中華航空の機内で日本人の3人の男が飲酒&喫煙→引き返す騒動が話題

日本ではニュースになっていない日本に関する台湾の話題を台湾現地からレポートします。

日本籍の日本人の3人の男が桃園発バンコク行きの中華航空(CI835)の機内で酒を飲みタバコを吸って迷惑行為をして騒動を起こした。

その後、客室乗務員の指示に従わなかったため、機長が航空の安全を考慮して、澎湖諸島南西付近で桃園国際空港まで引き返すことになったという事件が発生したと、台湾のテレビおよび新聞各紙が報道しています。

(出典:自由時報

日本人3人による中華航空の機内での迷惑行為の全貌

(出典:自由時報

この騒動が起きたのは、2017年12月9日午後1時56分にバンコクへ向けて離陸した飛行機内で、お酒を飲んで酔っ払い、機内でタバコに火をつけようとして、客室乗務員の制止に対して聞き入れようとせず、トイレでタバコを吸ったため、機長が飛行の安全確保のため桃園国際空港まで引き返すことになりました。

引き返した航空機は予定通り14時頃の出発したものの、一旦、桃園空港に引き返した。その後、再び午後18時に飛び立ち、バンコク到着には実に4時間半の遅れが発生し、260名の乗客に影響が出たとのことです。

そして、機内で騒動を起こした3人の日本人の男は桃園国際空港へ引き返した後、機内から強制的に降ろされ、航空警察局の取調べを受けたとのこと。

この中華航空は福岡発の桃園経由でバンコクへ向かう予定の航空便でした。彼ら日本人は福岡から桃園までの機内で既にお酒を飲み酔っ払っており、桃園空港での乗り継ぎ時に、免税店でお酒を購入していたとのこと。

機内で泥酔する男の状況を確認した客室乗務員マネージャーは、お酒を一旦預かることにしたのだが、男たちは事前に購入していた他の酒を持ち出して飲酒し、大声を上げて騒いだりしたとのこと。

お酒は客室乗務員により強制的にバンコク到着まで預けられることになったのだが…。

3人の男の内、泥酔した1人の男が公然とタバコを吸い始めたため、客室乗務員に制止されると大声を出して口論になり、機内トイレ内へ行きタバコを吸い始めた。客室乗務員マネージャーが機長に報告をすると、航空の安全を確保するため、桃園空港に一旦引き返すことになった。

桃園国際空港に引き返し到着した時刻は既に午後4時30分だった。3人のうち、1人の男の名前は「薩摩」と報道されています。

(出典:蘋果日報

台湾での機内での乗客の迷惑行為の対応

このような機内での迷惑行為に対して、台湾では下記のようなルールが運用され、処罰の対応がとられるとされています。

航空器飛航作業管理規則第五十条規定

  1. 飛行機内で喫煙をした場合は機長は航警局に連絡をする
  2. 航警局は民用航空法によって対応する

民用航空法第119条2条

  • 飛行機内のトイレ外で喫煙をした者、お酒や薬物などの影響による迷惑行為をした者は1万元以上5万以下の罰金。
  • 飛行機内のトイレ内で喫煙した者は3万元以上15万元以下の罰金。

海外での迷惑行為は全国民の恥になるよ

それにしても、この飛行機に乗り合わせた260名の他の乗客にとっては迷惑極まりない行為です。

このようなことを引き起こし、乗客は4時間も遅れて桃園国際空港を再離陸し、到着も4時間半程度遅れることになりました。

機内での騒ぎ、航空機の引き返しによる時間のロス、また機内食などの提供も変わってくることでしょう。

そして何よりも乗り合わせた乗客の機内からしたら、ゆっくりとした空の旅も、楽しい空の旅も奪われて、最悪の気分での旅行となってしまったことでしょう。

この日本人の男たちは、オッサン3人で何をするためにタイのバンコクに向うところだったのでしょうか…?

(出典:蘋果日報

日本で飛行機に搭乗した直後から、バンコクでのお楽しみにテンションが上がり、お酒が入り、イキってしまったのでしょうか?

