<台湾のアルバイト時給

台湾のアルバイト時給

台湾のアルバイトの最低賃金は法律で決定される

台湾の最低賃金としてのアルバイトの時給は、中央政府により法律で決められています。

日本では、業種や会社により、アルバイトの時給は若干異なる場合が多いですね。

ところが、台湾でのアルバイトの時給は少し事情が異なります。

台湾の場合は、日本とは異なり、地域によって最低賃金が異なることはほとんどなく、台湾全土、どこでも最低賃金は一律となっています。

その背景には、台湾のアルバイトの時給は台湾中央政府が決定しているという事情があります。

近年では、ほぼ毎年改定されていますが、年々、台湾のアルバイトの最低時給は上昇傾向です。

2015年5月時点では、台湾のアルバイト時給は115元でしたが、2018年時点では140元にまで上昇しています。

台湾ではアルバイトの時給が低いことが社会問題として、マスメディアによく取り上げられています。

不動産価格や外食などの物価の上昇に追いついていないのが台湾でのアルバイトの給料の現状です。

台湾のアルバイト時給の最低賃金の推移

台湾では、アルバイトの最低賃金の時給は、下記のように推移してきました。

  • 2015年6月まで 115元
  • 2015年7月~  120元
  • 2016年10月~  126元
  • 2017年1月~  133元
  • 2018年1月~  140元

台湾のアルバイトの超過割増賃金は?

それでは、アルバイトの場合、8時間を超えた場合の残業代はどのようになっているのでしょうか?

台湾でもアルバイトの労働者が、1日8時間の勤務時間を超えた場合には、超過割増賃金を支払う義務があります。

8時間超過10時間までは33%割増の賃金、10時間超過12時間までは66%割増の賃金を支払う義務が発生します。

また、12時間を超過した勤務はアルバイトには認められていません。

この規定に違反した雇用主は最高30万元の罰金に処せられるとのこと。

台湾のアルバイトの時給をローカル調査した結果

台湾で街を歩いていると、アルバイト募集の広告をよく見かけたり、新聞の折り込み広告にもアルバイト募集の広告をよく目にします。

このような台湾でのアルバイト募集の案内から、現地の事情を考察してみました。

画像は、2015年当時、たまたま見かけたモスバーガーのアルバイト募集に関する宣伝広告です。

imag0058_20.jpg

上記の募集広告にはモスバーガーのアルバイト時給は115元と表示されています。

アルバイトの時間は早朝、昼間、夕夜、時間帯に関係なく同じ、115元と表示されていますね。

日本円に換算すると400円程度です。

ところが、モスバーガーで販売されているコーヒーとモーニングの価格は、いくらだと思いますか?

imag0060_20.jpg

モスバーガーのラテは2杯で100元で、モーニングセット(ハンバーガーと飲料)は50元です。

日本のファーストフードで購入する価格と同じくらいでしょうか?

これは、日本人の視点から見ると、非常におかしなことが起こってます。

台湾のモスバーガーでアルバイトとして働いた場合は、1時間働いてコーヒー2杯分くらいしか稼ぐことができません。

それにもかかわらず、モスバーガーは土日祝日になると多くの人で結構混んでいます。

経済のバランスから考えて、少しアンバランスなことが起こっていますね。これが台湾社会の現実です。

台湾人の平均給与は決して高くないと思います。最も安い賃金で働いているアルバイトの時給は更に低いというのが実状です。

2015年7月より賃金に関する規定が改定され、今までは115元/時から120元/時に最低賃金の時給が引き上げられました。

下の画像はマクドナルドのアルバイト募集の案内です。

IMAG2983

KFC(ケンタッキーフライドチキン)でも、時給は120元となっていました。

ちなみに下の画像にあるように、KFCの正社員の最低月給は22,000元のようです。

1ヶ月の勤務時間は1日8時間で1ヶ月の休みは9日間となっています。

IMAG3348

2016年10月より、台湾の最低時給が改定され126元に変更されました。

従業員やアルバイトの時給は、日本とは異なり、台湾では政府が統制して、民間企業はその決定に従うことになっているようです。

たった3年ほど前は、115元/時間だったことを考えると、既に10%も上昇したことになります。

そして、2018年には140元/Hとなり、時給だけに注目すると恐ろしいほどのインフレ傾向です。

(2018年7月の全聯福利中心のアルバイトの時給142元/時間~)

台湾と日本のアルバイトの時給の比較

日本の場合は、厚生労働省が地域別の最低賃金を公表しています。

2014年度の場合ですが、日本の平均時給は、780円/時間となっており、最も賃金が低い地域は沖縄県などで677円/時間で、最も賃金が高い地域は、東京都の888円/時間となっております。

台湾と日本のアルバイト時給を単純比較すると、円安の影響を受け、形式的には時給格差は年々縮小しているようです。

ちなみに、日本のモスバーガーのアルバイト時給を調べてみると、900円~1,000円くらいでした。

日本のモスバーガーのアルバイト時給は平均すると950円くらいでしょう。

日台間のアルバイト時給を単純比較してもあまり意味がないかもしれませが、あえて、その単純比較をすると…。

日本のアルバイト時給は台湾のアルバイト時給の2.5倍ほどになります。これは、おおむね日台間の給与水準の違いを表していると思います。

沖縄などの地方都市と比較すると、台湾の時給は随分とアップしたことがよく分かります。

今までのデフレ傾向と最近の円安の影響を受け、日本の国際競争力が低下しているのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする