家族で台湾へ海外移住

日本人夫と台湾人妻が子供と一緒に家族で台湾へ海外移住をして台湾の現地情報をレポート

*

台湾のお米の味と品種 日本の白飯と比較して美味しい?不味い?

   


【案内】海外旅行前に準備!ポイントがザクザク貯まる!お得な厳選カード

台湾のお米と食卓や食堂で出されるご飯について、私の台湾での暮らしの経験を基に、その味と品種を中心に台湾現地からレポートします。

日本も台湾も食文化という意味では主食は小麦ではなくお米です。お米が主食ですが、中国の東北部から伝わった小麦を主体にした食文化もあります。例えば、饅頭(マンドウ)や包子(パオツ←肉まんなど)や麺類です。

それはさて置き、台湾は元来、稲作文化のため、お米を主食としてきましたし、現在でもお米が主食です。実は、現在台湾で食されているお米は日本統治時代に日本人が品種改良した種が大元となっているとされています。

 

台湾のお米の歴史とは?

お米の品種は大きく分けると2つの品種があり、一つは日本で食されているジャポニカ米で、もう一つはインディカ米ですね。インディカ米はタイ米とも言われたりして、日本が米の貯蓄量が少なくなった時に一時的にタイ米が緊急輸入されたときもありましたね。

それでは、台湾で食されているお米はどちらのお米でしょうか?
もちろん、日本と同じジャポニカ米です。ところが、歴史を紐解いてみると、台湾ではインディカ米が現地の食用として作られていたとされています。

ところが、日本統治時代に日本の米不足を補うために、日本への輸出用に台湾でジャポニカ米の栽培をしたのが始まりだとされています。台湾と日本では気候が異なるため、当時は日本から持ち込んだジャポニカ米の稲作は上手くいかなかったとされています。

そして、台湾のお米と日本から持ち込んだジャポニカ米を交雑させることに成功して、「蓬莱米」として作付けに成功したのが台湾でのジャポニカ米の起源だとされています。

 

台湾のお米は美味しい?

現在の台湾のお米はジャポニカ米ですので、外見は日本のお米とほとんど変わりません。今まであまりお米や白飯については気にしたことがなかったのですが、ある時を機に外食でお米を食する度に、(偽)お米評論家のようにお米を気にするようになりました。

ある食堂で魯肉飯(ルーロウファン)を食べた時に、お米のニオイとパサパサ感が半端なく、これはダメな奴…と残念な食事をしたのが一つ目の発端です。

そして、その後、ある自助餐で食べた白飯が日本の炊き立てご飯と同じくらい美味しくふっくらした炊き上がりだったため、台湾でもお米や炊き方により、ご飯が美味しかったり不味かったりするのかなと思いました。

私は台湾移住当初はあまりお米の味は気にしていなかったのですが、このような2つの小さな出来事を発端にして、台湾のお米を気にして食事をするようになりました。

台湾旅行でご飯ものメニューを食した時に、台湾のお米はパサパサで不味いと感じた方もいると思います。逆に、台湾でいろいろな丼物のご飯を食べても、味やニオイなどはあまり気にならなかった(気付かなかった)という方もいることでしょう。

このことは台湾のお米が美味しいか不味いかの一つの答えだと思います。つまり、台湾では小吃店などでは利益を確保するために、安いお米を使っているお店が多くあります。その一方で、お米の美味しさを看板メニューにしている「池上弁当」というお店もあります。台湾には美味しいお米と不味いお米があるというのが、ど真ん中の答えになります。

 

台湾のお米と日本のお米の違いは? 値段は?

上記の池上弁当とは池上という場所(台東)で作られた有名な池上米を使用したお弁当のことで、この池上米は日本のお米と同じようにモチモチしてふっくらしていて美味しいです。

その一方で、ご飯の一粒一粒に粘りが全くなくパサパサの食感で味もヘッタクリもない干からびたような白飯を出してくる食堂もあります。

台湾だから日本だからというわけではなく、使っているお米の質(グレード)が違うため、不味いご飯を給仕してくる食堂やレストランも多いです。一方で、台湾には美味しいお米もあるのが実態です。一般的には、日本のお米の方が水分量が多くモチモチ感も強いですが…。

台湾のお米の値段は、日本のお米の値段の2分の1くらいです。(お米の品質などにより異なりますが)例えば、一般的によく使用されている3kgの白米で180元くらいですので、200円/kg程度です。日本の白米は4,000円/10kgくらいのものが多いでしょうか。そうすると大体日本のお米の価格の1/2程度になりますね。

ちなみに、台湾産で日本のお米と同じような食感で、モッチリとして粘り気のあるお米の種類は、越光米(コシヒカリ)、池上米、台梗九號米などです。

 

台湾人と日本人のお米に対する考え方の違いは?

