台湾の春節休みと学校の冬休み前後のスケジュールを解説します

台湾の春節(旧正月)と各学校の春節に伴う学校の春節休みについて台湾現地からレポートします。

台湾を含めた中華文化圏では旧暦(農暦)でお正月の時期が決まりますので、毎年、春節の時期は異なります。

そのため、春節に伴う学校の休みの時期も異なることになります。

 

スポンサーリンク

台湾の春節はいつからいつまで?

中華文化圏の春節の時期

春節とは中華文化圏の正月を示し、一年の始まりを祝う祝日です。

先に述べたように、春節の時期は旧暦により決まりますので、毎年変わります。

そのため、大体いつごろなのかを知るために、過去の春節の時期と翌年以降の時期をまとめておきます。

  • 2011年2月3日
  • 2012年1月23日
  • 2013年2月10日
  • 2014年1月31日
  • 2015年2月19日
  • 2016年2月8日
  • 2017年1月28日
  • 2018年2月16日
  • 2019年2月5日
  • 2020年1月25日
  • 2021年2月12日

上記の通り、毎年、春節は1月下旬頃~2月中旬頃までの間になることが多いですね。

また、日本の元旦の前日を大晦日と言うのと同じように、春節の前日を「除夕」と呼んでいます。

台湾の祝日はいつ?【2019年‐2020年】祭日の雰囲気と過し方
台湾の年間の祝日について、まとめて紹介しています。台湾現地の祝日の状況などを含めて、私の経験を踏まえて、台湾現地の祝日事情を詳しく解説しています。台湾の祝日に台湾旅行を予定している方は、是非、ご確認ください。

台湾の春節の時期の現地状況

台湾の春節の時期の台湾現地の状況について、一般的には、春節の前日の除夕から、ほとんどの会社は休みになります。

そして、除夕には家族全員が揃って、一家団欒で食事をするのが台湾の伝統的な過ごし方になります。

お正月には日本のお節料理があるように、台湾でも「年菜」というご馳走を準備します。

春節(旧正月)の台湾流おせち料理(年菜)を大公開
台湾では除夕(大晦日)には家族団らんで、年菜(台湾のおせち料理)を食べる習慣があります。台湾の家庭のおせち料理を紹介します。また、台湾ではおせち料理で食べますが、最後まで食べきってはいけません。その理由も紹介します。

台湾の学校の春節休みはいつ?

それでは、春節休みの期間はいつからいつなのか?

…という疑問に答えていきます。

まず、台湾の会社は先述したように、除夕から休みになる会社もあれば、春節の前々日くらいから休みになる会社もあり、会社により異なります。

そして、毎年、政府が発表している春節休みの期間は3日間が正式な休みになります。そのため、除夕も含めると4日間の連休になります。

そして、土日の連休の並びによっては約一週間程度になることもあります。

それでは、春節時期の学校の休みはいつからいつまでなのか?

除夕の前日くらいから休みになりますが、これも土日の並びにより、除夕の前々日になったりすることもあります。

そして、学校の場合は少し休暇が長く、3週間程度は休みになる年が多いです。

 

春節の時期の台湾の気候や天候は、下記記事をご覧ください。

関連記事: 台湾の1月の気温と服装

関連記事: 台湾の2月の気温と服装

 

冬休み春節明けの小学校と幼稚園の子供たちの様子

それでは、春節休みの実際の状況を紹介します。以下は2015年の春節の時の様子です。

春節に先立ち、小学校、中学校、高校、大学などの各教育機関は1月下旬から長期の冬休みに入っていました。そして、春節明けの2月24日から各学校の2学期目が始まりました。

息子たちが通学している学校へ行くと、生徒たちは皆眠そうな雰囲気で、冬休みの宿題を持ち寄って教室に集まっていました。

次男は小学校附設幼稚園に通園していますが、お友達はみんな眠そうな眼をした園児が多く、久しぶりの幼稚園で慣れないのか泣いている子もチラホラいました。

早朝、うちの子も眠たいようで早く起きることができないで、少しだけグズッていましたが、思っていたよりも素直に登校出来ました。休み期間中は、毎日寝坊だったのに、新学期の始まりから遅刻しなくてよかったです。

 

台湾の学校の年間スケジュール

台湾の多くの各学校の学期は、公立学校の場合は2学期制の学校が多く、私立学校の場合もおおむね同じ年間スケジュールになります。

9月から春節休み(1月頃)までの5ヶ月間が1学期です。そして、春節明け(2月中旬頃)から6月末までの5ヶ月間が2学期となっています。

そのため、台湾の各学校の長期休暇は、春節休みの約1ヶ月と夏休みの約2ヶ月ということになります。

台湾では、この休暇期間中、子供たちは課外授業を受けたり、補習班(塾)に通ったりする子供も多いです。

台湾の小学校の基本情報は下記の記事にまとめていますので、ご覧ください。

台湾の小学校と小学生事情
台湾の小学校と小学生の事情について、台湾現地からレポートします。 台湾の小学校はどのような感じなのか? 台湾の小学校はいつから始まるのだろう? 台湾の小学校の夏休みや冬休みはいつだろう? 台湾の小学校の学費や諸費用はいくらくらい?

 

春節休みのイベントは課外授業とお年玉

小学校に通学する長男の場合は、春節休みの間、10日間くらい囲碁の課外授業に参加しました。

そのおかげで、簡単な囲碁のルール(自分の石で相手の石を囲ったら相手の石を取ることができる)を理解できたようです。

そして、春節休みのもう一つの子供たちにとっての一大イベントは紅包(お年玉)です。

祖父母や親戚のおじさんやおばさんなどからお年玉を貰っているようでした。

そして、貰ったお年玉で囲碁のボードゲームを購入しました。

 

海外在住でお子様をお持ちのお母さんとお父さんへ

海外在住のお子様が日本の教育に取り残されないために

海外でも日本と同様にインターネットを通してパソコン等を用いて学習出来る通信教材がご利用できます。日本の大手の通信教材ですので、安心してご利用できます。

お子様が小学生の場合はこちらを参照下さい。 >>> 子供用通信教材比較
お子様が中学生の場合はこちらを参照下さい。 >>> 中学生用通信教材比較

 

関連記事:台湾の学校の入学式&卒業式と始業・終業時期と入学年齢を詳しく解説

関連記事:台湾の祝日はいつ?祭日や節日の現地の雰囲気と過し方を現地レポート

関連記事:台湾の大学の年間スケジュール|大学教員は年間3ヵ月半もの休暇!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました