<海外移住前の役所への届出・手続き

海外移住前の役所への届出・手続き

海外転出届の方法と住民票

海外転出届の方法

海外転出届は住民登録窓口にパスポートを持参し異動届に記入するだけです。

海外転出届の時期

転出届は出国予定の2週間前から届け出の受付が可能です。

海外転出届での注意点

届出をすると住民登録がなくなり、住民票が取得できなくなります。

海外転出届をするとどうなるか?

海外転出届と国民年金

国民年金の強制加入義務がなくなります。

(国民年金の任意加入はできます)

海外転出届と国民健康保険

国民健康保険の加入は抹消されます。

(国内での病気・ケガは全額自己負担です)

海外転出届と住民税の支払い

年末までに届出すると、前年度収入に課税される翌年の住民税の支払いは免除されます

海外転出届をしないとどうなるか?(日本では所得ゼロの場合)

日本では所得がゼロ、つまり無課税所得者の場合を想定してみましょう。

この場合、国民年金、国民健康保険、住民税の3つの負担を考慮して、海外転出届を出して、住民票を抜くのかどうかを検討します。

結論から言えば、無課税所得の人は、住民票を日本に残しておいても、社会保障費や税金に関する負担は、国民健康保険料のみになります。

海外転出届と国民年金

国民年金は強制加入義務があります。

ところが、所得ゼロ(無課税所得)の場合、国民年金の減免制度により全額免除!?

海外転出届と国民健康保険

国民健康保険は加入義務があります。

ところが、所得ゼロ(無課税所得)の場合、国民健保の減免制度により負担は軽くなる!?

海外で病気になった場合でも、日本の国民健康保険により、一定基準までの医療費は保険の適用を受けられます。

海外転出届と住民税の納税義務

住民税は1月1日に住民票がある自治体に支払う義務があります。

ところが、所得ゼロ(無課税所得)の場合、住民税の負担額はゼロ!?

戸籍をどこに置くか?(戸籍謄本の転籍)

海外移住をしても、戸籍謄本が必要になる時があります。(ビザ取得時や変更時など)

日本国内に両親などの親族がいて、少しは協力してもらえるのであれば、戸籍を両親の住んでいる市町村に自分の戸籍を転籍しておいたほうがよいでしょう。

それは、海外居住中に戸籍謄本が必要な時、出来るだけストレスなくスムーズに時間をかけずに戸籍謄本を取得したいからです。

例えば、北海道=両親在住、沖縄県=自分の戸籍の場合、最悪、北海道⇔沖縄県の往復移動が必要になってしまうかもしれません。

ただし、郵送での申請・発行という方法もあります。が、手数料の支払いが複雑になったり、役所とのやり取りで時間が掛かってしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする