家族で台湾へ海外移住

日本人夫と台湾人妻が子供と一緒に家族で台湾へ海外移住をして台湾の現地情報をレポート

*

海外在住者がe-Taxで海外から確定申告&電子納税をすることは可能か?

      2017/02/09

海外からe-Tax(イータックス)を利用して日本の確定申告をすることが可能かどうか、電子納税をすることが出来るかどうか、を確認した結果を台湾現地からレポートします。

事情があって日本の確定申告をしなくてはいけないのにも関わらず、確定申告の時期に海外居住していて日本に帰れない場合はどうしたらよいのか?

このような場合には、海外からでもe-Tax制度を利用して確定申告を済ますことができるか?をネット上で調べてみたのですが決定的な答えが見つからないので、自分で実行して確認してみました。

個人の確定申告期限は毎年3月15日で、その日が土日祝祭日に重なった時は翌営業日とのことです。忘れないように手続きをしましょう。

 

海外からe-Tax制度を利用して確定申告をしてみた結果

イータックスの手続きに必要なもの

この時期までに、以下のものを用意しておきます。

  • パソコン
  • ICカードリーダライタ(約1,500円)
  • 住民基本台帳カード(1,000円)

以上の3点は必須です。


(上図は2,500円くらい、クリックすると激安ショップへ行けます)

イータックスをするための具体的手続き

あとは国税庁のHPからいろいろダウンロードしたり、PC側にドライバをインストールしたり、電子証明書…云々という作業が必要です。

これらの作業は手順に従って進めて行くだけですので詳細は割愛します。

決算書の作成はクレジットカード明細書や銀行通帳などが必要ですが、これらもネット上から情報を引き出せますので海外に住んでいても問題ないでしょう。

ただし、これらのネット上からの情報は、過去数カ月間までしか引き出せないなどの制限があるため、その対策をしておく必要があります。

例えば、私が利用しているクレジットカード会社の明細書は過去6ヶ月までならダウンロードをして引き出すことができます。

逆に言うと、過去7か月前のクレジットカード明細はネット上から消されてしまうので忘れないように定期的にダウンロードして置かないと後で大変な目に合います。

また、銀行通帳は各銀行によっても違いますが、eco通帳などの制度を使って紙ベースの通帳からネットベースの通帳に切り替えておくと、インターネットバンクを利用して過去2年分の明細書をいつでも確認できます。

その他、できるだけ紙ベースではなくインターネット上で完結でき、その明細書等のデータが海外からでも確認できるようにしておくと決算書の作成や所得税の申告がよりスムーズにできます。

今回、イータックス制度を初めて利用したのですが、こちらもネット上の情報を参考にしながらなんとか準備は整えてきました。

海外からイータックス制度を利用した結果

そして、確定申告期限直前の先日、なんとか海外で決算書を作り終えて、国税庁の確定申ページから必要項目を入力して、「送信」ボタンをクリックしました。

その結果、なんと…

送信完了となり、見事にイータックスを利用して海外から確定申告をすることができてしまいました。

いや~、便利な世の中になったものですね。

本来なら、海外から日本に行って帰っての往復だけでも最低2日間は必要で、税務署まで足を運ぶことになればプラス1日、合計で最低でも3日間は必要なプロセスを、たった5秒ほどで済ませることができるのです。

海外移住している者にとってイータックスは費用対効果抜群の制度です。

10年後くらいには、海外に住んでいても日本の小学校や中学校の授業さえも受けられるようになれば便利になるかもしれないですね。

日本人がベトナムに住みながらアメリカンスクールの授業をインターネットを通して英語で受けるような多文化多言語環境で教育を受けて生活することも可能になる時代が来るかもしれないですね。

そして、その友人は台湾人でフランスに住み韓国に住みながら同じアメリカンスクールの授業を英語で受けている。
(時差があるからフランス在住は無理…)

世界各国からインターネットを通して、様々な国に住んでいる外国人が1つの授業を同時に受けている光景を妄想してみると、面白いですね。

話題がそれましたが、海外移住者が海外からイータックスを利用して日本の確定申告をすることは可能でした。

 

海外からe-tax(イータックス)で電子納税ができるのか?

