家族で台湾へ海外移住

日本人夫と台湾人妻が子供と一緒に家族で台湾へ海外移住をして台湾の現地情報をレポート

*

海外経験なし! 老後に日本を脱出しても大丈夫か(台湾から考える)

   

海外移住に関する以下のような記事を見かけたので取り上げてみます。

海外経験なし! 老後に日本を脱出しても大丈夫か

■年金をあてにせざるをえない

 東日本大震災以降、海外移住の傾向も変わってきた。シニアを含めた広い世代で、「もしもの事態」に備え、「すぐに移れるように海外コンドミニアムを購入しておきたい」という人が増えた。

 日本の不動産を買い、家賃収入で海外生活を考える人も増えているが、そこまで裕福ではなく、「定年は近い。でも退職金と合わせても蓄えは足りない」という人はそれ以上に多い。そして「居心地がよく物価が安い国へ」と夢描く人たちもまた多い。

 しかし資金面では、預金利息は世界的にゼロ金利が当たり前。昔のように数千万円を銀行に預け、その利息で生活をするのは困難になっている。

 もちろん先進国を除けば高金利の国もあるが、リスクは高い。金利の高い銀行ほど危なかったり、預金保護がないことも。資金運用の難しさを考えると、普通の人はやはり年金をあてにせざるをえないのが現実だ。

 年金での生活水準は当然ながら国民年金、厚生年金の受給額に左右される。夫婦合算での受給額では、月10万円の人もいれば30万円の人もいることから、収入環境によって国選びも異なってくる。

 早期退職した人は、日本で収入を得ながら年金受給年齢まで待つのが普通。ただ、「中高年はバイトもないし、疎外感を感じるだけで精神衛生に悪い」として、「貯金を切り崩しながら物価の安い国で過ごしたほうが……」と考える人は意外と多い。

 移住先として人気があるのは、タイ、マレーシアといった東南アジアの国々。生活費目安は月10万円ほどで、一般市民は5万円ほどの月収で暮らしている。もちろん自由に好きな国に移住できるわけではない。アジア並みに物価が安いのは中南米諸国、それ以外では北アフリカのモロッコ。欧州や南太平洋の島々は総じて高い。

 もう一つ、移住の最重要課題となるのが「居住用の査証取得」だ。現在、40を超える国々が、退職者や年金受給者を対象にした「リタイアメント査証制度」を実施。長期滞在に必要な手続きが簡素化され、取得しやすいように配慮されている。申請条件は国によってさまざまだ。

 アジアの申請条件では、タイが預金または年間年金収入の合算で約240万円以上。永住権付きのフィリピンは約162万円の預金をするだけという手軽さが魅力だ。

 大震災以降、人気が高まっているのがマレーシア(表参照)。住環境も比較的よく、政府が外国人の誘致に積極的だ。旧英国領のイスラム国であり、イランやバングラデシュ、近隣の中国の富裕層も集まる。

 ただ、少しハードルが上がる。50歳以上なら月収約28万円と約1000万円以上の資産証明、現地金融機関への約420万円の貯金の3条件が必要。50歳未満はもっと厳しい。が、年金受給者には制限はない。専門職であれば就労もOKだ。

 リタイアメント査証を実施していない国では、シニアの技術力を必要とし、就労許可も優遇されている中国に就職する人も多い。日本で培った経験を現地移入することが、彼らの「老後の生きがい」となっている。

 海外在住経験がなく、移住まで踏み込む勇気のない人も多いだろう。だが、楽しむことに貪欲であれば何ら問題はない。なまじ海外経験があると、すぐに日本や他の国と比較し、それが不満につながることもある。言葉についても覚えることを目標に生活すれば、「退屈だから帰国する」ということにはならないだろう。

 気をつけるべきは、すぐに人を頼ろうとしないこと。「海外で一番信用できないのは日本人」とも言われ、日本人に騙されることは珍しくない。同じ日本人だからといって、警戒を解かぬようにしたいものだ。
(出所:ヤフーニュース)

