台湾での空港宅配便の利用ガイド|空港別に異なる利用方法

台湾での空港宅配便の利用方法について、簡単にまとめてみましたのでレポートします。日本ではよく利用されている空港宅配便ですが、台湾でも空港宅配便が利用できます。空港宅配便を利用すれば、空港までの移動や空港からの移動が手ぶらで行動できるため非常に便利です。

特に、台湾の暑い季節に重くて大きな荷物を持ち歩くのは体力的にも精神的にも疲れますからね。ましてや、家族などで旅行をする時には、子供の世話もしながらとなると非常に疲れます。そのような場合は、最も大きな荷物だけでも空港宅配便を利用すれば、移動中でも楽しい旅行が出来ますよ。

imag1166

空港宅配便とはどのようなサービスか?

まず、空港宅配便とは、どのようなものでしょうか?
海外旅行への出発時の荷物を自宅から空港まで配達してもらうサービスと帰国の際も空港から自宅まで届けてもらうサービスのことです。

日本では、出発時の自宅から空港までの空港宅配便サービスには、400円~600円程度の空港手数料が必要になる場合が多く、私がよく利用する20kgサイズの荷物で名古屋から大阪までの場合、配送料金は合計で2,000円強/個になります。

台湾での空港宅配便を3大空港別にまとめた結果

それでは、台湾で空港宅配便を利用する場合は、どのようになるでしょうか?

台湾では空港毎に宅配便業者が異なり、それぞれの空港で利用できる宅配便会社が指定されているようです。今回は、国際空港として利用頻度が高い、桃園国際空港、松山国際空港、高雄国際空港の3つの空港を対象に、台湾での空港宅配便の利用方法を考えてみます。

空港桃園松山高雄
宅配便会社宅配通黒猫(ヤマト)鳳凰(PINOY)
空港→自宅利用可利用可利用可
 利用料金
(20kg/個)
(サイズ)
200元(120)
240元(150)
210元(120)
250元(150)
300元(120)
350元(150)
自宅→空港利用可不明利用不可
預かりサービス320-720元/日不明50-300元/日

※上記は台湾本島内の一例(上記の配送料は変更になっている場合があります)

まず、桃園国際空港では、日本とほぼ同様のサービスを利用できるようです。つまり、空港から自宅(ホテル)、自宅(ホテル)から空港までの両サービスを利用できるようになっています。

松山国際空港では、空港から自宅の宅配サービスは提供しているようですが、自宅から空港までの空港宅配サービスが提供されているかどうかが不明です。依頼すれば、荷物は空港の宅配会社支店で預かってくれるとは思いますが、保管費用が掛かりそうですね。

そして、高雄国際空港の場合も、空港から自宅までの宅配サービスは提供されていますが、自宅から空港までの空港宅配便は提供されていないようです。

高雄国際空港での自宅→空港の空港宅配便サービスの利用方法

今回、高雄から日本に一時帰国するため、自宅から空港までの空港宅配便を利用しようと思っていたのですが、日本で利用するサービスと同様のサービスは扱っていないようですので、高雄国際空港内でサービスを提供している鳳凰(PINOY)に問い合わせてみると、下記のような事情が分かりました。

  1. 日本と同様の自宅から空港までの配送及び出国までの保管までの一貫したサービスの提供はしていない
  2. 空港内の鳳凰(PINOY)という業者は荷物の保管サービスは受け付けている
  3. そのため、空港内の鳳凰(PINOY)の受付まで荷物を配送する手配を自分でする必要がある
  4. そして、上記のプロセスで鳳凰(PINOY)の保管サービスを受けるためには事前に鳳凰(PINOY)にその旨(依頼人・荷物の個数など)を知らせる必要がある

つまり、自宅から空港までの荷物の配送を自分で手配して、空港内の荷物保管業者に荷物の保管を依頼をすれば、保管費用を支払うことで、何とか空港宅配便を利用できるようです。

自宅から空港までのサービスは、日本では少なくても出発前日までに荷物を空港の所定の場所へ届くように手配すれば数日間は荷物を預かってくれ、保管期間の預かり料金は加算されません。

ところが、台湾では保管期間による預かり料金を支払う必要がありそうです。台湾での自宅(ホテル)→空港までの空港宅配便サービスは、日本とは少し異なる方法で利用が可能なようです。

実際に今まで利用した台湾の空港宅配便のレビュー

それでは、私が今までに実際に利用した台湾での空港宅配便について、レビューしておきましょう。
高雄国際空港から自宅までの空港宅配便

私が今まで台湾で利用した空港宅配便は、いずれも空港から自宅までの配送で利用しました。この場合は、空港内の宅配便受付カウンターに行き、荷物のサイズや重量を測ってもらい、送り状に必要事項を記入して料金を支払うだけです。

日本 → 台湾の航空便を利用時には、ほとんど毎回、空港宅配便を利用していますが、遅配や破損などのトラブルなどはなく、問題なくサービスを利用できています。

桃園国際空港では郵局と宅配通を利用しています。運賃は郵局の方が圧倒的に安いですので、郵局をよく使っています。ところが、郵局は土日は営業していませんし、営業時間も制限されています。そのため、郵局が利用できない時に宅配通を使います。特に注意したいのは、土日到着時や深夜あるいは早朝到着時には営業時間外のため利用できないこと。

台湾での空港宅配便は比較的安く利用できる上に、通常であれば、翌日には荷物を配達してもらえます。また、配達時間指定などのサービスも利用できるようです。このようなサービスは何かとトラブルがつきものですが、少しでも自由に時間を利用するために台湾でも空港宅配便を利用することを考えてみてはいかがでしょうか。

《追加情報》

自宅から高雄国際空港までの空港宅配便|○黒猫&×宅配通

実際に宅配業者に空港までの配送を依頼する場合、台湾の大手宅配便では下記のような業者があります。

・中華郵局(郵便局)
・黒猫(クロネコ)
・宅配通(ペリカンのマーク)

まず、宅配通に集荷依頼の連絡をしたのですが、断られました。実際には、その業者も以前は空港までの宅配を請け負っていたらしいのですが、何らかのトラブルが発生して以降、自宅→空港の空港宅配便は受け付けなくなったとのことです。

次に、郵局に集荷依頼をしようとしたのですが、依頼日が土曜日だったため、土日は集荷をしていない(らしい)ので、郵局への依頼も諦めました。

最後に、黒猫に集荷依頼をすると、快く受けてくれました。しかも、配達日時の指定も出来ました。空港側の荷物保管業者(PINOY)は日当たりで課金されますので、少し危険かと思ったのですが、出国日当日の午前中必着で依頼してみました。(搭乗時間は夕方のため間に合うだろうと・・・)そして、黒猫宅配便料金は、台湾本島内の料金設定で、120サイズ1箱、200元でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする