台湾のレシート(統一発票)宝くじ(換金方法・場所,金額,確認方法)

台湾で買い物をした際に受け取るレシートに関する宝くじについてのレポートです。

台湾でショッピングをした時にレシートを貰うと、そのレシートには8桁の数字が記載されています。この数字が宝くじの番号となっています。

統一発票

8桁の番号の上には、レシートの発行月も記載されており、2ヶ月ごとに台湾のレシートくじの当選発表があるため、2ヶ月の月数が記載されています。

以下では、台湾で受け取ったレシートくじについて、下記のポイントに絞って詳しく紹介します。

ここに注目

  • レシートくじの当選金額はいくら?
  • レシートくじの確認方法はどうするの?
  • レシートくじの換金場所はどこ?
  • レシートくじの換金方法はどうするの?
  • レシートくじには税金が掛かるの?

 

スポンサーリンク

レシートくじの当選金額

それでは、改めてレシートくじについて簡単に説明します。

レシートには8桁の数字が印字されています。この番号が実は2カ月に一回行われるレシートくじの番号になります。

当選金額の最高金額は、特別賞の1,000万元(約3,500万円)です。

  • 特別賞:1,000万元(8桁)
  • 特賞:200万元(8桁)
  • 1等:20万元(8桁)
  • 2等:4万元(下7桁)
  • 3等:1万元(下6桁)
  • 4等:4,000元(下5桁)
  • 5等:1,000元(下4桁)
  • 6等:200元(下3桁)

その他にも、毎回6等は追加で当選番号を増番していますので、6等だけは比較的当たりやすくなっています。

レシートくじの当選金額には下記の通り税金が掛かります。

  • 4等以上の当選金額:20%の所得税
  • 5等以上の当選金額:0.4%の印税
  • 6等以下の当選金額:無税

 

当選したレシートくじの換金場所

当選したレシートくじはどこで換金することができるのでしょうか?

当選したくじの金額によって銀行やコンビニなどで換金できます。

以下のように、5等と6等の場合はコンビニで換金できますが、4等以上の当選くじの場合は一部の銀行や金融機関になります。

全ての当選くじ

  • 第一銀行
  • 彰化銀行
  • 全國農業金庫
  • 金門信用合作社
  • 連江縣農會信用部

2等以下の当選くじ

  • 信用合作社
  • 農會・漁會信用部

5等と6等の当選くじ

  • 統一超商
  • 全家
  • 萊爾富
  • OK
  • 全聯福利中心
  • 美廉社

※2019年より郵局(郵便局)での換金ができなくなりました。

 

当選賞金の換金方法

dscn7360

私も2ヶ月に1回の奇跡が起こらないか、毎回楽しみにしていますが、残念ながら今までのところ、6等しか当たったことがありません。

2ヶ月に一度、下記のHPに当選番号が公表されますので確認します。

≫≫ 財政部税務入口網

もし当選した場合は、どのように換金するのでしょうか?

以前は郵局(郵便局)に当たりくじと身分証明書を持っていけば賞金を貰えましたが、現在は上記の銀行やコンビニで換金できます。

レシートの後ろに必要記入欄がありますので、予め記入しておけば、受け取りがスムーズになります。記入事項は下記の通りです。

  • 当選者の名前
  • 署名
  • 身分証明書の番号
  • 住所
  • 電話番号

 

外国人がパスポートの提示で換金可能か確認した結果は?

外国人でも賞金を受け取ることが出来るのかを確認する為に、パスポートと当たったレシートを持って、郵便局で換金に行ってきました。

日本のパスポートを大袈裟に見せながら、レシートくじの賞金の換金に来ました、と郵便局の窓口スタッフに外国人を強烈にアピールして賞金の受け取りをお願いしました。

窓口スタッフは少し考えた後、居留証を持っているなら、見せて欲しいと行ってきました。

えっ、外国人はパスポートでは受け取れないのかと思い、とっさに居留証を渡してしまいました。そして、今回当たったレシートくじの賞金400元(200元×2枚)は簡単に受け取れました。

賞金を受け取った後、郵便局のスタッフに、外国人は居留証を提示しないと換金できないのかを聞いてみました。「これは台湾のくじだから・・・居留証なら・・・ムニャムニャムニャ・・・。」

そして、もう一押しして、居留証を持っていない外国人はパスポートでは賞金を受け取れないのか、を聞いてみました。その結果、たぶんパスポートでもOKだということを言っていました。

つまり、私が居留証の提示を求められたのは、郵便局では端末システムに当選情報を入力しないといけないようで、外国人のパスポートの場合は、少し複雑な手続きが必要(?)だからではないかと思います。郊外の小さな郵便局に行ったため、スタッフの対応が雑だったのかもしれませんね。

 

台湾のレシートくじの諸事情

レシートを発行するお店と発行しないお店

夜市などで食べ歩きをした露天などでは、レシートを受け取ることはないですね。

実は、夜市などで個人で営業している小さなお店やローカル食堂の小吃などでは、レシートを発行しなくてもよいことになっているのです。

営業収入が一定額以上になると、統一編號という営業番号を取得しなければいけなくなり、そうなると国への納税義務も厳格になります。

そして、レシートの番号と商売をしている人や会社の納税義務が密接に関連しているのです。

なぜ、レシートを宝くじにしているのか?

台湾中央政府の税務政策として、このようにレシートくじの仕組みを採用してるのです。現金商売をする場合は、レシートを発行しなければ、いくら売り上げがあるか税務署に対して、売上を少なくして、納税を誤魔化すことができてしまいます。

つまり、現金商売をする企業や商店にレシートを半強制的に発行させるための手段と言うわけです。お客さんも1元でもお金を出したらレシートを受け取る権利が発生し、1元の買い物が1,000万元の大当たりに代わるかもしれないため、お客さんもレシートの発行を要求します。

そのため、商売をしているお店や企業はレシートを発行せざるを得ないという仕組みになっています。レシートを発行したら売上計上せざるを得ないから売り上げを誤魔化すことはできないという、実に合理的な政策です。

レシートを収集する人がいる?

日本では買い物をしてレシートを貰ってもそのままゴミ箱に捨てる方も多いと思いますが、台湾では一般的には、レシートは必ず受け取り取って置きます。それどころか、レシートが落ちていたら拾うこともあります。

そして、時にはコンビニの前でレシートをせがんでいるオジサンがいたりします。あるいは、慈善団体風の人がお店の前で募金ではなく、レシートを募っていたりします。

あるいは、店舗などに募金箱のようなレシートを寄付する箱を見かけます。その箱には○○基金会などのような表記がされていることが多いですが、中には偽者の架空の団体名を使ってレシートくじを集めている場合がありますので、レシートを寄付する場合は、そのつもりで箱の中に入れたほうがよいでしょう。

 

台湾で買い物をして大きなお土産に変えよう

このレシートくじですが、もし当たった場合は、なんと外国人でも賞金をゲットすることができます。その際は、パスポートの提示をすればよいでしょう。

台湾旅行の際に、買い物をしてレシートを受け取ったら、当選発表の日まで大切に保管しておきましょう。もしかしたら、1,000万元のビックなお土産に化けるかもしれませんよ。

手元に台湾のレシートがある場合は大当たりしているかもしれませんので期間内に確認しましょう。

詳しくは当選番号発表(統一發票號碼獎中獎號碼)へ

 

関連記事:台湾の宝くじ【公益彩券】はロトとスクラッチ‐過去最高額115億円

コメント

タイトルとURLをコピーしました