家族で台湾へ海外移住

日本人夫と台湾人妻が子供と一緒に家族で台湾へ海外移住をして台湾の現地情報をレポート

*

関西空港離発着LCCを利用する場合の関西空港~名古屋間の交通手段

      2017/03/04

関西国際空港(KIX)から名古屋方面への移動で、高速バスを利用する方法と電車を利用する方法と比較しながら、高速バスを利用するルートと電車を利用するルートのアクセスと費用についてレポートします。

そもそも、このような情報をシェアしようと思った理由は、台湾から名古屋(中部国際空港)へのLCCが未だに1便もないため(2015年12月より中部国際空港にもLCC各社が台湾便も参入しました)、台湾からLCCの便が多く、航空運賃が比較的安く、名古屋からは東京よりも大阪の方が近いため、しばしば大阪着のLCCを利用するためです。台湾と名古屋を往復する方の中には、早く名古屋にもLCC便を就航して欲しいと思っている方も少なからずいるのではないでしょうか。

 

費用対効果が高い関空~名古屋間のルート

関西国際空港から名古屋方面までの移動手段で、私がよく利用する方法は、下記の2つのアクセス方法です。

  • 近鉄特急を利用する方法
  • 高速バスを利用する方法

 

1.近鉄特急を利用する方法

近鉄特急を利用して大阪から名古屋へ行くのは、最も知られた移動手段でしょう。関西空港から南海電鉄で「なんば駅」まで行き、近鉄特急で「大阪難波駅」から「近鉄名古屋駅」まで行くことができます。このようなルートで、近鉄特急を利用するのは、関空から名古屋まで移動する手段としては、最もオーソドックスな方法です。関西空港駅から難波駅までの空港急行の乗車運賃は920円です。そして、難波駅から名古屋駅までの近鉄特急の通常運賃は4,260円です。そのため、近鉄特急を利用して関西空港から名古屋まで移動する場合の合計費用は、5,180円となります。

 

2.高速バスを利用する方法

高速バスを利用する方法は、いくつかのルートがありますが、関西空港から名古屋方面へ直接向かうバスは出ていないようです。そのため、最も便利なルートは、南海電鉄かJRで難波まで行き、湊町BT(JRなんば駅)OCATから各地へ向けて出ている高速バスを利用する方法が便利ですが、バスの本数が限られています。大阪から名古屋への高速バスの本数が最も多い出発地は、JR大阪駅バスターミナルのようです。そのため、関西空港からJRで大阪駅まで行き、時間の都合をみて高速バスに乗るのもよいでしょう。
日本全国の高速バス予約はこちら!!

※名古屋~関西空港線リムジンバスの運行廃止(2015年3月末)
2013年11月より関西国際空港から名古屋方面へ運行していたリムジンバスは2015年3月末をもって廃止されました。名鉄バス、関西空港交通、南海バスの3社が、名鉄バスセンター~関西国際空港間を結び「名古屋・関西空港線」として、大人片道4,800円で1日2往復4便が運行されていた。

 

私が利用したことがある具体的ルート(関西空港→名古屋)

難波から近鉄名古屋まで近鉄特急を利用する場合は、ひとまず南海電鉄で難駅まで行きます。その後、難波駅周辺で、金券ショップで「名阪まるとくきっぷ」(近鉄特急アーバンラーイナー)が3,200円~3,400円程度で販売されていますので、購入します。難波駅の窓口で指定乗車券の発行を受けます。このように金券・チケットショップを上手に利用すれば、特急料金を含む通常運賃4,260円のところ、1,000円程度割安に近鉄特急を利用できます。大阪難波駅から近鉄名古屋駅までは近鉄特急で約2時間です。

また、高速バスを利用して、今回は京都経由で名古屋に向かうルートを利用しました。関西空港から京都までは、京都アクセスきっぷを利用してみました。料金は1,230円で、乗車時間は2時間程度でした。利用方法などの詳しい情報は、下記の記事をご参照ください。
関西国際空港~京都駅まで最も安く移動する方法|京都アクセスきっぷ
京都からは高速バスを利用しますが、京都から名古屋までは多くの高速バスが割安の価格で出ています。私が利用した高速バスは2,500円程度でした。その結果、関西空港から京都を経由して名古屋までは、合計3,730円と格安料金で移動することができました。

 

名古屋から関西空港へ向かう場合のお得な方法

名古屋から関西空港までの逆ルートは、名古屋から近鉄特急を利用して、難波から南海電鉄のと特急列車であるラピートを利用するのが最もオーソドックスな方法です。その際も、金券ショップやヤフーオークションなどで近鉄のまるとくきっぷを手に入れ、特急アーバンライナーを利用しましょう。さらに割安な方法は、やはり高速バスを上手に利用するのがよいでしょう。名古屋から大阪までの乗車時間は各バス会社により若干異なりますが概ね3時間半程度で、料金は出発時間や曜日、時期、バスや座席のグレードにより随分と異なりますが、最も安い乗車運賃は1,500円程度からあります。私はいつもこちらから格安バスチケットを予約しています。

《追加情報》
関西空港レール&バス片道特割きっぷで近鉄名古屋駅→関空までは2,380円(通常料金より1,530円お得)で期間限定で販売されています。ただし、近鉄アーバンライナーを利用する場合には、特急料金1,850円が追加で必要になります。

関連記事:大阪(関空)-台湾(桃園・高雄)間のLCC各社の発着時刻と手荷物制限&料金

 - 旅行観光, お得情報

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

  関連記事

台湾では闇両替商がないため銀行での外貨両替を利用する方へ

台北⇔台中の長距離バス(国光&和欣)で快適な旅を!料金と時間と乗り心地は?

no image
台湾・台中から日帰り旅行できる観光スポットのまとめ

台湾のGW時期(4月・5月)の天気・気候と服装・旅行必需品

台中で驚愕の縫いぐるみバスが出現したので乗車してみた!

台中市内を走る市バスで車内がぬいぐるみだらけの珍しい市バスをレポートします。バス …

名古屋(中部セントレア)発着-台湾行きLCC(格安航空)直行便のまとめ

名古屋(セントレア中部国際空港)発着の台湾行きLCC直行便が2015年に続々と新 …

海外旅行でおススメの街歩きバッグの種類と選び方のポイント

海外旅行で街歩きをする時にお勧めの持ち歩きバッグの種類と選び方について、それぞれ …

no image
日本からデッドストック・在庫処分や訳あり品を台湾へ持って行けば小金持ちになれる理由

日本に一時帰国中に恒例となったネットショッピングをしていて、気が付いた日本と海外 …

台湾~日本LCC就航便の増便でますます台湾旅行が身近に|台湾~日本のLCC便のまとめ

日本と台湾間を結ぶLCC就航便がこの夏、続々増便しているというレポートです。つい …

台湾ランタンフェスティバル2016の期間・場所と楽しみ方

2016年台湾ランタンフェスティバル(燈會)についてのレポートです。台湾の冬の時 …