台湾はベジタリアン大国だった!素食(精進料理)が多い理由は?

台湾はベジタリアン(菜食主義)にとって暮らしやすい国であったというレポートです。台湾に移住する前にはアメリカで少しだけ生活したことがあるくらいで、その他の国には旅行程度でしか訪問したことがありませんが、各国ともベジタリアン向けのレストランや食堂があったことを思い出します。ところが、諸外国と比べて日本ではベジタリアン向けのレストランが非常に少ないように感じます。そこで、今回は台湾のベジタリアン事情とその背景についてご紹介します。

vegetalian

台湾の素食事情

台湾に移住して以来、食文化についてはかなり堪能してきました。そのおかげで体重が10kg以上も増加してしまったわけですが・・・
3ヶ月で10kg減のダイエットに海外で挑戦|過去の減量成功経験と今回の決意

台湾料理の中でも異彩を放つのが、「素食」と呼ばれている精進料理です。簡単に言えば、ベジタリアン(菜食主義者)用の料理となります。肉、魚、卵などの材料を一切使わずに作られた料理を提供するレストランや食堂は台湾のいたるところで目にすることがあります。私も素食を何度も食したことがあり、主に自助餐(ビュッフェ)やお弁当屋を利用しました。

素食を食べてみた感想は?

精進料理である素食を食べてみた感想を一言で言えば、「美味しい」ということになりますが、何か物足りなさを感じたのも事実です。私はベジタリアンではないため、肉や魚も日常的に食べてきたため、素食だけの生活をしたら、多分発狂することになると思います。偶に、素食を食べると悪くはないなと思いますが、毎日、素食だけの生活をすることになると、ストレスが溜まりそうな気がします。

精進料理はサッパリとした野菜料理だけかと思っていたのですが、実は油がたくさん使われていて、ここでも台湾流の料理だということを思い知らされます。素食だからと言って油も使わないかというと、そうではなく植物性食用油がたくさん使われています。また、大豆を原料とした料理もたくさんあります。

しかも、一口とんかつを模したようなおかずもあったりします。肉や魚を排除しているのが素食だと思っていたのですが、わざわざ肉食を模した料理を作るのは本末転倒のような気もしますが、このように台湾の精進料理の種類は豊富です。

唯一、私が台湾の素食で美味しくないと感じた料理は、素食カレーライスです。あまりにもあっさりし過ぎていて味気ないものでした。台湾には素食レストランや食堂が多くありますが、素食だから美味しい、素食だから不味いということはなく、美味しいレストランもあれば不味いレストランもあるということでしょう。

素食料理の価格は、他の料理やお弁当と比べて、安くもなく高くもなくと言ったところです。肉や魚が使われていないため、価格は安いのかと思っていたのですが、肉や魚を模倣した野菜主体の加工料理のためなのか、自助餐、小吃、お弁当屋などでは、あまりその他の料理と値段は変わりません。

なぜ台湾には素食レストランが多いのか?

台湾の街を歩いてみると至るところで「素食」の文字を見ます。台湾では、なぜこれ程までに素食文化が浸透しているのでしょうか? 台湾の全国民の10%がベジタリアンだそうです。10人に1人がベジタリアンであれば、10箇所の食堂の1箇所が素食食堂であっても可笑しくないですね。

それでは、ベジタリアンが根付いている背景には、どのような事情があるのでしょうか? そのヒントとなる事実は、台湾の宗教事情にありそうです。日本と比べて台湾には仏教寺院がいたるところにあります。それだけではなく、日本人と台湾人の宗教観念を比較すると、日本人には無信教に近い仏教徒が多いのに比べて、台湾人は仏教に対する信仰心が非常に強く、圧倒的に多いです。

そのため、食事に対しても仏教や道教の影響を受けて、厳格に肉食を排除した食習慣を守って生きている人が多いというわけです。お寺などの宗教施設を訪れると無料で食事を提供していたりしますが、当然のごとく素食です。実際に、私の友人や知人にも宗教的な理由から素食だけしか食べない人もいます。

ベジタリアンの友人と食事をするときはどうするか?

