台湾移住倶楽部

台湾移住や台湾ロングステイのための台湾の社会・文化・現地情報を発信中

海外移住にクレジットカードは必須アイテム

2016/02/08

海外移住する場合、クレジットカードは必要でしょうか?

海外でクレジットカードが威力を発揮するケースは、以下のことが考えられます。

1.買い物をする時
2.キャッシングをする時
3.海外旅行保険の付帯
4.身分保証
実際に海外でクレカを使うシーンは?

海外移住後にクレジットカードの利用明細を見ると日本に一時帰国した時だけ利用件数が増えていました。そして、私の場合は台湾にいる期間はクレジットカードを利用する機会はほとんどありません。唯一、利用履歴を見てみると日本のネットショッピングを利用した時、航空券の予約・決済時くらいです。

 

台湾でクレジットカードが利用できるシーン

台湾でもクレジットカードを利用できる店舗は日本と同様に多くあります。しかし、日本で契約したクレジットカードを台湾で利用しようとすると為替に関わる手数料などの余分な費用が掛かってきます。そんな細かいことをいつも意識していたわけではないですが、無意識のうちに台湾でクレジットカードの利用を控えていたように感じます。支払いの際は、日本では完全にクレジットカード派でしたが、台湾では完全に現金派になりました。

 

海外移住時にクレジットカードが必要な理由

それでは、海外移住する人にとって、クレジットカードは必要ではないでのでしょうか?
私は、たとえ海外ではほとんど使うことがなくても、クレジットカードは絶対に必要だと思います。今まで日本でクレジットカードを持ち歩いていない人とは発想が異なるかも知れませんが、クレジットカードはお金に変わる一種の保険あるいは精神安定剤のようなものだと思います。

海外で一文無しになった時には、クレジットカード1枚持っていればATMから現金を引き出すこともできますし、手元に現金がなかった時にはプラスチックマネーとして商品購入やサービスの利用ができます。そのため、もし海外滞在中に1度もクレジットカードを利用しなかったとしても、海外移住者にとってクレジットカードは必須アイテムの1つだと思います。

年会費無料のクレジットカードを1枚だけでも持っておくと海外移住者には心強い味方になることでしょう。できれば、海外移住の場合は予備のクレジットカードとして複数枚もっていると、海外旅行保険の裏技的代用ができます。

 

海外移住者はクレジットカードを所有できるか?

海外では必要なクレジットカードですが、原則的には日本の非居住者は銀行口座が継続・開設できないこととなっています。つまり、日本に住民登録を持たない場合は、引き落としのための銀行口座が継続できないため、クレジットカードを解約することになり、新たに作成や更新はできないとされています。

ところが、現実的にはクレジットカードを破棄しないで使い続ける場合が多いでしょう。また、海外転出届を出さない場合(日本居住者)や短期の海外生活ではクレジットカードは海外移住に必須アイテムとなっています。

クレジットカード付帯海外旅行保険で移住・ロングステイ・長期滞在に備える

-移住手続き