台湾でチャーハンを食べ比べてみた!あなたは、どの炒飯が好き?

台湾でチャーハンを食べ比べてみましたので、台湾でのチャーハン事情とチャーハンを専門に扱っている食堂をあわせて、台湾現地から紹介します。

台湾は食の宝庫と呼ばれることがありますが、中華料理のど真ん中の料理と言ってもよいのがチャーハン。

台湾ではチャーハンは【炒飯】と表記して、中国語のピンイン発音は「Chǎofàn」となります。

ココに注目

  1. 台湾ではチャーハンは、どんな存在なのかな?
  2. 台湾ではチャーハンは、どこで食べられるのかな?
  3. 台湾では、どんな種類のチャーハンがあるのかな?
  4. 台湾でのチャーハンの値段は安いのかな?

上記のような疑問を持たれた方もいることでしょう。

そこで、台湾で数え切れないくらいチャーハンを食べてきた私が台湾のチャーハンについて画像とあわせて詳しく紹介します。

台湾でのチャーハンのポジションは?

台湾ではチャーハンは、どんなポジションなのだろうか?

台湾でのチャーハン事情を私の経験に基づいた事例とともにご紹介します。

少し話がズレますが、外国人から日本人の食習慣を想像すると、日本人は、毎日、寿司ばかり食べている。そんな勘違いをしている外国人が多くいたりします。

それもそのはず、外国から見ると、日本食の代表格と言えば、寿司になります。しかも、世界で寿司文化が急激に拡大している現代では、そのように海外から見られてもおかしくないですね。

実際には、日本人がお寿司を食べるのは、極限られたシーンだけだと言うことを、知っている外国人は少数派でしょう。

それでは、日本人の皆さまから見て、台湾でのチャーハンはどのような存在だと思いますか?

台湾と言えば、中華料理で中華料理でお米を使う料理の代表格と言えば、チャーハンになりますね。

そうであれば、台湾人は、毎日、チャーハンを食べているのかな? そんな風に考えてもおかしくないですね。

実際には、台湾人は、毎日、チャーハンを食べていないのが実状です。

それでは、台湾でのチャーハンはどんな存在なのか…?

私が知る限りでは、ちょっと昼ごはんを何か買ってきて…何でもいいから、と言って、買ってくる食べ物は、だいたい下記のようなものになります。

  • お弁当(白飯、肉or魚、野菜3品)
  • 炒麺(台湾式焼きそば)
  • 炒飯(チャーハン)

台湾でテイクアウトのランチと言えば、7割~8割くらいは弁当になりますが、残りの2割~3割くらいの確率で、炒麺か炒飯になります。

実際の事例で台湾でのチャーハンのポジションを示すと上記のような感じを受けます。もちろん、チャーハン命の台湾人も中にはいますので、毎日毎食、チャーハンの人もいるでしょう。

台湾でチャーハンが食べられる場所

台湾では、どこでチャーハンを食べられるのだろうか?

実際に、私がチャーハンを食べたことがある事例を紹介しましょう。

  • 小吃店(食堂)
  • レストラン
  • コンビニ
  • 大型ショッピングセンター内の惣菜コーナー
  • 伝統市場の出店
  • 夜市

つまり、台湾では、どこでもチャーハンを食べられます。

それでは、どこで食べるチャーハンが一番美味しいのだろうか?

たぶん、最もコストが掛かっているチャーハンはレストランで作られるチャーハンだと思います。

例えば、年末年始の宴会などをレストランでしたりする場合、多くの場合はチャーハンが出されます。

ところが、このチャーハンが美味しいと感じたことがあまりないのです。その理由は、他の料理が豪華すぎて、チャーハンが目劣りしてしまうのと、お腹一杯になってからチャーハンが出されたりするため。

ところが、お腹を空かせて、小吃店に飛び込んだりした場合に食べたチャーハンは最高に旨いのですよ!

とは言っても、お店によっては、油まみれの米粒のチャーハンを出されたりしますので、その後は胸焼けで気分が悪くなります…トホホッ。

つまり、チャーハンはどこで食べたら美味しいのかというよりも、美味しいチャーハンを提供してくれる店を探すことが重要で、見つけた時はお宝発見となり、お気に入りのお店になります。

台湾で食べられるチャーハンの種類

台湾では、どのようなチャーハンの種類があるのかな?

私が今まで食べたことがあるチャーハンの種類を挙げてみましょう。

  • 卵チャーハン
  • 豚肉チャーハン
  • 鶏肉チャーハン
  • 香腸チャーハン
  • ハムチャーハン
  • ベーコンチャーハン
  • えびチャーハン
  • かにチャーハン
  • 上記のミックスチャーハン

台湾の小吃店ではチャーハンはネギとトウモロコシに調味料で味を付けているだけの超シンプルなものが主流です。

たったこれだけの具材でも出来立てアツアツのチャーハンは、この上なく美味しいのです。

台湾のチャーハンの具体例を紹介

香腸蛋炒飯(香腸たまごチャーハン)

肉絲蛋炒飯(豚肉たまごチャーハン)

蝦仁蛋炒飯(エビたまごチャーハン)

皆さまも、台湾では出来合いの作り置きをしてあるチャーハンではなく、出来立てのアツアツのチャーハンを食べてみてください。きっと、チャーハンのファンになってしまうと思いますよ。

台湾ではチャーハンは安いのか?

ズバリ! 一言で言ってしまいますと、台湾のチャーハンは安い!

例えば、上の画像のチャーハンの値段を紹介します。

台湾のチャーハンの値段

  • 香腸蛋炒飯(香腸たまごチャーハン): 55元/皿
  • 肉絲蛋炒飯(豚肉たまごチャーハン): 55元/皿
  • 蝦仁蛋炒飯(エビたまごチャーハン): 65元/皿

関連記事:初めての台湾旅行で絶対食べたいローカルB級グルメ20選

関連k時:台湾のグルメの値段を徹底調査(日本語訳付) ローカル屋台は安い

関連記事:台湾の外食費はいくら?レストランや食堂の種類別値段相場

関連記事:台湾グルメのカロリーを徹底調査 → 台湾で爆食いは危険!?

台湾旅行前に必読>>>台湾旅行を100倍楽しくする記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする