台中への旅行で台湾鉄道(台鐵)の利用時は山線と海線に注意

台湾鉄道で台中を中心とした台湾中部地方へ観光などで旅行をする場合の乗車路線についてのレポートです。台湾を鉄道で観光される場合は、日本の新幹線に相当する台湾高速鉄道(高鐵)を利用する場合と日本統治時代からある台湾鉄道(台鐵)を利用する場合があります。今回は、台湾中部地方を台湾鉄道を利用して旅行する場合の路線についての注意点をご紹介します。

IMAG3467

台湾鉄道の中部地方には山線と海線があります

台湾鉄道は、北から南、西海岸と東海岸の台湾の全ての主要都市を結ぶ、非常に便利な移動手段です。そのため、私も隣の都市に行く時などはよく利用しています。何よりも台湾の田園風景を見ながらのんびり旅行気分を楽しむことが出来るのが台鐵の醍醐味と言えましょう。その台鐵ですが、台中への観光をする場合は、少し注意が必要です。

台鐵は、台湾一周を一本の線路で結ばれているような印象がありますが、苗栗縣、台中市、彰化縣だけは山線と海線の2本の路線があります。

山線の停車駅

竹南站、造橋站、豐富站、苗栗站、南勢站、銅鑼站、三義站、泰安站、后里站、豐原站 、潭子站、太原站、臺中站、大慶站、烏日站、新烏日站、成功站、彰化站

海線の停車駅

竹南站、談文站、大山站、後龍站、龍港站、白沙屯站、新埔站、通宵站、苑裡站、日南站、大甲站、台中港站、清水站、沙鹿站、龍井站、大肚站、追分站、彰化站

上記の停車駅を確認してもらえば分かる通り、台中駅に停車するのは山線の方です。海線に乗車する場合は、主に文字通り海岸線の都市に停車します。そして、山線も海線も北側では新竹の南にある竹南駅が分岐点となっており、南側では台中市の南に位置している彰化駅が分岐点となる駅となっています。

taiwanrailway

台中駅に行くには山線?海線?乗車路線を間違えた失敗談

私は台鐵には数え切れないくらい乗車しているのですが、過去に一回だけ、上記のような山線と海線の2つの路線があることを知らずに、とんでもないところに行ってしまった経験があります。台中駅に行きたかったのですが、海線の電車に乗車してしまい、かなりの時間をロスしてしまったことがありました。

そして、先日、またもややってしまいました。山線の自強号に乗車して台中駅へ向かう予定だったのですが、海線の莒光号に乗車してしまいました。途中で、間違って乗車してしまったかもしれないと気が付き、車掌さんに聞いてみると、案の定、自分が乗車する予定の電車ではないことを伝えられ、途中で下車して、反対方向へ向かう電車で引き返すことになってしまいました。

週末や休暇前の混雑時のダイヤの乱れには要注意

実は、普段はこのような間違いをすることはないのですが、台鐵の場合は、週末など電車の利用客が多い曜日の特に夕方以降は、頻繁に列車の発着時間が遅れ、路線ダイヤが乱れます。その時も、列車のダイヤが乱れまくって、連休前ということも関係してプラットホームは人でごった返していました。

プラットホームの掲示板が示す発車時間も正確な情報なのか分からないくらい混乱していたことと、座席指定を確保できずに「無座」切符となってしまったため、とにかく特急列車に乗ってしまおうという、浅はかな気持ちで電車に乗ったところ、台中駅には向かわない海線の列車に乗り込んでしまったというわけです。

間違えて海線に乗車した場合の対応方法

そして、車掌さんの案内で私が下車した駅が下の画像ですが、大甲媽祖で有名な大甲駅です。
IMAG3039

初めて下車した薄暗くひっそりと寂しい大甲駅のプラットホーム。
IMAG3041

そして、なんと私以外にも2人の台湾人の方が、私と同じように間違って海線の乗車してしまったようでした。彼らも台中駅に向かう予定だったみたいです。私たち3人が駅員の説明を受けている絵は、何とも間抜けな光景だなと、若干笑いがこみ上げてきました。

その後、20分程度電車を待ちをして、台中駅方向への各駅停車の電車に乗り換えることになりました。実は、私が間違えて乗車した列車は莒光号という特急列車だったため、北側の分岐点となっている駅まで行き、また山線の特急列車に乗り換えた方が速いのではないかなと思ったのですが、間違えて乗った電車に乗車しているときには、北側の分岐駅がどこなのか、今どの辺りを走っているのかも分からなかったため、そこまで頭が回らなかったこともあります。(沙鹿站に停車した時には間違えたことに気が付きました)苗栗駅あたりが分岐駅かなと思っていたのですが、大甲駅で下車して正解でした。

大甲駅からは成功駅経由の台中駅行きの終点・豊原駅行きの區間車(各駅停車)に乗り換えて1時間程度掛かりました。あ~疲れた!

このように、台中方面に旅行をする予定の方で、台湾鉄道を利用する場合は、間違いなく山線の列車に乗車しましょう。くれぐれも海線の列車には間違っても乗らないようにしましょう。特に、利用客が多い週末や休暇時期は、ほとんどの自強号や莒光号は予定時間通りには発着しませんので、間違えて乗車しやすいですので注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする