【体験レポ】Airbnbを一時帰国で利用した!メリットと注意点

初めてAirbnbを利用しましたので、予約から利用終了までの流れと利用に当たっての魅力とメリットをリポートします。Airbnbとは・・・下記のような記事を過去に書いていました。
Airbnbにより台湾長期滞在の1ヶ月間の宿泊費用を調べてみた結果

【体験レポート】一時帰国でAirbnbを初めて利用した!

なぜ、私は今回Airbnbを利用しようと思ったのか?

実は、私は以前、Airbnbという宿泊予約ネットシステムがなかった時代にも、同じようなサービスを利用したことがあります。

沖縄に観光旅行に行った時に、貸切でマンションの1室を利用し、家族で利用したことがあります。その時は、家族4人で子供も小さかったこともあり、ゆっくりと安心して、数日間同じ宿泊施設に泊まりたかったのですが、ホテルに宿泊する場合は、沖縄のホテルは、オンシーズンではホテル料金が高く、家族4人で宿泊できるホテルも限られています。

このように、過去に同じような形態の宿泊施設を利用したことがあったため、おおむね利用方法は理解していました。このような形態の宿泊施設は、家族旅行には、比較的宿泊費用が安く抑えられ、非常に便利だと思います。

Airbnbを利用する方法と宿泊までの手順

Airbnbの利用の流れは、下記の通りです。

1.Airbnbで宿泊施設を検索・予約をリクエストする
2.ホストから受諾の連絡を受ける(ホストにはリクエストを拒否する権利あり)
3.クレジットカード情報などの入力と同時に予約を確定させる
4.ホストとAirbnbのサイト上でスケジュールなど連絡をとる
5.空港まで出迎えに来てもらう(有料オプション)
6.(当日)鍵を受けチェックイン
7.鍵を返却しチェックアウト

上記の通り、ほとんどホテルの利用と変わりません。特に、1室貸切利用の場合は、Airbnbのサイト上で、ホストと一緒にチェックインやチェックアウトなどのスケジュールを共同で組んでいくこと以外、ほぼ同じです。

今回利用したAirbnbの宿泊施設のご紹介

それでは、今回利用した宿泊施設とホストを紹介します。大阪郊外のアパートの2LDLの1室でした。寝室は和室と洋室の各1部屋ずつでどちらの部屋も6畳間程度で、リビングダイニングが付いていました。

洋室には2ベッド(シングル)、和室には2人分の布団が用意されており、最大で合計4名まで利用可能でした。このような宿泊施設は、家族4人の旅行の場合には、比較的安く利用でき便利ですね。

Airbnbならではのサービスも!

また、airbnbのメリットとして、ホストによっては、送迎オプションがあったりします。今回利用したAirbnbも、有料でしたが空港までの出迎えサービスがありました。家族4人であれば、4人の電車代程度でサービスを提供していただき、タクシーを利用するよりも断然安く利用できました。

また、チェックアウト後も、近隣の駅まで無料で送っていただけ至れり尽くせりでした。移動時間の負担を少しでも軽減できるという点では、旅行者にとってありがたいサービスです。

写真で紹介する私が利用したAirbnb

最後に、私が利用したAirbnbは、賃貸アパートの一室でしたが、建物は比較的古いアパートのようでしたが、非常に静かな立地で室内も改装したばかりのようで清潔でほぼホテルと同様に利用でき、大満足でした。簡単に写真で振り返っておこうと思います。

落ち着きのある畳部屋の和室には2人が寝られるようになっています。

IMAG2693

シンプルな洋室にはシングルベッドが2台用意してありました。

IMAG2694

リビングには小さ目ですが十分なテレビが設置されていました。

IMAG2695

ガスの利用は不可でしたが、洗い物くらいはできるキッチンがありました。

IMAG2691

コーヒーやお茶の準備もされていました。

IMAG2692

冷蔵庫の中には、お菓子、ジュース、ミネラルウォーターが用意されていました。

IMAG2690

バスは大人がゆっくり出来るくらいのスペースの湯船がありました。

IMAG2708

アメニティーもビジネスホテル程度に用意されていました。

IMAG2707

その他、有線のみですがインターネットも快適に利用できました。

あなたも、次回の旅の宿泊施設として、Airbnbを利用してみてはいかがですか?
どのような部屋があるのか、料金の相場はいくらくらいなのかを、検索するだけでも楽しめます。
世界の宿泊施設Airbnbの検索はこちら(3000円相当のクーポンプレゼント)から・・・

Airbnbのメリットと注意点は?

