台湾移住倶楽部

台湾移住や台湾ロングステイのための台湾の社会・文化・現地情報を発信中

台湾のビジネスシーンでの服装

台湾で仕事をする場合の服装について、日本と比べるとややカジュアルな服装になります。日本においてはオフィスワークの場合、男性であればスーツの着用が基本で、女性でもブラウスにスカートまたはパンツが基本といえましょう。一方、台湾(台北の一部を除く)では、ほとんどの人がスーツを着用していません。

 

台湾では、なぜ日本のようにスーツを着用しないのでしょうか?
最も大きな理由は、台湾の夏は暑く、夏場の期間も長いため、スーツを着用するような気候的風土ではないからでしょう。台湾でスーツを着用してネクタイを締めると、冬期でもなければ暑くて一瞬で汗が噴き出してきます。このようなことを経験則として体感している台湾人は、無意識のうちにスーツを着用するという選択をしないのでしょう。

 

それでは、逆に台湾でスーツを着用する場合は、どのようなシーンがあるでしょうか。例えば、台中のような地方都市であっても、台湾でも銀行などの金融機関や自動車販売店などの営業などはスーツを着用している場合が多いようです。また、中企業以上の規模の会社の社長や重役の方は、例え暑い夏であっても、常にスーツを着用している方が多いです。ただし、この場合であってもネクタイは着用している場合と着用していない場合があり、TPOに併せて柔軟に対応しているようです。

 

台湾では日常的なシーンでスーツを着用している方は少ないですが、社外の重要な方と面会をする場合には、スーツにネクタイ着用が基本となります。特に、台湾人の方の視点から見ると、日本人は礼儀正しく、常にスーツを着用してるというイメージを持っているため、場面や状況によりドレスコードは決まりますが、迷った場合はスーツにネクタイを着用していれば恥をかくことはないでしょう。いずれにしても、プロフェッショナルな場面では、日本でも台湾でも同様のドレスコードとなることを覚えておきましょう。

 

一般的には、台湾のオフィスワーカーの服装は非常にカジュアルです。日本では、以前「カジュアルフライデー」が話題になり、いつもスーツを着用しているため、どこからどこまでがカジュアルな服装なのか分からないためテレビ番組で特集が組まれるなどの可笑しな事態がありましたが、男性ならばポロシャツなどの襟のある衣服を着ていれば問題ないでしょう。時と場合によっては、Tシャツでも構いません。ただし、当たり前ですが、短パンにビーチサンダルは避けた方がよいでしょう。

-台湾社会