019年の開催場所:屏東県東港鎮大鵬里大潭路169号
  4. 台北市内の主要な駅前でもミニフェスティバルが開催予定

この記事がみなさんの台湾旅行の計画の一助となり、2月の台湾旅行が楽しく充実したものになることを願っています!

2月の気温や服装については下記記事をご覧ください。

台湾の2月の気温と天気‐気候に適した服装を旅行出発前にCHECK
台湾の2月気温と降水量の気象統計データと現地状況をもとに、気候に適した服装を台湾現地から画像と併せて紹介します。2月に台湾旅行を予定している方は出発前に現地の天気、気温、服装などをご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました