台湾で健康志向のダイエットブーム!?ジョギングしている人多数

台湾では現在は健康志向のダイエットブームが起きているというレポートです。例えば、大型書店で現在流行っているものは何かなと思いながら、いろんな本を観察してみると、ダイエットコーナーが設けられており、日本でも数年前に有名になった芸能人やスポーツインストラクターや美魔女と言われる方たちが出版された本がいくつか並んでいるだけでなく、バナナ、唐辛子、低糖質、ダンス・・・などいろんなダイエット本がテンコ盛りです。
日本では数年前から空前のダイエットブームが起きていますね。

 

早朝と夕方のジョギングロードと公園は健康志向の方ばかり

私がいつも速歩をしたりスロージョグをしたりする公道でも、夕方頃になるといつもお馴染みの顔ぶれの方が数名走っていたりします。特に、週末の夕方は老若男女問わず、農村部にも関わらず多くの方が運動しています。

よく考えたら、夜間には何人かの方が、走りにくい台湾の公道をものともせずにジョギングしている方を何度も見たことがありました。
これは、もしかして早朝にはもっと多くの方たちがジョギングなどの運動をしているのではないかと思い、郊外の少し広い公園を観察してみると、想像以上の方たちが運動していました。(驚)

しかも、早朝7時台に通りかかった公園の周囲から観察してみたのですが、老若男女問わず、しかも、ほとんどの方がかなり本格的にジョギングをしていたり、姿勢を正してウォーキングをしていたりして驚きました。台湾社会ににダイエットブームや健康志向が蔓延している状況を目の当たりにしました。

また、夕方になると息子が通学している小学校のグラウンドでは、どこからともなく人が集まってきて、多くの方がジョギングやウォーキングをして汗を流しています。

 

なぜ台湾で今ダイエットブームが起きているのか?

なんせ、台湾はアジアでナンバーワンの肥満大国ですからね。
台湾がアジアで最も肥満大国という事実と4つの理由
台湾の死因トップ10を見ても肥満が原因と考えられる成人病も多いですしね。
台湾の死因トップ10と日本や世界の死因を比較

上記のような台湾の健康に関する状況を反映して、政府も国民の健康に関することに積極的に施策を講じているのかもしれません。
例えば、台湾には下記で紹介したような公園が各地域に点在しています。
18歳以上限定の台湾でよく見かけるオトナが利用する公園
スポーツジムでもないのに、いろんなタイプの健康機器が公園に設置されています。これらの健康機器は、18歳以上の方ならば誰でも自由に利用できるようになっています。(子供も遊びで使っていますけどね)

imag0344

このような市民公園は、どこへ行っても全く同じ健康機器が設置してあるため、政府の方針で導入しているのでしょう。

その他にも、台湾全土に展開しているワールドジム(World Gym)をはじめとしたスポーツジムやヨガ教室などダイエットブームを反映していると思われるスポーツ施設が乱立し始めています。

 

3ヶ月10kg減量ダイエットプログラム3週目の結果

 
体重80.580.081.080.080.080.580.5
歩数183097648161775823524848294081
距離(m)164786883145595240472343463672
消費カロリー16206371340296279246204

それでは3週目に入りましたダイエットプログラムの結果ですが、体重は80.0~80.5kgを行ったり来たりで減りませんでした。この期間中は、自宅で久々にカレーライスを作り、爆食いをしてしまったり、雨が降っていた日が合ったり、急用が出来て、7日間の内2日間(土曜日と月曜日のみ)しか本格的な運動が出来ませんでした。そのほかの日でも、歩ける距離は出来るだけ歩くようにしていますが、台中市内は排気ガスや歩道が整備されていないため、歩きにくいですね。(言い訳)

一週間のカロリー消費量は4,622kcalでした。
最終的な目標は1日あたり20kmの距離を速歩かジョギングすることですので1週間では140kmという計算になるのですが、この週はたったの56kmだけでした。

また、スマホで利用している「歩数計」アプリに個人情報を入力する設定があることに今頃気が付きましたので、正しい情報を入力し直しました。
各項目は、年齢、性別、体重、歩幅の4項目で、今までの歩幅は70cmが標準設定となっていましたが、100mの距離で実際に自分の歩幅をウォーキングとスロージョグで逆算してみたところ、80cm~90cm程度ということが分かりました。速歩の場合はスピードが上がってくると歩幅は90cm位になることが判明しました。スロージョグの時には80cmに設定し、速歩の時には90cmに設定して利用することにしました。そのため、今後はもう少し正確な距離が把握できそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました