台湾移住倶楽部

台湾移住や台湾ロングステイのための台湾の社会・文化・現地情報を発信中

台湾の社会傾向と国民性

台湾の社会

台湾は日本とは異なり、多民族国家で本省人、外省人、原住民族で構成されています。台湾は日本よりも経済的な貧富の差が大きく、富裕層と中低所得層の差が大きいと言えます。

また、教育に関しては、日本以上に学歴社会で受験競争も激しく教育熱心な社会が形成されています。幼稚園から英語教育を徹底するような家庭も多く、そのための塾などの教育機関も多く存在しています。また、大学進学率は日本以上に高く、海外への留学をする若者が多いのも台湾社会の特徴でしょう。

大卒の初任給はおおむね地粋な職種により多少異なりますが、25000~30000元程度と言われています。

 

台湾の国民性

台湾の国民性は気さくで明るい性格の方が多く、それだけではなく情に厚いことも特徴でしょう。全般的に、暖かい国のためか、おおらかな人柄の方が多く、社会的マナーやルールに対しては、日本人の視点からは比較的緩く感じられることがあるかもしれません。あまり細かいことには気を止めないため、性格的にルーズに見えることがあるかも知れません。

台湾での女性の地位は日本以上に高く、女性の社会進出も多く、結婚をしている家庭では夫婦共働きの方が多く見られます。

家族や血縁関係による結びつきは、台湾では非常に重要視され、その関係は強く強固です。また、日本と同様あるいは日本以上に先祖崇拝も重視されています。

ところが、日本と同様に、核家族化、少子高齢化が急速に進んでいるため、今後社会問題に発展しつつあります。

日本統治時代の歴史的背景も影響して、現在でも台湾と日本は経済と文化の両面で交流が盛んです。そのため、一般的な印象としては、台湾の方は親日家が多いという印象を受けます。親日国家というよりも、全般的に台湾の方たちは、日本人に対してだけではなく外国人に対してホスピタリティが高く、外国文化の受容度が高いという印象を受けます。

 

-台湾概要