ここで一つ気が付いたことですが、一般的に日本人はお米に対して、味やニオイや水分量、ご飯を噛んだ時の食感や風味など繊細な感覚を持って、ご飯を食べる食文化なのではないか…と思った次第です。

それは、例えば、和食には白ご飯に対して、味噌汁やお漬物など、あるいは寿司であれば酢めしと生魚にワサビと醤油というように、お米の味わいを楽しむ食文化があり、その食文化の歴史の中心にお米が位置づけられているように感じます。

それに対して、台湾料理や中華料理にはお米を炒めたり、味を付けたりして調理をしたりすることが多いです。また、台湾人のご飯の食べ方をみていると、ガツガツと早食いの人が多いのも日本人と台湾人のご飯の食べ方の違いですね。

こんな理由で、台湾のお米と日本のお米は同じジャポニカ米で、台湾にも美味しいお米がありますし、不味くて(たぶん)安いお米もあります。台湾と日本のお米の違いは、台湾人と日本人のお米に対する食文化の違いが最も大きいのではないかなと思います。

台湾人が、この店のお米は美味しいな、あの店のお米は不味いな…などと気にしている人はあまり見聞きしないのですが、日本人はレストランなどで外食した時には、お米が美味しかった不味かったと話題にしますよね。これはお米に対する国民性の違いと、その背後にある食文化と食の歴史の違いなのでは…?

 - 台湾の食文化

Comment

  1. taka より:

    以前高雄の餐店で食べたご飯が美味しくてお代わりしたことが有りました。
    確かコシヒカリだったか?美味しいと思ったのは後にも先にも無いのでよく覚えています。私も普段はお米の味には無頓着なので(海外では)不味くても当たり前くらいにしか思ってませんね。台湾のカレーのご飯はインディカ米だったような気がします。

    • いいぞっ より:

      いつもコメントありがとうございます。
      台湾のローカル食堂やレストランで、日本のレストランで出されているご飯と同じくらい美味しいお米はあまりないですね。
      やはり、美味しいお米はそれなりに値段が高いことと、台湾人のお客さんはそれ程、お米のグレードや味に拘らないというのが大きな理由でしょう。お店もお客も、どうせお金を掛けるなら、お米より料理にお金を掛けるほうが合理的だと思っているのではないでしょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

葱抓餅|台湾観光で旅行に来たら食べたい屋台グルメ

台湾で夏になると食べたくなる冷たいスイーツと飲み物

【案内】海外旅行前に準備!ポイントがザクザク貯まる!お得な厳選カード夏が近づき気 …

no image
台湾にある日本食レストランのジャンル別総評をしてみる

no image
台湾での調理は炒めるのが基本!日本と食べ方が異なる野菜

【案内】海外旅行前に準備!ポイントがザクザク貯まる!お得な厳選カード台湾では野菜 …

台中観光で絶対味わいたいローカルスイーツ5選

【案内】海外旅行前に準備!ポイントがザクザク貯まる!お得な厳選カード台中に観光旅 …

春節(旧正月)の台湾流おせち料理(年菜)を大公開

台湾での日本のカレーライスについての評価からビジネスを考える

ピータンは台湾の庶民料理|皮蛋の食べ方は?味と匂いは大丈夫?

【案内】海外旅行前に準備!ポイントがザクザク貯まる!お得な厳選カード台湾の家庭料 …

台湾で食べたい珍しく美味しい野菜|台湾家庭料理の定番

【案内】海外旅行前に準備!ポイントがザクザク貯まる!お得な厳選カード台湾には日本 …

日本人は台湾の香辛料・八角入り料理がなぜ苦手なのか?

【案内】海外旅行前に準備!ポイントがザクザク貯まる!お得な厳選カード台湾の中華料 …