台湾で11月におすすめの果物とは?美味しいフルーツを画像で紹介!

11月の台湾でのおすすめの果物を画像を交えながら、現地事情を踏まえて、台湾現地からレポートします。

台湾のフルーツと言えば、南国フルーツが有名ですが、11月にもなると、季節の節目となり、果物の種類も少しずつ変化が見え始めます。

ここに注目

  1. 11月の台湾ではどんなフルーツが旬なのかな?
  2. 台湾旅行に11月に行った場合に食べ頃の果物は何?
  3. 11月の台湾で、おすすめの果物はどんなものがある?
  4. 台湾で果物を買う際には、どこで買うのがいいのか?

上記のような疑問に対して、台湾現地で果物を生活の楽しみにしている私が現地の果物の画像を交えながら詳しく紹介します。

参考として、台湾特有の果物については、下記記事でまとめていますので、ご覧ください。

関連記事:台湾の果物|台湾で出会った美味しく珍しいフルーツ

台湾の11月の果物

  • みかん
  • 釈迦頭
  • 蓮霧(レンブ)
  • 文旦(ザボン)
  • ドラゴンフルーツ
  • ぶどう(巨峰)
  • パッションフルーツ
  • スターフルーツ
  • パイナップル
  • スイカ
  • メロン
  • バナナ
  • パパイヤ
  • グアバ
  • 菱角

秋の台湾の果物の特徴

11月の台湾のフルーツの内、旬の時期の特におすすめの果物を理由とセットで紹介します。

みかん・オレンジ

11月になると柑橘系の果物が店頭では少しずつ増え始めます。

台湾ではみかん系の品種とオレンジ系の品種の両方があり、どちらも一緒に食べられるのがうれしいポイントです。

台湾で最もよく食べられている柑橘系のみかん・オレンジの種類は下記のようなものです。

  • 茂谷柑
  • 柳丁
  • 桶柑
  • 椪柑(ポンカン)

この時期になると、スイカを見ても食べたいとは感じず、みかんを食べたくなるのは人間あるいは日本人の本能なのでしょうか…。

関連記事:台湾のみかんとオレンジの種類と特徴|値段や味・風味は日本と比べてどう?

台湾では柿は縁起物として考えられることがあり、赤オレンジ色の柿の置物が飾られていたりします。

11月には下記のような品種の柿が店頭で並べられていることが多いです。

  • 富有柿:四角っぽい形
  • 水柿 :丸っこい形
  • 紅柿 :赤っぽく熟した柿

台湾での11月の柿の値段は富有柿は20元/個、水柿は10元/個、紅柿は30元/4個です。

台湾の柿はあまりアクが強くなく、甘みも少し控えめで、シャキシャキしていてみずみずしく美味しいです。

みずみずしくて美味しい秋の果物といえば、梨ですね。

台湾にも、幾種類かの梨がありますが、店頭でよく見かける梨の種類は台湾水梨です。

幸水梨や豊水梨、20世紀梨などの親戚の同じ系統の品種だと思います。

シャキシャキした新鮮な梨を食べると、秋の季節を感じます。

ちなみに、私が台湾で食べたことがある梨の品種は、下記の通りです。

  • 高接梨
  • 新世紀梨
  • 台湾水梨

菱角

菱角は秋だけの限定食品のような存在です。

11月に台湾旅行に行かれる方は、是非、菱角を見つけたら、即買いして味わってみて下さい。

ホクホクとした食感と微かな甘みが特徴で、食べ始めると止められなくなってしまいます。

ただし、菱角のお値段は思ったほど安くはなく、一袋100元くらいします。

菱角について、詳しくは下記をご覧ください。

関連記事:【台湾の菱角】黒色で不気味な形をした食べ物の正体と旬の時期を紹介

文旦(ザボン)

台湾には文旦の品種が大きく分けると2種類あり、一つは頭の部分が尖った形の文旦、もう一つは丸っこい形をした「大白柚」という品種です。

台湾の11月に食べられる文旦は丸っこい形をした大白柚になります。

味は甘酸っぱく、やや酸味が強めの印象を受けますが、みずみずしくて美味しいです。

大白柚の値段は大きさや品質、買う場所により価格が異なり、20元~60元/個くらいです。

関連記事:文旦(柚子)は秋の台湾フルーツの定番|ザボンとゆずとの違いは?

