家族で台湾へ海外移住

日本人夫と台湾人妻が子供と一緒に家族で台湾へ海外移住をして台湾の現地情報をレポート

*

名古屋(中部セントレア)発着-台湾行きLCC(格安航空)直行便のまとめ

      2017/03/14

名古屋(セントレア中部国際空港)発着の台湾行きLCC直行便が2015年に続々と新規就航されましたが、翌年の2016年には早くも撤退する航空会社が出てきました。

また、新規就航の発表をしただけで、実際には未就航の航空会社もありました。そのため、改めて名古屋~台湾間のLCC就航予定のまとめをレポートします。

2016年末時点では、ジェットスター・ジャパンとタイガーエア台湾が中部国際空港発着の台湾線の就航を維持してます。台湾のLCC航空会社であったVエアは発着時刻もよく、便利で快適だったのですが、残念ながら2016年10月に撤退してしまいました。

airport

 

ジェットスター・ジャパンの中部~桃園間の発着時刻

航空会社ジェットスター・ジャパン
路線中部国際空港~桃園国際空港
運航水・金・日(中部発)
木・土・月(台北発)
発着時間
名古屋-台北
22:30発-01:05着
発着時間
台北-名古屋
01:55発-05:35着
機内手荷物(無料)56cm×36cm×23cm
2個まで
総重量7kg以内
受託手荷物(有料)15kg:2300円
20kg:2600円
25kg:3000円
30kg:3500円
35kg:4000円
40kg:4500円
ちゃっかりPlus(オプション)
(4,000円)
日時・氏名の変更手数料無料
286 JALのマイル
無料でスタンダード
シートの座席指定が可能
温かいお食事
20kg の受託手荷物

 

タイガーエア台湾の中部~桃園間の発着時刻

航空会社タイガーエア台湾
路線中部国際空港~桃園国際空港
運航火・水・金・日
発着時間
名古屋-台北
10:45発-13:20着
発着時間
台北-名古屋
06:15発-09:50着
機内手荷物(無料)56cm×36cm×23cm
2個まで
総重量10kg以内
受託手荷物(有料)15kg以下:2,800円
20kg以下:3,200円
25kg以下:3,900円
30kg以下:4,900円
35kg以下:6,000円
40kg以下:7,100円
50kg以下:9,350円
60kg以下:11,600円
70kg以下:13,810円
80kg以下:16,050円
ライト
機内持ち込み手荷物10kg未満
コンボ(オプション)
(1,500円)
機内持ち込み手荷物10kg未満
無料ミールチョイス
標準座席の事前指定が可能

 

Vエアの中部~桃園間の発着時刻(2016年10月撤退)

Vエアは、2016年10月以降は中部国際空港-桃園国際空港の就航から撤退すると発表されました。

 

エアアジア・ジャパンの中部~桃園間の発着時刻(未就航)

航空会社エアアジア・ジャパン
路線中部国際空港~桃園国際空港
運航毎日(週7日)
発着時間
名古屋-台北
2016年4月就航断念
(2016年夏頃就航予定)
発着時間
台北-名古屋
2016年4月就航断念
(2016年夏頃就航予定)

※LCCの場合の手荷物などに関する料金は、いずれの航空会社も手荷物には重量制限があり、各社が設定した重量を超過すると超過料金を請求されます。また、受託手荷物(チェックインカウンターで預ける荷物)は事前に予約すれば比較的安い料金設定となっています。当日、チェックインカウンターで荷物の重量超過があると、かなり高い追加料金を請求されますので注意しましょう。

 

ジェットスターの名古屋~台北便の便利な点と不便な点

名古屋-台北間のLCC直行便の発着時刻について、現時点では上記のような予定となっています。当初は毎日就航していましたが、搭乗率が低いためでしょうか、現在は週3便の就航になってしまっています。