海外から電子納税をするためにe-tax(イータックス)を利用してみた話です。

上記では、イータックスを利用して海外から確定申告をすることができるか、という記事をアップしています。

今回は、電子納税です。

先日、実は日本にある実家に税務署から「源泉所得税及び復興特別所得税の納付期限のお知らせ」がハガキで届いていました。

このはがきには、「納付税額がない場合でも、所得税徴収高計算書は、e-tax又は郵送などにより税務署に送付又は提出してください。」と書かれていました。

そんな訳で、試しに海外から電子納税の手続きをしてみることにしました。

国税庁の「電子納税のしかた」を読んでもいま一つ方法が分からず、国税庁のHPのどこから入っていけば電子納税ができるのか格闘した結果、以前PC内にとダウンロードしたe-taxソフトを使うということがようやく分かった。(汗)

e-taxソフトを立ちあげて、こちょこちょ弄っていると、税目を追加ダウンロードしなきゃいけないことに気が付きました。

そこで、税目の「申請」内の「源泉所得税」(だったかな)を追加ダウンロードした後に、必要事項を入力していき、入力後に「送信」という項目をクリックして送信するだけでした。

電子納税の方法は分かれば非常に簡単だったけれど、分かるまで何度か挫けそうになりました。

e-tax.jpg

そして、海外からでも電子納税の申請は送信完了できました。

ということで、納税する税金がある場合でも銀行口座をあらかじめ登録しておけば海外からでも電子納税できそうです。

今回は、電子納税といっても納税する税金がないため、単なる申請だけでした。

電子納税(申請)自体初めてなのだけれど、これで正常な申請ができているのか疑問ですが問題があったところでどうこうなるものでもないので、もう諦めるしかないでしょう。

ちなみに、日本にいる時は、源泉所得の届け出を税務署まで持っていって手続きしていました。

 

最後に、確定申告をする場合には、1年間の収支を計算し所得税を計算する必要があります。その際に活躍するのが会計ソフトです。一般的には、会計ソフトを使用するには複雑な簿記の知識が必要になりますが、簿記の知識がなくても簡単に使用できるのが、freeeという会計ソフトです。無料で試してみることも出来ますので、是非どうぞ。

【知らなきゃ損】海外旅行前⇒カード付帯保険のメリットと節約術

 - 海外移住

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

海外キャッシングの方法と注意点|外国ATMから現金引出と手数料

海外でのキャッシングをする方法についてのレポートです。外国在住の方や海外旅行へ行 …

無犯罪証明書(犯罪経歴証明書)の申請・発行・受取までの全プロセス

LCCタイガーエア台湾(高雄→大阪)の初搭乗レポート

高雄から大阪までの一時帰国で初めてタイガーエア台湾を利用しましたので、利用してみ …

no image
海外在住者が海外送料を安く書籍を日本から取り寄せる便利な方法

台湾移住で分かった投資と為替|国内外の金利差を有効利用

台湾の過去から現在までの金利動向と日本の金利との比較についてのレポートです。とあ …

台湾でビザランする方法と条件やメリットを台湾在住者が全て解説します

近年、台湾でビザランをして長期滞在をしている日本人が増加しています。一年中、比較 …

no image
台湾台中にある台湾ロングステイの拠点を考える

no image
一時帰国した時の買い物はコンビニで受け取りかホテルへの配送が便利

海外在住者の場合は一時帰国時に買い物をして買い出しをする方も多く入ることでしょう …

no image
日本~台湾までの受託手荷物(空港宅配便利用)と国際郵便の料金比較

no image
台湾移住を考えている方へ|台湾の停留ビザ取得方法と取得理由