宗教的な理由で肉食を一切避けて素食だけしか口にしない人と食事をする場合はどうしたらよいのか? ある台湾人の方は、ベジタリアンの方と食事をする時は少し面倒だと言っていましたが、実際にレストランや食堂で一緒に食事をする場合は、ベジタリアンでない人は、普通にメニューを注文しますが、ベジタリアンの方用に肉や魚などを材料として使用していない料理を別に注文する形になります。

あるいは、テイクアウトが出来る素食食堂でベジタリアン向けの料理を購入してきて、食事は一緒に摂るということもありました。実際、私の友人もベジタリアンでしたが、初めて一緒に食事をした時は、その事情を知らなかったため、ファストフード店で食事をしたのですが、彼女はフライドポテトと飲み物しか注文しないので可笑しいなと感じました。そして、2回目に食事をした時には、素食食堂に連れて行ってもらい、彼女自身がベジタリアンだということを知らされました。このように台湾ではベジタリアンが、ごく身近にいるということを実感した瞬間でした。

台湾素食文化のまとめ

台湾で私が経験した食文化に関する異文化体験の中では、美味しいものをたくさん食してきましたが、素食文化がこれ程までに浸透している国はインド以外にはありませんでした。インドはベジタリアンが30%程度だと言われていますので、別格かもしれません。

台湾の素食文化は仏教や道教の影響を受けて、長い年月を経て培われてきたものでしょう。そして、精進料理を実際に食べてみると、味も悪くはなく美味しいと思います。その歴史の中で食の宝庫である台湾では独自の食文化として素食文化が発展してきたことを改めて実感します。宗教的背景や台湾の食文化の多様性を背景に、社会の中で台湾の食文化の一つとして人々に受け入れられてきたのでしょう。

台湾にお越しの際は、食の異文化体験として素食を試してみてはいかがでしょうか。私のおススメは、自分で好きなものを選んで清算出来る、素食自助餐です。

台湾旅行前に必読>>>台湾旅行を100倍楽しくする記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆう より:

    初めまして。
    現在、私は台湾人の女性とお付き合いさせていただいてます。
    結婚も視野にいれて考えています。様々な事を質問させていただきたいのですが、お手数でなければ上記のメールアドレスにメールいただけないでしょうか?
    宜しくお願い致します。

    • いいぞっ より:

      ゆう様へ

      初めまして、コメントありがとうございます。
      申し訳ございませんが、個人的なご相談は、ブログヘッダー画像直下にございます「お問合せ」よりお願いいたします。
      送返信システムの関係上、お問合せフォームをご利用下さい。

  2. tomo より:

    ジェットスターの時刻を見ましたが、これでは無理です。
    これを乗る前後に、身体がおかしくなってしまいます。
    これなら、スクートの方がまだましです。
    いくらLCCでも、これは誰も乗らないと思いますよ。

    身体を壊すような移動では、楽しいどころか、
    2~3日、調子が悪くなってしまいます。
    どう思われますか?
    私はジェットスターの成田、名古屋線は不人気になると思います。

    • いいぞっ より:

      コメントありがとうございます。
      名古屋発着のLCCが続々と就航されるという発表があり、名古屋発着のLCCについてまとめ記事を考えていたところです。
      成田発着や大阪発着のジェットスター航空の発着時間はかなり酷いですね。競合他社があるにも関わらずこの時間帯では他社に負けてしまうかもしれませんね。

      ところが、名古屋発着便に関しては少し事情が異なり、現状ではチケットの発売を開始しているのは、ジェットスター航空だけです。
      実は、私は来年のジェットスターのチケット(桃園→名古屋のみ)を予約済みです。
      私の感想は、家族を除く自分独りだけの移動であれば、早朝発便は避けたいけれど、深夜発便は問題ないかなと思っています。
      とは言っても、3日~4日間程度の台湾旅行では体力的にキツイですね。
      名古屋発着のLCC便に関しては、後日記事にまとめてみたいと思います。
      そこで、もう少し深掘りしてみます。