釈迦頭

お釈迦様の頭に似ているため、台湾では釈迦頭と言われている果物です。

味は砂糖を食べているように、とても甘い味がします。

甘いものが大好きな甘党派の方におすすめの果物ですね。

酸味も苦味もなく、ただ甘い味がするため、子どもには人気が高いです。

釈迦頭をそのまま冷凍したら、甘いアイスクリームみたいになりそうです。

ぶどう(巨峰)

台湾でも、11月くらいになると、巨峰の出荷が多くなり、食品スーパーでは店頭価格が比較的安くなりはじめます。

台湾の巨峰の味は、日本のものと同じで、甘酸っぱさの味が強く、おいしいです。

値段は時期によっても変わりますが、上の画像の1パックは200円くらいでした。

フルーツを買う場所

台湾でフルーツを購入できる場所は、下記のようなところになります。

  • 食品スーパー
  • 大型ショッピングセンターの果物売り場
  • 果物専門店
  • 伝統市場
  • 路上販売

果物を購入する際に比較的値段が安い場所を挙げてみました。

季節の果物を知るのであれば、果物専門店へ行くのが一番ですね。

特に、店頭で最も大きなスペースをとっている果物が旬の時期の果物になります。

11月になると、みかんなどの柑橘系の果物のスペースが広くなります。

普段は食品スーパーやショッピングセンターの果物売り場で果物を買うことが多いですが…

価格に注目すると、伝統市場では少しだけ安いこともあります。

また、軽トラックの荷台にたくさんの果物を乗せて路上販売していることもあります。

農家の方なのか、農家から直接仕入れているのか、旬の時期の果物が比較的安く買えます。

海外からの輸入果物

実は、台湾には秋の時期には、その他の果物もたくさんあります。

  • りんご
  • オレンジ
  • 西洋梨
  • グレープ
  • グレープフルーツ
  • ザクロ
  • その他たくさん

上記のように、海外から輸入された果物がたくさんあり、台湾では一年中、果物の種類が豊富なのはこのような背景もあります。

まとめ

以上、台湾の11月の果物について、私の経験にもとづいてまとめてみました。

最後に、上記のことを簡潔に6つにまとめておきます。

ポイント

  1. 台湾の11月の果物は種類が豊富
  2. 特におすすめは秋が旬の果物
  3. 具体的には釈迦頭や菱角が珍しい食べ物
  4. 海外からの輸入した果物もたくさんある
  5. スーパーよりショッピングセンターの方が値段は安い
  6. 伝統市場へ行けば更に安く、路上販売は激安なことも

11月はスイカやパイナップルなどの夏の果物もありますが、秋の果物が多く出回り、値段も比較的安くなる季節です。

11月に台湾旅行をされる方は、是非、現地で旬の果物を味わってみて下さい。

関連記事:台湾の10月と11月の気温・天気と秋の気候に合った服装←現地発信

台湾旅行前に必読>>>台湾旅行を100倍楽しくする記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 敏度 より:

    最近の柿本当に美味しいです、そして……まさか菱角が入るとは思いませんでした、果物より野菜の方が近い気がします。

    • いいぞっ より:

      コメントありがとうございます。
      11月中旬以降は台湾では秋も本番になり、柿がおいしい季節になりましたね。
      菱角はたしかにピーナッツ(花生)と一緒に売られていますし、野菜の一種ですね。
      菱角は食後のデザートのように食べることが多いため、11月のおすすめ果物としました。