台湾移住倶楽部

台湾移住や台湾ロングステイのための台湾の社会・文化・現地情報を発信中

海外移住時の自動車保険の中断証明書

自動車保険の中断証明書とは?

中断証明書を取得しておくと、将来、日本に本帰国して再び自動車を所有した時には現在の等級を引き継ぐことができます。
この中断証明書は10年間有効とのことです。つまり最長では10年後に日本に帰国した場合、有利な等級で自動車保険に再加入することができます。

 

自動車保険の中断証明書を発行してもらう理由

海外移住する人は日本で所有していた自動車をどうしていますか?
海外移住する前に売却するか処分するか親族・知人に譲渡するのが一般的でしょう。
それでは、海外移住中の自動車保険はどうしていますか?
実は、海外移住や長期の海外転勤の場合は自動車保険を一時的に中断することができます。それでは、何故わざわざ中断するのでしょうか?

自動車保険は等級による保険料の割引制度がありますから、中断手続きをしておけば、再度日本に帰国して自動車を所有した時に出国時点の等級を引き継ぐことができるというわけです。
海外移住や長期の海外転勤の場合は、もしその期間そのまま自動車を所有し続けていても中断手続きができると思います。
その手続きですが、旧契約の満了日から起算して13ヵ月以内に申し出て、「中断証明書」の発行を受けることになっています。

 

日本へ帰国後の中断証明書を利用した等級の引継ぎ

その後、もし再度自動車保険に加入する場合は、この中断証明書を提出して再契約することになります。
この場合には、実際に海外移住することとなった事実の証明が必要となります。
また日本帰国後に等級を引き継いで再契約を行なう場合には、帰国したことの証明が必要となり、かつ帰国日から1年以内に新しい契約がスタートする必要があるようです。
海外移住による中断のいずれの場合にも共通して、中断する前に契約している保険の等級が7-20等級である必要があります。
そして、次回継続をした時にも、7-20等級で契約できるものに限りこのルールが適用になります。

-移住手続き