まず、ジェットスターの名古屋発時刻は22:30発と夜間便となっていますので、仕事終わりにそのまま空港へ向かい弾丸旅行などが出来るため、そのような旅行を志向する方には使い勝手が良い便になります。そして、台湾発名古屋着便(桃園 → 中部)の方は、深夜01:55の出発の深夜便となっています。

深夜便の場合は、出発当日の夜まで観光を楽しむことが出来るという点では良いですが、搭乗して名古屋到着までの時間は体力的に厳しいですね。また、中部空港への到着時刻が05:35着のため、空港からの鉄道の始発時刻に乗り継ぐには問題がありません。

 

タイガーエア台湾の名古屋~台北便の便利な点と不便な点

タイガーエア台湾も当初は毎日就航だったのですが、こちらも利用者数の関係だとは思いますが、週4便となっています。名古屋 → 台北の出発時刻が、午前便ですので、利用者視点では最も理想的な出発時刻に設定されています。そのため、中部国際空港から桃園国際空港へのLCC便はタイガーエア台湾で決まりです。

一方、台北 → 名古屋の出発時刻は、早朝6時台の早朝便に設定されています。日本人にとっては台湾現地の早朝便はいろいろな面で利用しにくいですね。まず、朝6時前後の出発の場合はチェックインを4時台に済ませなければなりませんので、ホテルのチェックアウトや空港までのアクセスを考えると、利用しにくい発着時刻になります。

 

名古屋~台湾間のLCCを最も効率的に利用する方法を考えてみた

4月以降はエアアジアも名古屋から台湾へ向けて、あるいは台湾から名古屋へ向けて新規就航しますが、名古屋~台湾間のLCCを利用する場合、現時点で最も上手な利用方法を考えてみました。

私が台湾と名古屋間のLCCを利用するのであれば、台湾 → 名古屋はジェットスター(01:55発-05:35着)で深夜に台湾を出発する便を利用し、名古屋 → 台湾はタイガーエア台湾(10:45発-13:20着)の便を片道づつ利用したいです。

受託手荷物の料金を比較すると、例えば、重量20kgの場合で比較をすると、タイガーエアよりもジェットスターの少しだけ安くなっています。また、重量40kgの場合で比較すると、ジェットスターの方がかなり安くなりますので、受託手荷物が多い場合は、ジェットスター航空を利用する方が少しお得ですね。

上記のように、LCCの場合は片道毎のチケット購入が自由にできますので、発着時刻や目的に応じて、自分に合った選択ができるというのは、良い世の中になったものですね。今後とも名古屋発着の台北線が継続されることを祈るばかりです。

関連記事:LCCタイガーエア台湾(高雄→大阪)の初搭乗レポート
関連記事:日本~台湾間往復|LCCとフルサービスキャリアの航空運賃比較
格安航空: 海外格安航空券の最安値検索なら スカイチケット!

【知らなきゃ損】海外旅行前⇒カード付帯保険のメリットと節約術

台湾のホテルの【最低料金】《ポイント付与》の目安を確認してみる

 - 旅行観光

Comment

  1. tomo より:

    おっしゃる通り、片道づつ買えるのですから、
    別々の航空会社で買えば良いですね。

    実はエバーか中華で、東京ー台北 高雄ー大阪または
    東京ー台北ー大阪を買おうとしたのですが、単純往復より
    3万円ほど、高くなります。
    これなら、3万円で往復して、大阪は別の機会に行った方が
    良いと思いました。

    お身体、お大事にして下さいね。
    人生、長い道のりです。短期的視野では、いつか、息切れ
    してしまいます。私は、もう息切れしても、走るのを
    止めれば良いだけですが。

    順調にお仕事が進めば良いですね。

    • いいぞっ より:

      いつもコメントありがとうございます。
      LCCが新規参入したり、フルサービスキャリアも上手に利用すれば、比較的安いチケット(名古屋発着便でも)が購入できる場合がありますね。
      短期間の滞在や制限が掛けられますが・・・。

