台湾移住倶楽部

台湾移住や台湾ロングステイのための台湾の社会・文化・現地情報を発信中

海外移住をする時、郵送物の送付先をどうするか?

海外移住前の郵便物送付先を決定する

1.日本国内の親類(両親や兄弟など)に協力してもらう
2.私書箱サービスを利用する(有料:1000円~/月程度)

 

いずれにしても、まずは郵便物の転居・転送サービスは届け出ておいて損はないです。
これで1年間は無料で転居先に転送してくれもらえます。
(1年以上の場合、再度手続をすることで更に1年間更新可能です)
あたりまえですが、国外転送はしてくれません。
どうしても、国外転送を希望の場合は私書箱サービスを利用すると海外にも転送してくれるサービスがあります。

 

郵便サービスからウェブサービスに切り替える

両親などの協力を得る場合でも私書箱サービスを利用する場合でも、海外移住する場合はできる限り送付される郵便物を少なくしておいた方がよいでしょう。そのためには、毎月発行される請求書や領収書はネットサービスに切り替えておくと、海外にいてもインターネット上で即時確認が可能で非常に便利です。

 

住民票と郵便の転居転送サービスは別物

混同しそうな点ですが、住民登録(住民票)をどうするかという問題と郵便の転居転送サービスをどうするかということは全く別問題です。つまり、住民登録を抜いたとしても郵便物を日本国内の住所に転送することは可能です。

-移住手続き