台湾移住倶楽部

台湾移住や台湾ロングステイのための台湾の社会・文化・現地情報を発信中

台湾で日本の家電製品を使用する

台湾で日本の家電製品を使用することはできますか?
台湾で日本の家電製品を使用する場合、変圧器は必要ですか?
はじめて台湾で生活する場合は誰もが疑問に思うことだと思います。結論から言えば、台湾で日本仕様の家電製品は問題なく使用することができます。

 

日本と台湾で電化製品を使用する場合の電圧(ボルト)、周波数(ヘルツ)、プラグの形状について、もう少し詳しく比較しておきます。

 日本台湾
電圧(ボルト)100V110V
周波数(ヘルツ)50/6060
プラグ形状平刃平刃

 

日本と台湾で唯一異なる点は、電圧が少しだけ異なり、日本が100Vであるのに対して、台湾では110Vで少しだけ異なります。この10Vの違いにより、変圧器を使う必要があるのかどうか?

 

例えば、使用しているパソコンのACアダプターに表示されている適用電圧を確認してみてください。多くの日本仕様のPCは「100-240V」と表記されています。実際には、そのように表記されていない家電製品でも台湾では問題なく使用できています。

 

周波数に関しては、台湾は60Hzとなっていますが、日本仕様の家電製品は全て50Hz(東日本)と60Hz(西日本)のどちらでも問題なく使用できるようになっており、最近の家電製品は使用場所により自動的に切り替わるようになっています。そのため、周波数についても60Hz仕様の台湾でも問題ありません。

 

最後に、プラグ(差込み口)の形状ですが、日本と台湾では、平刃形状で全く同じとなっています。台湾の差込み口には、もう一つ穴がありアースピンが付いていることが多いです。(下記画像参照)
IMAG2338

-現地生活