台湾の華南銀行のATMで現金の出金‐手数料とキャッシングのやり方

台湾の華南銀行のATMでキャッシングをしてみました。

台湾旅行や台湾滞在の際には現金を日本から持っていき、現地の銀行で日本円を台湾ドルに両替する方も多くいるでしょう。

一方、台湾をはじめとした海外では現金を持っていかなくても、クレジットカード一枚あれば、海外のATMで手軽に簡単に海外キャッシングができます。

結論を先に言ってしまいますと、現金両替よりも海外キャッシングの方が為替レートがよいため、現地通貨の調達にはおすすめです。

台湾の現地通貨については、下記記事を読んでおくと、イメージがつかめると思います。

関連記事:台湾の通貨の種類(紙幣&硬貨)台湾元とニュー台湾ドルの違いは!?

ここに注目

  1. 台湾での華南銀行ATMでの海外キャッシングのやり方は?
  2. クレジットカードで海外キャッシングをした場合の手数料は?
  3. 現金両替と海外キャッシングの手数料の違いはいくら?

以下の記事をご覧頂くと、上記のポイントについて、より深く理解が深まります。

実際に、華南銀行でのATMの操作の流れから手数料までを画像を交えながら、詳しく紹介します。

華南銀行AMTでのキャッシングのやり方

華南銀行のATMを利用して、クレジットカードの海外キャッシングをする方法を実際の画像を交えながら詳しく紹介します。

まず、簡単にクレジットカードを使って海外キャッシングをする方法のステップを挙げると、下記のようになります。

  1. 国際クレジットカードを用意する
  2. 銀行のATMを探す
  3. ATMでキャッシングの操作をする
  4. 現地通貨の現金を受け取る
  5. キャッシングの返済をする

上記のキャッシングの流れの内、ポイントを絞って重要な点を解説していきます。

クレジットカードの用意

今ではどのクレジットカードも国際ブランドと提携していると思います。

具体的には、マスターカード(Master Card)やVISAのようなマークが付いているのが国際クレジットカードになります。

そして、もう一つ重要なことはクレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。

クレジットカードの申し込み時にそれぞれの利用枠を設定するのが一般的ですが、キャッシング枠は設定しない人もいるかもしれません。

その場合は、事前にキャッシング枠の申請をしておかないと、海外でのキャッシング時にエラーが出たりして利用できないことになります。

また、ショッピング枠の金額を限度額まで使い切ってしまっている場合は、現地でキャッシングが出来ませんので注意!

銀行ATMを探す

旅行などで現地到着時には空港には台湾銀行や兆豊国際銀行などのATMがあります。

また、その他の場所でも街中には銀行が至るところにありますので、どの銀行でもOKでしょう。

台湾で最も身近なATMとして、コンビニの店内には必ずATMが設置されていますので利用しやすいでしょう。

それぞれの銀行のAMTによって操作方法が若干異なりますが、台湾では英語表記や英語での案内の選択が出来るようになっています。

ATMキャッシングの操作

ATMでの操作の流れを簡単にまとめると、下記のようになります。

  1. クレジットカードをATMに挿入する
  2. 暗証番号を入力する
  3. CREDITを選択する
  4. キャッシングする金額を指定する
  5. 100元紙幣の有無を選択する
  6. ENDを選択する

以下では、上記の操作の流れを画像で解説します。

クレジットカードをATMに挿入する

暗証番号を入力する

CREDITを選択する

キャッシングする金額を指定する

100元紙幣の有無を選択する

ENDを選択する

現地通貨の受け取り

レシートをプリント→受け取る

クレジットカードでの海外キャッシングの手数料

(上の画像はセディナOMC Plusのキャッシングの入金受付サービス・ペイジーの画面)

華南銀行のATMを利用したクレジットカードでの海外キャッシングの手数料はいくらだったのでしょうか?