      私はまだアクセルを踏み込んでいない状態で、これから徐々に加速していこうという状況ですが、すでに息切れしてしまいそうです。(笑)
      南国の楽園(?)である台中でも、最近は朝夕と冷え込む日が多くなってきました。
      丁度、体調を崩しやすい時期になっています。
      11月中旬以降の台湾は南国だという幻想を持って台湾に旅行に来ると、大変な目に合います
      日本は更に寒くなるでしょうから、皆さんもお体をご自愛下さい。

  2. tomo より:

    CI の直売サイトですが、名古屋ー台北の往復が込み込みで、
    27000円の時が有りますよ。
    時期が合えば、これが一番お勧めです。

    ただ、1ヵ月以上前に予約しないとダメですね。
    おっしゃる通り、色々組み合わせが大事ですね。

    • いいぞっ より:

      コメントと情報ありがとうございます。
      無理にLCCを利用していで、LCCよりも少しくらい料金が高くてもフルサービスキャリアの方が良い場合もありますね。

      いつも疑問に思うのですが、私の場合は、一時帰国の際は桃園発名古屋着の往復予約が必要になるのですが、LCCでも同じことが当てはまるケースが多いのですが、名古屋発桃園着の往復と桃園発名古屋着の往復を比べると、名古屋発桃園着の方が料金が安いようです。この点では日本からの往復チケットの方がお得感がありますね。

  3. tomo より:

    トランスアジアの日本ー台湾往復は、安いときは込み込み
    19000円くらいで、売られています。
    7日以内ですが、それでも旅行としては、充分です。

    でも台湾発だと、往復込みこみでも10000元くらい、するようです。
    円安の影響でしょうか?
    日本円で、日本発着の方がお得感がありますね。

    • いいぞっ より:

      情報ありがとうございます。
      往復で2万円弱はLCC並みですね。
      復興航空のLCC航空のVエアが名古屋~台北便が12月から就航します。
      Vエアも、ようやくチケットが発売開始されました。
      早速、名古屋→台北便を予約してみました。
      片道諸費用込みで1万円強でした。
      予約手続きなども含めて詳しくは別記事にしたいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

台中・大甲渓のローカル観光スポット10選|政府公認の十大景點

台中を流れる大甲渓という河川流域一帯のローカル観光スポットについて、台湾現地から …

台湾の9月の気温と服装|シルバーウィークがおススメな理由と注意点

台湾に観光旅行に来られる場合、シルバーウィーク(SW)が1年の内で最適だと思いま …

宝覚寺とその歴史|金色大仏で有名な日本との縁の寺院

台中市の観光スポットでもある宝覚寺を訪問して寺院内の全てを拝観してきましたので、 …

台湾新幹線(高鐡)の早割チケットの払い戻しと払戻手数料

澎湖(ポンフー)の天気(気温/降水量/湿度)と気候|人気の離島をCheck

台湾の澎湖(ポンフー)という島の天気と気候を台湾現地からレポートします。澎湖は、 …

台湾~日本間のLCCを最も安く上手に利用する方法|旅行スタイルの提言

台湾と日本間の飛行機での移動でLCCを利用する場合の最も安く、しかも有効な利用方 …

no image
2005年に台湾国内を観光した時の回想録|台北・太魯閣・花蓮・高雄

no image
関西空港離発着LCCを利用する場合の関西空港~名古屋間の交通手段

関西国際空港(KIX)から名古屋方面への移動で、高速バスを利用する方法と電車を利 …

海外旅行でおススメの街歩きバッグの種類と選び方のポイント

海外旅行で街歩きをする時にお勧めの持ち歩きバッグの種類と選び方について、それぞれ …

台湾の12月と1月(冬休み)の天気と気候|旅行の服装をCheck

日本の冬休みの期間中に台湾へ旅行をしようとしている方も多くいるのではないでしょう …