台湾移住倶楽部

台湾移住や台湾ロングステイのための台湾の社会・文化・現地情報を発信中

台湾のゴミ捨ての分別ルール

台湾では、日本と同様に、ゴミの分別の方法が厳格にルール化されています。居住している年によっても多少異なりますが、台北市では市指定のゴミ袋を使用しないと回収してもらえないそうです。指定のゴミ袋はコンビニなどで販売されています。台中市では、ゴミ袋の指定はないようですが、お馴染みの黒色の大きなゴミ袋を使用しています。日本では、マンション前などの指定の場所にゴミを出しておけば、ゴミ回収車が回収してくれますが、基本的に台湾では、自分で出すゴミは自分で責任を持って回収してもらう仕組みになっています。そのため、資源回収車が、「乙女の祈り」の音楽を爆音で鳴らしながら街中を走らせており、その音楽が近づいて来ると、近所の人たちは一斉にゴミ袋などを持って外に出てきます。そして、ゴミを出す人がいなかったり、一定時間経過してゴミを出す人がいなくなると資源回収車は移動していきます。ゴミとは言わず資源回収というところが、時代の流れを感じます。

 

台湾でのゴミの分別について、日本の分別状況もかなり厳格に決められていて、10年前や20年前とは格段に異なる状況ですが、現在の台湾のゴミ分別も非常に規定化されています。台湾のゴミ分別を大きく区分すると、下記の通りになります。
1.一般ゴミ
2.生ゴミ
3.資源ゴミ
4.粗大ゴミ

 

必要がなくなった家具や大きな樹木などで、これらの粗大ゴミは市政府の環境保護局に連絡をすると無料で引き取りに来てくれます。そして、生ゴミは、食べ残しの残飯で、豚の餌として再利用されるようです。一般ゴミと資源ゴミの区別は、細かくルール化されており、全て厳密におぼえておくのは無塚しいです。資源ゴミに含まれないものは一般ゴミと考えればよいでしょう。資源ゴミの主のものは下記の通りです。
紙、鉄類、アルミ類、ガラス、プラスチック(PET、PE、PVC、PP、PS、バイオプラスチック)、乾電池、などです。

 

例えば、一般ゴミとしてゴミ袋の中に、資源ゴミが一つでも混入していた場合、ゴミ回収を拒否されます。ゴミ回収車には、清掃員がおり、全てのゴミ袋の中を確認しているわけではないですが、時と場合に応じてゴミ袋の中身を確認され、ゴミの分別がキチンとされていないと回収してもらえませんので注意しましょう。

-現地生活