以上の記事のポイントをまとめてみます。

・海外移住を考えている広い世代で増えている
・物価の安い国での生活が理想
・各国のビザも年金受給者には優遇措置がある
・海外生活をポジティブに楽しむことができるか

以上のことを中心に海外移住を働きかける方向で話が進められている。

やはり、海外移住をする場合は、お金の問題が最優先であることに他ならない。

日本での生活費は余りにも高すぎるので、物価の安い国で暮らすことができれば、それに越したことはないですね。

ところが、少し視点を変えてみると、物価が安いという理由だけで移住する国を決めてしまうのは、非常に危険ですね。

移住する国を考える時に考慮するファクターは、

生活物価(家賃、食費など)
生活文化(言語、料理、国民性など)
国の安全性(デモ・暴動、地震、犯罪率など)

海外経験がない方が、いきなり海外に来て生活し始めて、その国の生活に慣れると言うのは高齢者であればあるほど難しいのではないかなと思います。

いいぞっは初めての海外旅行がインドの1人旅でした。

その当時(二十歳くらい)、インド到着当初はインド人と何度も口論をしたことを覚えていますが、数週間も旅行をしていると、インド人の国民性にも慣れてきて、そのままインドで生活しておいいかななんて思うくらい、順応できていました。

ところが、現在では、台湾で一年以上生活していますが、日本人と非常に国民性が似ていると言われている台湾でさえ、彼らの国民性に慣れない部分もあります。

もっと年齢を重ねて、60歳を超えたころに、今まで生活したことがない国で暮らすとした場合に、「郷に入れば郷に従え」というように自分をその国やその国の人の考え方に順応できるかなと疑問を持ったりしています。

海外移住といっても、2~3ヶ月そこそこのロングステイから海外永住までいろいろなスタイルがあるだろうし、海外移住先の人たちと一緒に暮らすのか、自分(たち)だけでアパートを借りて暮らすのか、などいろいろな生活スタイルがあるため、一概に海外生活が大変だとか、楽しいなどとは言い切れない部分もあります。

重要なことは、海外移住であまりにも慎重になりすぎないこと、それと反対に、あまりにも理想を抱いて期待しすぎないことだと思います。

海外移住は、日本で生活する以上に大変であると思いますし、逆に日本で生活する以上に魅力的でもあると思います。

以上のバランスをうまく保って、海外生活の「プラス面>マイナス面」の方程式を自分自身で導き出すことだと思います。

 - 海外移住

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

台湾の外僑居留証の取得方法・費用とARC受け取りまでの体験記

台湾で長期滞在するためにはビザが必要になります。台湾では外僑居留証(ARC)と呼 …

no image
海外で暮らす日本人が外国生活を感じなくなる時期と状況

海外生活に慣れてくると外国で暮らしていることを自覚しなくなる時期があります。なぜ …

海外移住のための海外引っ越し術|早く・安く・確実に荷物を移動

no image
一時帰国中の国民健康保険の加入の可否と手続きと注意点

日本への短期間の一時帰国中に国民健康保険の加入の可否についてのレポートです。一般 …

no image
アメリカ移住より台湾に移住した方が良いと思うことを挙げてみた

台湾に移住して数年が経過しました。以前、私はアメリカに居住していたこともありまし …

no image
海外在住者が海外送料を安く書籍を日本から取り寄せる便利な方法

海外からの一時帰国時に日本で何をすべきか?

一時帰国をした時に何をすべきかについてのレポートです。海外移住をしていると日本に …

no image
台湾移住を考えている方へ|台湾の停留ビザ取得方法と取得理由

no image
海外で働きながら生活して家族を養うこと|「泣きながら生きて」より

海外滞在で運転免許証が更新切れで失効した場合の対処法

海外滞在中に自動車運転免許証の更新期限が切れてしまい失効してしまった場合の対処法 …