台湾で肉と言えば何?|牛肉を食べない理由は?

台湾での食肉に関するレポートです。台湾の料理で肉はなくてはならない食材となっています。その一方で、台湾では宗教的な理由により肉を食べない素食文化も社会に普及しています。

また、台湾では牛肉を食べない人がおり、どちらかと言うと料理の食材で牛肉はマイナーな食材という印象を受けます。その辺りの台湾での肉事情を簡単にご紹介します。

N112_musyamusyaushisan_TP_V

 

スポンサーリンク

台湾の肉料理と言えば何ですか?

皆さんは台湾料理といえば何を思い浮かべますか?
台湾にはおいしい料理がいろいろあり過ぎて、頭が混乱しそうですが、台湾の美味しい料理の多くには肉が使われています。私が普段からよく食べている台湾の庶民料理を挙げて見ましょう。

  • 魯肉飯(ルーローファン)
  • 鶏肉飯(チーロウファン)
  • 排骨飯(パイクーファン)
  • 肉粽(ロウツォン)
  • 牛肉麺(ニョウロウミェン)
  • 大腸麵線(ダーチャンミェンシェン)

敢えて、食材として肉が使用されている料理ばかりを採り上げてみました。米料理にしても、麺料理にしても、肉の存在感が際立っています。

 

台湾料理でよく使われている肉は何か?

上記で挙げた料理以外にも、日本でもお馴染みの唐揚げチキンや台湾独特の料理の一つである「豬血」(豚の血)を使用した料理もあります。
日本人には不評な台湾特有の珍しい家庭料理|あなたは食べられますか?

台湾の食肉のツートップと言えば、豚肉と鶏肉になります。この2つの肉は、どこのローカル食堂に行ってもあります。いや、むしろ台湾で肉と言えば、「猪肉」か「鶏肉」のどちらかです。ちなみに「猪肉」と言う文字を見ると、台湾ではよく猪(イノシシ)の肉が食されているのかと勘違いしそうですが、猪肉は豚肉という意味です。

台湾の食肉文化の特徴を日本の食肉文化と比べると、台湾では牛肉を食べる人が少ないようです。それと、羊肉を食べる食文化が伝統的に浸透しているようです。羊肉と言えば、ジンギスカンと思いがちですが、台湾では羊肉は焼いて食べるよりも、鍋の食材として消費されることの方が圧倒的に多いです。台湾南部の岡山と言う場所は特に羊肉で有名です。岡山羊肉爐(羊肉鍋)として台湾では冬の時期には、身体が温まる鍋料理が好評です。

 

台湾で牛肉があまり消費されない理由は何か?

台湾ではあまり牛肉が日常的には消費されていません。その最も大きな理由は伝統的に、農業が発達していた台湾では、牛は人間と一緒に働く労働者ならぬ労働牛だったからです。このような考え方は、その昔、日本でもありましたね。畑で一緒に働いている牛を食べるということは、労働力を失うことであり、生計を立てる農業への背信行為だという考え方が心の奥底にあるのかもしれません。

ところが、現在の台湾社会では、食の欧米化に伴い、ステーキレストランやハンバーガーだけではなく、台湾発祥の麺料理である「牛肉麺」も有名です。その一方で、台湾のその他の牛肉料理としては日本から台湾に進出している吉野家の牛丼くらいしか思いつきません。それくらい台湾の食文化の中では牛肉の存在感は影が薄いものです。特に、年配の方の多くは牛肉を食べない傾向が強いです。

 

台湾のスープと日本のスープの違いは出汁にある!?

日本のスープと言えば、お味噌汁となりますが、その出汁(だし)は鰹節や煮干しが主なものですね。それでは、台湾のスープの出汁は、と言うと・・・。一般的な台湾料理のスープは、鶏肉が最も多いようです。その他にも豚肉を使うこともあれば、上記で述べたように羊肉などを使用したりしているようです。

このように、台湾ではメイン料理が肉料理となるだけではなく、出汁を取ったりする食材も肉が主に使われています。日本人の視点からは、必然的に台湾の多くの料理が油っこく感じられるのは、このようなことも大きな理由の一つでしょう。

台湾では、肉がなくてはならない食材であることがよく分かります。その反面、肉を全く使用しない素食文化が社会に浸透しているのは、台湾に特徴的な食文化ですね。素食では肉も魚も出汁として使われていないことでしょう。そうなると、椎茸などがメインになりそうですが、それ以外にも素食のスープの臭いは若干漢方の香りがするのは、漢方系の素材が出汁として使用されているためなのかもしれません。
台湾はベジタリアン大国だった!素食(精進料理)が多い理由は?

関連記事:台湾の家庭料理では生野菜サラダを食べない理由
関連記事:日本人は台湾の香辛料・八角入り料理がなぜ苦手なのか?
関連記事:台湾で暮らし始めて豚肉を食べなくなった唯一の理由

コメント

  1. tomo より:

    台湾ももう暑くなったでしょうね
    マンゴー、パパイヤ、パイナップル、果物が
    美味しい季節になりましたね。

    一度、東海大学のキャンパスに行った事がありますが、
    芝生で恋人同士がキスをして、抱き合ったまま、
    芝生で数回転して、たわむっていました。

    非常に自由を感じました。

    • いいぞっ より:

      いつもコメントありがとうございます。
      台湾のこの時期は急激に暑さが増して来る時期です。
      ところが、今年は今までのところ、台中はそれ程暑くなく暮らしやすいです。
      特に、夜と午前中までは過ごしやすいです。
      雨が多いと言われている台北やこの時期でも既にかなり暑いと言われている高雄の方は分かりませんが・・・。

      特に、最近の台湾の若い子達は、かなり自由ですね。
      大学生だけではなく高校生でも、街中で抱き合っていますよ。

タイトルとURLをコピーしました