台湾移住倶楽部

台湾移住や台湾ロングステイのための台湾の社会・文化・現地情報を発信中

台湾で賃貸住宅を探す3つの方法

台湾でどのように賃貸物件を探すか?

賃貸住宅を探す方法は、主に3つの方法があります。

1.不動産仲介業者を介して探す方法
2.インターネットで探す方法
3.知人の紹介や街や学校の掲示板で探す方法

 

不動産仲介業者を介して探す方法

初めて台湾での生活を始める方の多くが、不動産仲介業者に自分に合った賃貸物件を探してもらうのが一般的でしょう。
特に、言葉の問題がある場合は、ガス、電気、水道、電話、インターネットなど入居に伴う諸手続きやそのほかのトラブルなどの対応もしてくれるため、便利でしょう。
この場合は、日本の場合と同様に、不動産仲介業者に仲介手数料として家賃の1ヵ月分を支払うのが一般的です。

 

インターネットで探す方法

中国語という言葉の問題もクリアしていて、台湾の生活にも慣れている方は、インターネットを利用して自分にあった賃貸物件を探すのもよいでしょう。
日本と同様に、台湾では不動産仲介専門サイトがいくつかあります。
これらのサイトに掲載されている賃貸物件は、不動産仲介業者が掲載している物件もあれば、家主が直接掲載している物件もあります。
気になった物件を見つけた場合は、メールや電話番号などに直接連絡をして、不動産業者の担当者や家主に立ち会ってもらい、物件の下見をすることになります。
台湾では、このような形で物件を見つける場合は、ダメ元で家賃の交渉をするのが基本です。
条件次第では、家賃が少し安くなったりする場合もあることでしょう。

 

知人の紹介や街や学校の掲示板で探す方法

台湾の街を見回してみると、至る所に「租」と記載された赤い紙を見かけることがあります。
これは、賃貸物件で入居者募集中という意味です。
この場合は、ほとんどの場合は家主などの電話番号が書かれているので、直接連絡をして、物件の中を見学させてもらいましょう。
家主と下見する時間を決めて、見学させてもらうのですが、家主と直接顔を合わせることができるため、家主の人柄などを判断できるのがメリットと言えるでしょう。

また、会社や学校などの知人を通して、賃貸物件を紹介してもらえる場合は、それに越したことはないでしょう。
この場合は、不動産仲介業者を通さずに直接交渉できるため、仲介手数料が掛からないこと、あるいは入居に関してそのほかの相談にも乗ってもらえるためメリットが大きいでしょう。

-現地生活