Airbnbと一般的なホテル(ビジネスホテル並み)と比較した場合のAirbnbのメリットと注意点をレポートします。

IMAG2877

私が経験したAirbnbのメリットと感じる7つのサービスと注意点

今回、前回利用したことがある宿泊施設を再度利用してみました。その経験から、ビジネスホテルのような一般的なホテルと比較して、Airbnbのサービスなどを中心に優れている点やメリットを挙げてみましょう。

1.出迎え・見送りサービス
2.飲み物サービス
3.受付カウンターがなく自由
4.家族利用の場合は安い
5.洗濯も出来る
6.ホストとの交流が出来る
7.お得なクーポン制度がある

Airbnbの注意点

いきなりですが、Airbnbの注意点を少しだけ挙げてみます。最も大きな問題は宿泊場所を提供しているホストとのやり取りです。事前にメールなどでサービスや到着時間などの確認などをする必要があります。

また、もう一つ注意したい点は、一時帰国で利用する場合はスマホの回線が自由に利用できなかったため、空港の無料Wifiに頼らざるを得ず、ホストとの連絡に手惑いました。ただし、日本国内専用のレンタルルーターを借りれば解決できます。

メリット1-出迎え・見送りサービス

私が利用したAirbnbが優良ホストだっただけかもしれませんが、宿泊施設の近隣の駅へチェックイン前の出迎えサービスとチェックアウト後の見送りサービスがありました。具体的には、予約後にメールでのホストとのコミュニケーションで、チェックイン時間を伝えておき、宿泊当日に近隣の駅に到着前に電話で連絡を入れ、予定時間を決めておくと、ホストの方が車で迎えに来てくれました。

子供連れの家族には非常にありがたいサービスです。同様に、チェックアウト後も近隣の駅まで送ってもらえました。もちろん近隣の駅までの送迎サービスは無料でした。その他にも、有料でしたが空港まで出迎え・見送りサービスも利用可能でした。

メリット2-飲み物サービス

ホテルによってはミネラルウォーター程度であれば、飲み物のサービスがあるところもありますね。私が利用したAirbnbの宿泊施設は、コカコーラ(1.5L)とミネラルウォーター(1.5L)の2本のペットボトルが冷蔵庫の中で冷え冷えで用意されていました。

暑い夏に、しかも子供連れの家族にとっては、到着直後に冷たいコカコーラが飲めるのは、本当に嬉しいサービスでした。その他にも、一般的なホテルで用意されているような、コーヒーやティーパックも用意されていました。

メリット3-受付カウンターがなく自由

1室まるまる貸切の場合は、ホテルのような受付があるわけではなく、アパートの鍵を受け取り、その後は自由に部屋を出入りできるため、比較的気軽に過ごすことができます。逆に、受付カウンターがなく困る点は、外出時のセキュリティーは少し緩くなるため、注意しなければいけないことでしょう。とは言うものの、私が利用した宿泊施設には、最低限のセキュリティー設備として、アパートの玄関入り口付近にはしっかりとセキュリティー用のカメラが設置してありました。

メリット4-家族利用の場合は安い

家族4人でホテル宿泊を利用する場合は、それなりに宿泊費用が掛かります。Airbnbもホスト側の方針によっては、人数が増えれば増えた人数分の宿泊料金が加算される場合があります。

私が利用した宿泊施設は、4人までは追加費用なしの一律料金でした。そのため、家族4人で2DK(寝室2室)の利用で1泊10,000円程度で利用が出来ました。家族利用でなくても、複数の友人同士で利用すれば、一人当たりの宿泊料金が非常に安く利用できます。

メリット5-洗濯も出来る

Airbnbの宿泊施設やホストの方針により、洗濯ができる施設と出来ない施設がありますが、私が利用した宿泊施設は、一般的なアパートでしたので、ベランダに洗濯物を干すことができました。洗濯機までは用意されていなかったですが、お風呂を利用すれば十分洗濯ができるようになっていました。

メリット6-ホストとの交流が出来る

Airbnbのホストの方は、その土地の地元の方が部屋やアパートなどをレンタルルームとして貸し出している場合がほとんどですので、その土地のコンシェルジェとして、観光スポットやおススメのレストランなどを紹介していただけました。

その他にも、フレンドリーなホストだったため、旅行に関することをいろいろお話ができて、楽しかったです。私は宅配便で荷物を送りたかったため、相談したところ、近くの宅配便業者の支店まで車で連れて行ってもらえました。本当に親切なホストさんで感激しました。

メリット7-お得なクーポン制度がある

最後に、期間限定かもしれませんが、Airbnbに登録すると、予約時に割引となるクーポンをゲットすることができ、特に、初めて利用した時は、非常に安い宿泊料金でAirbnb宿泊施設を利用することができました。

Airbnbに登録するだけでクーポンを取得したい方はこちらへ。

Airbnbはホスト側とゲスト側とのマッチングにより宿泊施設である部屋やアパートなどを貸し借りするシステムですので、宿泊に関わるサービスも多種多様です。そのため、今回私が利用した宿泊施設のサービスが、全てのAirbnbの利用に当てはまるとは限りません。全く個人的な経験に基づいた意見や感想であることを付け加えておきます。

>>>Airbnb

関連記事:Airbnbにより台湾長期滞在の1ヶ月間の宿泊費用を調べてみた結果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする