台湾ではインターネット規制はある?【結論】アクセス拒否で困った!

海外で暮らしていてインターネット環境は必要不可欠ですが、台湾ではインターネット規制はあるのかどうか、問題なくインターネットが利用できるのかどうか、について台湾現地からレポートします。

ご存知のように、中国では言論の自由が認められていないなど事情があり、インターネット規制が厳しく、旅行をするにも、現地に滞在するにも、インターネットの利用でストレスまみれになるというのはよく聞く話です。

ココに注目

  1. 台湾ではインターネット規制はあるのか?
  2. 台湾でインターネットはどこでも快適に使えるのか?
  3. 台湾でインターネットを利用するにあたり問題はないの?
  4. 台湾でのインターネットでアクセスできないサイトはある?

台湾旅行や台湾滞在を考えている方の中には、上記のような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか?

そこで、以下では、台湾在住の私が現地での日常生活で経験したインターネットの規制や利用に関する問題を中心に詳しく紹介します。

台湾でのインターネット規制

台湾ではインターネット規制があるのか?

結論から言えば、日常生活ではインターネット規制を感じることは全くありません。

そのため、基本的には、台湾からどのサイトに繋いでも、ほぼ全てのサイトを見ることができます。

もちろん、Youtubeなどの動画サイトも問題なく見られます。

ここまでは中国との対比で、台湾政府がインターネット規制をしているかどうかの話をしてきました。

台湾現地での更に詳しいインターネットに関する事情は下記記事をご覧ください。

≫≫ 台湾のインターネット・Wifi事情

このように、台湾ではインターネットについては快適な環境ですが、国内外の全てのサイトを見ることができるのかというと、そういうわけでもありません。

海外アクセスポイントからの規制

実は、台湾からはインターネットが繋がらないサイトがあります。

インターネットの接続は全てIPアドレスにより、どこからどこへアクセスされているのかが記録されます。

そして、IPアドレスには国別に番号が決められていますので、どの国からどの国へアクセスがされているのかも記録されます。

そのため、国内のサイトにはアクセスができても、国外へのサイトにはアクセスができないということもよくあります。

  • 日本→日本
  • 日本→台湾
  • 台湾→台湾
  • 台湾→日本

日本と台湾でのインターネットの利用を考えると、上記の4つのパターンが考えられます。

一般的に、日本国内のみ、あるいは台湾国内のみでのインターネットの利用で、アクセスができないということはないはず。

ところが、日本→台湾、台湾→日本の国を跨いだインターネット利用の場合は、国外へのアクセスになります。

日本も台湾もインターネット規制はしていないため、アクセスポイントの発信国側には規制がないと考えられますね。

それでも、台湾から日本のサイトにアクセスをすると、アクセス拒否をされて、下記の画像のように、画面が表示されず、サービスが受けられないことがあります。

これは、アクセスの受信国側が海外アクセスポイントからのアクセスを禁止しているからです。

具体的には、それぞれの国からインターネットの流れを見ると、下記のようになります。

  • 日本 → 台湾
  • 台湾 → 日本

上記の例では、太字となっているアクセス受信側の国の個別サイトが海外からのアクセスを禁止していると、アクセス拒否をされて、サイトを見ることができません。

例えば、現在、私は台湾に在住ですので、台湾から日本のサイトに繋いだ場合には、ほとんどのサイトを見ることができますが…。

一部の日本のサイトは、(おそらく)全ての国外からのアクセスを禁止する設定にしてあるため、アクセス拒否でサイトを訪問することができないことが偶にあります。

台湾でアクセス拒否で困ったこと

以下では、台湾から日本へのアクセスで繋がらなくて困ったことを自分の経験をもとに紹介します。

クレジットカードの決済

一部のクレジットカード会社のサイトは日本国外からアクセスができないように、海外からのアクセスを禁止している設定になっているようです。

例えば、海外キャッシングをして、早期返済をする場合、日本国外からはクレジットカード会社のサイトにアクセスができないことがあります。

メールの送受信

台湾から日本へメールを送信した際に、相手からの返事をいくら待っても、全く連絡いただけなかったことがありました。

そして、別の方法で連絡を取ってみたところ、メールは届いていないことを知らされ、原因を考えてみたところ、海外アクセスポイントからのメールは受信されない設定になっているようでした。