同じ日本人として、このような恥ずかしい行為を国外でされるのは非常に迷惑です。

旅中の恥はかき捨てではなく、一生、残り続けるものだということを肝に銘じてもらいたいものです。

《追加情報》
彼ら3人の日本人は、トラブルを起こした日の翌朝、再びタイに向けて出発し、関係者に謝罪もしなかった、と報道されています。

《追加情報 2017年12月15日》
中華航空は15日、下記の内容を発表したと報道されています。

  1. 3人の行為は飛行の安全に影響を与えた
  2. その他の乗り合わせた乗客の予定を狂わせた
  3. 中華航空に対しても損失をもたらした
  4. 騒ぎを起こした日本人3人を搭乗拒否の対象となる「ブラックリスト」へ
  5. 日本人3人へ法的措置をとり損害賠償請求をすることを決定した(請求金額は試算中)
  6. 損害賠償請求額は空港への引き返しに掛かった燃油代や運航ダイヤの調整コストなどを基に計算される

現地台湾のTVニュース報道の動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 疾風 より:

    台湾のニュースで見ました。未だにこういう馬鹿がいるんですね。
    処刑したほうがいいです。だいたい酒持ち込んで飲む馬鹿いないでしょう。更にタバコを吸うとは。台湾にはもう入国禁止ですね。

    • いいぞっ より:

      中華航空のブラックリストには入るでしょうね。
      今回は台湾には入国しておらず、乗り換えで桃園空港を利用しただけですので、どうなるんでしょうか?
      機内で飲酒まではOKでも、騒いで他人に迷惑かけたり、機内で喫煙は完全にNGですね。
      いずれにしても、海外でのマナーには気をつけたいものです。

  2. 通りすがり より:

    これ逮捕されないの? 無罪放免?

    • いいぞっ より:

      報道によると、罰金刑だけのようですね。
      しかも、罰金は1万元(38,000円)~5万元(192,000円)だけ。
      飲酒&大騒ぎ(最大5万元)+機内で喫煙(最大5万元)+機内のトイレ内で喫煙(最大15万元)の最大で合計25万元(100万円弱)の罰金が課せられる可能性があると報じられています。
      もし私がこの飛行機に乗っていたら…、遅延した「4時間×260人分」の同乗した他の乗客の補償もしてもらいたいものです。
      引き返しの往復の燃料代、機長・客室添乗員などの残業代、機内食の追加分、航空機の空港使用料の追加分、…損害賠償は請求されるのでしょうかね。

  3. 香香 より:

    このニュース台灣では報道されていますが、なぜ日本で報道されていないのでしょうか??
    それにしても恥さらしですねー!
    飛行機でどんだけ飲んでたんだって感じです!

    • いいぞっ より:

      コメントありがとうございます。
      台湾ではテレビや新聞の報道で話題になっていましたね。
      それにしても、台湾では事件が起きたら、顔出しでテレビで報道されたり、新聞に掲載されてしまいますから怖いですね。

      なんと、日本語では当サイトが一番最初に情報発信しました。
      13:29 当サイトが配信
      13:52 共同通信が配信
      14:07 毎日新聞が配信
      15:53 中央社 が配信
      21:38 ヤフーニュースが配信
      こんな流れでした。
      日曜日だったため(?)、報道各社の対応も遅れたのでしょうか…?

  4. より:

    たぶんコイツらバンコクへの売?旅行の予定で、テンションが異常に上がってたんだろうなあと思った

    2カ国で顔出しされ、罰金で遊ぶ金も飛んだろうし、もはや逆に同情すらしてしまうレベル

    • いいぞっ より:

      旅行の目的は分かりませんが、旅行の道中でかなりテンションが上がり、機内でバカ騒ぎして、乗り合わせた乗客に迷惑を掛けたことは確かでしょうね。
      罰金だけで済むとは思えませんが、かなり「残念な」人たちです。

  5. 匿名 より:

    薩摩という名字は珍しくて、多いところでも一つの県に30人位でした。
    九州では、多いのは福岡、長崎、熊本で他の県はほとんどいないみたいです。山口も多い方だったので、山口の可能性もありますが。
    可能性として考えられるのは、犯人はこの四県の中の人間じゃないのかと。断定はできませんが。

    • いいぞっ より:

      「薩摩」という名前(姓)を聞いたのは初めてです。
      この容疑者は福岡から搭乗していますので、九州出身なのでしょうかね。

  6. 通りすがり より:

    請求金額や実名が判明したら、是非また記事にしてください