ズバリ言ってしまえば、クレジットカード会社に支払った手数料は、3日間分の利息にあたる109円のみでした。なんと、日本の国内のATM利用手数料よりも安いですね。

ATMを利用した場合の海外キャッシングの際には、データ伝送の都合で最低でも3日間は待つ必要があるそうです。今回の利用の場合は、データ伝統の流れは下記のようになります。

  1. 華南銀行(ATM)
  2. Master Card
  3. セディナカード

実際に、セディナカードのOMC Plusというインターネットサービスのサイト上に利用データが表示されたのは利用日の翌日から3日後、つまり利用日を含めると4日後でした。

そのため、どうしても3日間分の利息は支払わざるを得ないことになっているようです。(そうでなければ、セディナカードの儲けがなくなってしまいますね。)

海外キャッシングはカード会社に借金をしている状態ですので、キャッシング日の翌日から年利18.0%(私の場合)で利息が日割りで掛かります。

そのため、出来るだけ早く、キャッシングで借りたお金を早期返済すれば、とても効率的に海外で現地通貨を調達できます。

このように、形式的には、セディナカードを利用して海外キャッシングをした場合には日割り計算の利息のみの負担で、ATM利用手数料は掛かりませんでした。

海外キャッシングと現金両替ではどっちが有利?

それでは、クレジットカードを利用したATM海外キャッシングでの現地通貨の場合と現地の銀行などで日本円を台湾ドルへの現金両替ではどちらがお得なのでしょうか?

海外キャッシングと現金両替でどっちが有利なのかは為替レートによって決まります。

結論を言ってしまえば、海外キャッシングの方が絶対にお得になります。

実際に私が利用した海外キャッシングのケースで返済実績と利用日の為替レートの比較で検証してみましょう。

  • 利用日の為替レート(Yahoo):3.69円/元
  • 海外キャッシングのレート:3.6967円/元
  • 台湾銀行の為替レート(現金):3.818円/元

20,000元の台湾ドルの調達で、クレジットカードの海外キャッシングと現地銀行での現金両替を比較すると、海外キャッシングの方が2,426円(=20,000台湾ドル×(3.818円-3.6967円))ほど為替レートが良いことが分かります。

もう一つ付け加えると、現金両替の場合は銀行によって一回につき数十元~100元程度の手数料の負担が掛かる場合があります。

それに対して、3日後に早期返済した場合、海外キャッシングでは3日間分の利息100円程度のみの負担ですみます。

どちらがお得か分かりますね。為替レートも手数料(利息)もクレジットカードを利用した海外キャッシングの方が絶対にお得なのです。

まとめ

最後に、台湾の華南銀行のATMを利用して海外キャッシングしたことのポイントをまとめておきます。

  1. 【結論】クレジットカードの海外キャッシング→早期返済が最適
  2. 【理由】海外キャッシングの方が現金両替より為替レートが有利
  3. 【理由】海外キャッシングの方が現金両替より手数料(利息)が少なく済む
  4. 【結果】華南銀行のATMは簡単に利用できる
  5. 【提案】海外旅行ではキャッシング枠のあるクレジットカードを用意しよう

永年年会費無料で旅行保険付帯のカード>>>最短即日発行

【関連記事】

台湾で海外キャッシングはファミマの【台新銀行】のAMTが超簡単!

国泰世華銀行のATMで海外キャッシング‐手数料とお得な返済方法

台湾旅行前に必読>>>台湾旅行を100倍楽しくする記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tomo より:

    比較シリーズですが、
    この前、台北で働くか、東京で働くか、
    どちらが、得か
    ?て、台湾人女性が動画に投稿して、
    興味深く見ました

    前提条件は、平均給与をもらい、
    家賃を払い、服を3枚買い、残るお金が、
    どちらが多いか?でした

    やはり、東京の方が良かったですね
    多くの台湾人は、日本は、給与が高いけど、
    物価も高いので、お金が残らないと思っているようです、

    • いいぞっ より:

      コメントありがとうございます。
      東京と台北の違い&比較で少しだけ触れましたが、平均年収がかなり違いますので、そうなりますね。
      家賃や生活費は節約すれば、何とでもなりそうな気もします。
      意外にも盲点なのは為替の変動だと思います。
      物価は10%も変動することはなくても、為替は10%くらいは簡単に変動しますからね。