動画サイトを利用する

Gyaoなどの動画サイトをはじめて視聴しようとした時に、上の画像のように「問題が発生したため映像を再生できませんでした。」「国外からはアクセスできません。」という表示を見た方もいるのではないでしょうか。

一部の動画提供サイトでも、海外アクセスポイントからのアクセスを禁止しているため、動画サービスを受けることができません。

ラジコでラジオを聴く

海外からでもインターネットを通して、ラジオを聞くことができますね。プロ野球の実況中継などを海外でもラジオで楽しむことができます。

ところが、ラジコなどでは一部のローカルラジオは無料では海外から聴くことができない設定になっています。

上記のようなインターネットのアクセス拒否を受けると、かなり困ることもありますね。

※上記のアクセス拒否に対する解決策は、この記事の最後にあるリンクをご確認ください。

台湾から日本の銀行へのアクセス

以下の大手都市銀行と主要なネットバンクについて、台湾のIPアドレスからアクセスが可能かどうか確認してみました。

  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ソニー銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • じぶん銀行
  • 大和ネクスト銀行

その結果、上記の全ての銀行のHPにアクセスができることが分かりました。(2018年時点)

海外から銀行のホームページにアクセスは可能ですが、入出金などの手続きが可能かどうかは、それぞれの銀行により異なります。

例えば、トークンなどの利用ができるかどうかは、時差の有無などによって、利用ができない場合もあるかもしれません。

台湾からクレジットカード会社HPへのアクセス

台湾から日本のクレジットカード会社のサイトにアクセスができるかどうか、主要なカード会社のサイトと私がよく利用しているサイトで確認してみました。

台湾からアクセス可能なクレジットカード会社

以下のクレジットカード会社のサイトへは台湾(台湾のIPアドレス)からでも、問題なくアクセスができました。

  • 楽天カード
  • エポスカード
  • マスターカード
  • JCBカード
  • 三井住友VISAカード
  • JALカード
  • YJカード

台湾からアクセスできないクレジットカード会社

台湾からはアクセスできないサイトがあり、海外からのアクセス禁止の設定になっており、「このサイトにアクセスできません」という表示がされます。

逆に考えると、このようなクレジットカード会社はセキュリティ対策をかなり厳重にしているとも考えられますね。

以下では、クレジットカード会社のサイトを訪問して、アクセスを拒否されたサイトを挙げてみます。

  • セディナカード

台湾でセディナカードで使ってキャッシングをする方法は、下記記事をご覧ください。

≫≫ セディナカードは海外キャッシングに便利で海外在住や長期旅行に必携

インターネットのアクセス拒否に対する解決策は、下記記事をご覧ください。

≫≫ VPNで海外からは利用できないネット動画・TVを視聴する方法

まとめ

以上、台湾でのインターネット規制とネット上のアクセス拒否に関する、台湾現地の事情を詳しく解説しました。

台湾旅行ではインターネット規制に関して困ることはほとんどないと思いますが、長期の台湾滞在の場合は、一部の日本国内サイトの利用やネット手続きなどで困ることがあるかもしれません。

日本国内サービスを利用する際にアクセス拒否をされた場合は、IPアドレスを日本国内仕様に変更することで問題が解決できます。

具体的な手順については、上記のリンク先で紹介していますので、ご覧ください。

最後に、この記事のまとめとして、台湾でのインターネット規制とアクセス拒否についてのポイントを挙げておきます。

この記事のポイント

  1. 台湾では政府によるインターネット規制はない
  2. 台湾から日本国内サイトへ繋げると、一部、アクセス拒否がある
  3. 具体的には動画や金融などの国内向けサービスではアクセス拒否がある
  4. 解決方法の一つはIPアドレスを日本国内のものに変更すること

台湾旅行前に必読>>>台湾旅行を100倍楽しくする記事まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする