台湾で日本人が仕事をする場合は日本語教師か?

台湾で日本人が出来る仕事のナンバーワンは日本語教師か?について考えて見ます。

このブログを通して購読者の方から、以下のような貴重なご意見を頂きました。

台湾で日本人が出来る仕事について

現代日本人の台湾への自発的移住に関する研究

交流協会(台湾における日本大使館に相当)
の研究者がまとめたレポートですが、台湾における日本人の仕事は下記のようなものです。

1.日本語教師 これが圧倒的に多い
2.半導体技術者
3.その他の技術者
4.旅行社、ゲストハウス経営等。

台湾は政策的に、日本人に対して、ブルーワーカー的な仕事にビザを与えません。
但し、日本語教師は割合、ビザが取り易いようです。最近は希望者が多く、
仕事も減少傾向と聞きました。

仕事をするうえで、最も大きな問題がビザです。
やはり、台湾人の配偶者を得て、その身分を生かして働けば、
職種に制限なく、自由に仕事が出来るようですね。

結論として、一般的に日本人が台湾で働こうとすれば、日本語教師が最も良い。
如何でしょうか?

大変失礼ながら、2つに論点を絞って考えて見ます。

1.台湾で働くためのビザ取得の問題
2.台湾で仕事を得るための方法と日本語教師という仕事

まず、台湾で働くためのビザ取得の問題ですが、台湾人の配偶者として外僑居留証を取得すれば無条件で、ほとんどの職種で働くことが出来るようになります。

その他の場合は、雇用主(在台企業)が労工局へ労働許可を申請してビザを取得することになりますので、仕事選択の幅がかなり狭まります。

その上、仕事環境が合わずに転職したくても、次の転職先からの確約されたオファーがない限り、ビザを継続出来なくなるため転職することは出来ませんので、精神的には随分不利な状況で働くことになります。

台湾で働く場合のもう1つのビザ問題の解決方法は、台湾で自ら起業することでしょう。

自ら会社を設立して、自分を雇い入れるためにビザを申請するという方法も可能なようです。

台湾で日本人が仕事をする上で、比較的働きやすい職種について、日本語教師が最も仕事を見つけ易いということは事実だと思います。

その他にも、半導体を含めた技術者、旅行関係、ホテル・民宿・ゲストハウスも日本人が働く上で仕事を見つけ易いあるいは起業しやすい分野だと思います。

もう1つ、加えるとすれば、腕利きの良い日本料理人でしょう。

最近では、台北だけでなく台中でも日本から進出してきたラーメン店が多く、単価が高い割りにはお客さんが集まっています。

うどん屋さんは台湾にも進出してきているので、最近は台湾で本物の日本そばのお店を開店したら大当たりするんじゃないかな、と妄想しています。(台北なら本物の日本そば屋さんあるのかな)

話が少し逸れましたので、日本語教師に話を戻しますと、一昔前の日本語教師の需給関係は分かりませんが、現在でも日本語教師の需要は結構ありますが、時給換算すると、それほど割りの良い仕事ではないためなのか、入れ替わりが激しいかもしれません。

その点では、日本語教師は特殊な仕事だと思います。

日本語教師として働くためには、大まかには日本語を教えるための知識をつけるための時間、授業の準備をするための時間、授業時間、その他の雑務の時間、が必要です。

実際に、お給料を貰える時間は、授業時間だけですので、割に合わないと考えて、別の仕事に転職していくというパターンも多いと思います。

一方で、台湾人の方との接点を持ちながら、中国語の語学力も含めて少しずつ台湾社会の中に溶け込んでいくという意味では、台湾に来た日本人が最初に携わるには、最も相応しい職種だと思います。

未経験から日本語教師を目指す方へ >>> 日本語教師になる方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. tomo より:

    わざわざ取り上げて頂き、有難うございます。

    中国の軍事侵攻リスク

    台湾の国策上、どうしても、このリスクと向き合わなくてはなりません。
    当然、日本も、韓国も、ベトナムも、このリスクが有るわけですが、特別な領土問題以外に
    一方的に軍事侵攻してくることは考えられません。
    先日、親中派の台湾人にこう言われました。「もし中国が攻めてきても、アメリカは
    軍事支援してくれるかも、しれないが、日本はまず、何もしないでしょ。経済制裁を
    するだけでしょ。台湾のために、自衛隊を派遣しますか?有り得ないでしょ。」

    何も回答しませんでしたが、台湾を同盟国としていない日本は、台湾とともに
    戦う、日本人の戦死者を出して、台湾を守る。これはないかもしれません。

    でも日本ほど、台湾を支持する国は、他に。アメリカだけでしょ。アメリカの次に台湾を
    大切に思っている国は日本と思います。
    本当に中国が軍事侵攻すれば、日本は中国とのほとんどの経済関係を断ち、猛烈に
    抗議し、資金面で台湾を支えるでしょう。私はそう信じたい。

    アメリカは軍事面でも台湾を支えるでしょう。
    恐らく、シンガポール、マレーシア、フィリピン、ベトナム、タイ、韓国、それらの国々も
    台湾を支持し、中国に圧力を掛けるでしょう。

    馬政権を支持する親中派の台湾人にもこの日本の気持ちを客観的に理解すべきです。
    数年前、都内で「台湾支持」、とスピーチがされていました。
    通りがかりの台湾人が感動して、涙を流されていました。
    台湾と国交がなくとも、台湾と日本、台湾と東南アジアの友好関係は、中国の軍事侵攻を
    許さない。そう思います。