台湾でクコの実は食卓に不可欠で健康と美容を支える食材

台湾では日常の食生活で、ドライ食材が当たり前のように用いられています。その一つがクコの実です。

クコの実って何だ? と思われる方も多くいることでしょう。

それもそのはず、日本では食材としてあまり用いられることがありませんからね。

クコの実は、ウルフベリーあるいはゴジベリーと呼称されることもあり、クコの木に結実する果物の一種です。

ところが、生のまま食べられることは少なく、乾燥して使用されることがほとんどです。

特に、台湾をはじめ中国や韓国では漢方食材の一つとして多用されます。

中華料理で用いられるクコの実

クコの木から採れる実・葉・根は、中国語では、下記のように部位によって言い方を区別しています。

  • クコの果実 : 枸杞子
  • クコの葉  : 枸杞葉
  • クコの根皮 : 地骨皮

台湾ではクコの実が最もよく食材として用いられますが、葉や根も漢方食材や漢方薬の一つとして使用されます。

特に、クコの実を食材としての利用する場合は、料理、スープ、デザート、飲み物など様々な形で使用されます。

特に、よく使用されてる場面は、鍋料理の食材の一部や中華デザートのトッピング食材の一つとして用いられています。

台湾の鍋料理で、1.5cmくらいの赤いものが鍋の表面に浮いていたら、間違いなくクコの実です。

クコの実は、台湾では昔から、体に良い食材として鍋料理やスープあるいはお粥には、非常によく使用されてきました。

そのため、食品スーパーに行けば、必ず販売されており、調味料と同じような感覚で購入できます。

ただし、一般的な食品スーパーでは、台湾でも原産地は中国産ばかりでした。

また、クコの実は、中華デザートにはなくてはならない存在です。杏仁豆腐のトッピングとして必ず添えられます。

杏仁豆腐の白色とその中心に2粒か3粒のクコの実が彩りよく、白色の中で赤色が良く映えます。

クコの実の栄養成分

クコの実には、豊富な栄養成分が含まれています。健康や美容に良い、主な栄養素は下記の通りです。

  • ビタミンB2(リボフラビン)
  • ビタミンC
  • カルシウム
  • カリウム
  • 亜鉛
  • セレン
  • 各種アミノ酸

クコの実の効果効能

  • 抗酸化作用、美肌効果、老化防止
  • 血行促進、冷え症、むくみ、肩こり
  • 血圧の安定、高血圧症
  • 鉄分の補給、貧血防止
  • 基礎代謝作用、ダイエット効果
  • 眼精疲労、眼の病気の予防

クコの実をどのように摂取する?

上述した通り、台湾では鍋やスープの料理で使用することが多い、クコの実ですが、その他の使い方を簡単にご紹介します。

  • スナックのようにドライフルーツとして食べる
  • お粥やご飯を炊く時に一緒に炊く
  • 各種デザート(杏仁豆腐、ヨーグルト、ゼリー など)に添える
  • 煮物に食材の一つとして加える
  • お茶(紅茶、烏龍茶、緑茶)と一緒に飲用する
  • 焼酎などでクコ酒を作って飲む
  • 砂糖と一緒に煮てジャムを作って食べる
  • サラダの彩としてトッピングする

上記のように、クコの実は様々な料理で用いられる万能食材です。是非、クコの実を食材として利用して、健康への効果を試してみてください。

関連記事:台湾の漢方食材10選(お土産にも)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする