台湾移住倶楽部

台湾移住や台湾ロングステイのための台湾の社会・文化・現地情報を発信中

台中でBRTに乗る方法

2014年7月から台中市では試験的にBRTが台鉄・台中駅〜静宜大学の17.2キロメートルが開通しました。将来的には、台中全29区を結ぶ予定となっています。BRTとは、バス高速輸送システム(Bus Rapid Transit)という意味で、大型バスを二台繋ぎ合わせた形で運行され、バスの全長は18メートルあり、最大乗客人数は120人となっています。

map3_a

 

BRTが通行する道路は専用道路となっており、一般車両は通行してはいけないルールになっています。そのため、同じ場所から同じ場所に移動する場合であっても、BRTを利用したほうが一般の市内路線バスよりも少しだけ到着時間が早くなると言われています。各バス停車駅では屋根付きのプラットホームが設けられているため、バス停でバスを待つ間も雨にぬれる心配はないでしょう。

 

BRTの運賃は、市内路線バスと同様で8キロまでは無料、8キロ以降は2キロごとに1元という料金体系が適用されます。また、子供と高齢者の運賃は半額となります。ただし、2014年の開通から1年間は全ての路線で、誰でも運賃は無料で利用できます。特に朝夕のラッシュアワーや週末では、運賃無料の期間中と言うことも影響し、多くの方がBRTを利用しているため、バス内は非常に混雑しています。

 

乗車には、悠遊卡、台湾通、一卡通、遠通E通卡の4種類が利用でき、改札口に設置されたIC読み取り機にカードをかざすとピッとセンサーが反応して音が鳴りゲートが開く仕組みになっています。各バス停では必ず停車するため、市内路線バスのようにバスが近づいて来たときに、手を挙げ乗車の意思表示をする必要はなく、またバスを降りるときには降車ボタンを押す必要もありません。運行時間帯は早朝6:00から夜間は23:00まで、約6分間隔で運行されていますが、時間帯や交通状況によって10分以上間隔が空く場合もあるようです。

-現地生活