台湾移住倶楽部

台湾移住や台湾ロングステイのための台湾の社会・文化・現地情報を発信中

台湾のメディア

台湾の新聞

台湾の新聞の主要紙は、自由時報、中国時報、聯合報、蘋果日報などがあります。新聞の1部の価格は、日本と比べると非常に安く、10元か15元程度で販売されています。日本の新聞とは異なる点は、政治に関する記事が中心になりますが、経済や社会に関する記事だけではなく、スポーツ、芸能、文化などあらゆる分野のニュースが1部の新聞に掲載されているため紙面はカラー印刷が多く、華やかな新聞となっています。その反面、日本の新聞では掲載されないような、ゴシップ記事も多いため記事内容には正確性が書けるような内容も見られます。

 

台湾のテレビ

台湾のテレビは、台視(台湾テレビ)、中視(中国テレビ)、華視(中華テレビ)、民視(民間全民テレビ)、公視(公共テレビ)の5大テレビ局が地上波として放映されています。この他にはケーブルテレビが各家庭に普及していて、約90%の家庭に普及していると言われています。そして、ケーブルテレビのチャンネル数は100以上となっているため、ありとあらゆるジャンルの番組を視聴できます。ケーブルテレビの月額料金は、契約会社によっても異なりますが、600元から1000元程度と比較的安く利用できます。これらのケーブルテレビでは、NHKワールドをはじめとした日本の専門チャンネルも含まれていて、その主なチャンネルは緯来日本台や国興衛視などです。台湾で放送されている番組のほとんどは中国語での字幕がつきます。そして、台湾で放映されている日本の番組も例外ではなく中国語の字幕がついていますが、音声はバラエティー番組などは日本語のまま放送されていますが、日本のアニメ番組などは中国語に吹き替えられています。

その他にも、中華電信という通信会社がインターネット回線を通してテレビ番組を提供しているMOD(メディア・オン・ディマンド)というサービスも利用できます。こちらのサービスのチャンネル数は100以上あり、日本語チャンネルも視聴可能です。利用する場合は、基本料金89元に視聴したい番組ごとに課金される料金体系になっています。

 

台湾のラジオ

台湾のラジオ局は、国営、軍営、警察放送などの国が管轄しているラジオ局のほか民放局、FM局など全てで171局あります。短波放送やFMの中には、日本語で放送されているラジオ局もあり、日本国内で聴いている熱心なリスナーもいます。短波放送の台湾国際放送は、毎日、日本語で現地のニュースを流しており、インターネットで視聴も可能になっています。ニュースがメインになりますが、それ以外にも台湾文化や今話題になっているトレンドを紹介した番組が充実しています。

-台湾概要