家族で台湾へ海外移住

日本人夫と台湾人妻が子供と一緒に家族で台湾へ海外移住をして台湾の現地情報をレポート

*

モノを大切にする日本人と新しいモノ好きで飽きっぽい台湾人

   


【案内】海外旅行前に準備!ポイントがザクザク貯まる!お得な厳選カード

モノに対する日本人と台湾人の意識と国民性についての(私見に満ちた)レポートです。ある意味、日本も台湾もモノで溢れかえっている社会だと思います。そのため、日本でも台湾でも、(資源)ごみは細かく分別され回収されているのでしょう。立ち止まってよく考えてみると、毎週毎週、こんなにもよくゴミが出されるものだと思います。

 

台湾に移住して以来、今まで漠然とモノに対する意識が日本人と台湾人では少し違うなと感じていました。今回の記事内容は、誤解を招くかもしれませんので、予め伝えておくと、私の周りの台湾人を観察してみて、彼らの行動を基に自分が感じたことご紹介します。そのため、たまたま私が会った台湾人の多くが、タイトルのような傾向が強かっただけかもしれません。

 

私個人だけかもしれませんが、日本人はモノを大切に扱い丁寧に使う方が多いのではないかと思います。それに対して、台湾人も含めた外国人の方は、モノに対する扱い方はガサツな感じがします。例えば、日本では、車を擦ってしまい、車体が凹んだり傷が付いてしまった場合は、直ぐに板金工場で修理してもらうことが多いと思います。一方、台湾では、車体に傷が付いても凹んでも、キズやヘコミを直さずそのまま乗り続けます。そのため、台湾ではキズがあったり凹んでいる車が非常に多いです。バンパーに至っては、ぶつけた時の衝撃防止のためにあると言わぬばかりにキズだらけです。(笑)

 

日本人の私の視点から見ると、台湾人はモノをあまり丁寧に扱わないため、直ぐに壊してしまうことが多くあります。そして、壊れたものは、それほど高価なものでなければ、直ぐに捨ててしまいます。(あまり言いたくないことですが)私が小学校くらいの頃は、靴下に穴が開いたら、母親が縫ってくれ、靴下の底が擦り切れるくらいまで穿いていたのを思い出します。これは極端な例ですが、例えば、バッグのショルダーベルトが少し壊れた場合に少し簡単な修理をすれば使えるのに、そのままゴミ箱行きというケースはよく目にします。
破損

 

あるいは、食べ物に関して言えば、果物に少しだけキズがあり、そこから僅かな傷みがあった場合、ほぼ100%捨ててしまいます。私ならば、傷みのある部分を少しだけ切り取って、その他の部分が腐ってなければ、もったいないので全て食べますよ。私の周りの台湾人の方は、野菜に関しても、部分的に腐っていたりした場合は、100%捨ててしまいます。たぶん、一部が腐っていれば、その他の部分も腐っているか、腐りかけているに違いないという考えがあるからでしょう。このあたりの食べ物に対する、考え方も日本人とは異なり、少し違和感を感じます。

 

そして、台湾人の方は、日本人以上に新しいものが大好きな人たちです。新しいものを見ると、本当に噛り付くように見て、次から次へと人が集まってきたりします。新しいものを見てほしいと思った場合、価格が少しは高くても深く考えないで即決で購入したりします。(笑)そして、1ヶ月くらいは、まだその商品などを知らない人に自慢するかのように使うのですが、その後は全く使わなくなり、そのまま放置してお蔵入りというパターンの行動が多くあります。

 

台湾人の方の行動を見ていると、このような行動おパターンになるから、一度出直してモノを購入する前にもう少し考えてから行動したらどうかと思うことが頻繁にあります。モノを買っては捨て、捨てては買うという行動が多い台湾人とモノを丁寧に扱い大切に使い切る日本人との国民性の違いを感じます。(以上、常日頃からあまり多くのモノを所有したくない台湾在住の日本人の私見でした)

 - 台湾文化・習慣

Comment

  1. tomo より:

    スクートが関空ー高雄を運航するそうです。
    週3便ですが、安そうですね。
    ご参考ください。
    台中ー名古屋の正式発表も早くされると良いですね。

    http://www.traicy.com/archives/8822119.html

    • いいぞっ より:

      情報ありがとうございます。
      関空―高雄間の発着時間はまずまずの時間帯ですね。
      価格も安くなると利用しやすくなりそうです。

      ところで、遠東航空の台中-名古屋間便は、正式発表を待ちきれずに遠東航空に直接連絡をして聞いてみました。
      http://clubtaiwan.net/blog/2015/05/10/fareast/
      上記記事の通りですが、結果的には現在のところ残念な結果になっています。
      7月以降は定期便として就航してほしいですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

  関連記事