家族で台湾へ海外移住

日本人夫と台湾人妻が子供と一緒に家族で台湾へ海外移住をして台湾の現地情報をレポート

*

台湾人は起業家精神が高く台湾では自営業が多い理由は?

      2016/12/04

台湾人は起業意欲が高く、自営業者が非常に多い現状にあります。特に、若い人ほど自分でお店や事業を始めて、若くしてビジネスで成功したいと考えている方が多いです。このような台湾人の起業家精神が非常に高い理由を、実際に台湾人と話したり、接する中で感じたことを踏まえて、台湾現地からレポートします。

 

日本で正社員は生活保障と安定感抜群の人生設計の礎

台湾と日本の企業を比較すると、最近では少しづつ変りつつあるかもしれませんが、海外から見た日本企業は、年功序列型の賃金形態や労働契約では長期雇用型という現状からすると、圧倒的に日本企業は安定していると実感します。

この辺りは明文化されてはいないもののデファクトスタンダードとして雇用側と労働側が暗黙の了解として労働契約が守られてきたため、社会の中で醸成されてきた一種の企業文化というものなのでしょう。

また、給料面では、正規労働者の比率が下がり続けていたり、サラリーマンの年収が下がり続けているという事情はあるものの、独立自営でなく会社に勤務していれば、比較的高い収入を保障されるといったところが日本で正社員として働くメリットであり特徴でしょう。それでは台湾ではどうでしょうか?

 

台湾のサラリーマンの待遇は?

台湾で正社員として働く場合の給料は、日本と台湾の物価の違いを考慮しても、決して高いものではないようです。台湾の収入(年収・月給)に関する情報は下記記事をご覧ください。
台湾人の平均月収と平均年収はいくら?|統計情報を基に検証
台湾の新卒者平均給料と希望額はいくら?|若者の仕事への意識は?

一般的には、台湾でも金融などの分野や専門分野以外の仕事では、給料が比較的低い状況にあります。

しかも、日本のように年功序列型の賃金形態でもなければ、長期雇用も保障されていないため、台湾人はチャンスがあれば、いつでもよい高い待遇を求めて次から次へと転職を繰り返していきます。日本では転職回数が多いと転職をする時には不利になりますが、台湾では特にそのようなことはないばかりか、場合よっては転職が多い人ほど優秀人材と見做されたりします。

また、台湾では給料も日本のように当たり前のように年功序列ではないため、40代くらいになると昇給が止まり、逆に年収が下がり始めることも多いです。このように、台湾では会社に勤めていれば安泰という企業が少ない現状もあります。このような理由により、台湾では日本人のように、一生サラリーマンで人生を終えるような人は少数派です。

 

若者の夢は社長になること!

現在私が勤務している大学で学生たちに、日本語学習の一環として、「将来の夢」について、文章を書いてもらったり発表をしてもらいました。その結果、彼らの希望や将来の夢として挙げられたことが「独立・起業」でした。

特に、若い世代の人は日本人以上に台湾人の方が起業してお金を稼ぎたい、成功したい、突き抜けたいと考えている学生が多いように感じます。
台湾の大学生に卒業後の将来の夢は何ですかと聞いた結果

彼らは起業する目的を何の躊躇いもなく胸を張って、「お金をたくさん稼ぐ」ためと答えます。彼らは純粋に夢を追いかけていく志向が強くあります。この辺りのお金に関する考え方も、日本人と台湾人では少し異なるように感じます。

 

リスクを考えず無計画に突っ込んでいく国民性

台湾人に限ったことではなく中華系民族は、様々なリスクをものともしないで、チャレンジングな試みをする人が多いのが、その特徴なのかもしれません。その結果、世界のどこへ行ってもチャイナタウンが存在して、中華系民族の強かな移住者が世界各国で生き抜いているのでしょう。

このブログでも何度も書いていることですが、日本人から見ると台湾人はかなり無計画な行動をするのが国民性の一つです。生活のありとあらゆる場面で、その無計画性を見てきました。車やバイクの運転にしても、飛び出してから視界にモノが現れたら止まるという具合です。一旦、ブレーキを掛けて、誰も何もいないことを確認するなどというリスクを考えた行動をとりません。

日本人のように、予め起こりうる問題を予測して、その問題が発生した時にどのように対応するかという発想は、台湾人には希薄です。台湾人の多くが、とにかく物事を早く進めてみて、問題が発生したら、その時立ち止まって、対処療法的に解決策を考えます。

そのため、小吃店などのお店は開業しては閉店して、開業しては閉店するを繰り返しています。開業する自由も閉店する自由も、どちらもほとんどの台湾人が認めるため、世間体などを気にしている人はいません。成功したら儲けモノくらいに考えている人が多いようです。

 

中華民族に脈々と流れている『史記』の「鶏口牛後」

日本では働く上で長時間努力することが「是」とされてきました。そのような働き方を示す言葉は下記のような諺によく表れています。

  • 石の上にも三年
  • 桃栗三年柿八年
  • 牛の歩みも千里
  • 高きに登るは低きよりす

ところが、中国の歴史書である『史記』には、誰でも一度は聞いた言葉が書かれています。

  • 鶏口牛後(鶏口となれど牛後となるなかれ)

つまり、大きな組織の末端のではなく、小さな組織のトップになりなさい、という意味ですが、台湾の社会と台湾人の働き方を観察していると、面白いことに「鶏口牛後」そのものです。多くの人が、小さなお店でも家族経営であっても、どのような形であれ社長を目指して働いているように感じます。

このように、起業した親や自営業の親に育てられた子供たちも、親の背中を見て育てば、働く年齢になれば、起業を目指し、会社や事業の規模は問わず独立自営をするというのも頷けます。

独立・起業に関心がある方は、下記よりどうぞ・・・
起業するなら悩む前に行動
まずは資料請求から

関連記事:台湾人の職業観とビジネス文化の背景にある憲法

 - 台湾文化・習慣

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

  関連記事

no image
日台国際結婚家族の食生活は台湾移住後に中華料理へシフト

no image
台湾で中秋節にBBQをする理由と満月の逸話

台湾人の女の子はなぜ料理が苦手なのか?7つの理由

一般的に、台湾人女性は日本人女性と比べると料理が苦手だとよく聞きますが、実際に台 …

社会に対する宗教の役割は?|台湾四大仏教・中台禅寺で自問自答

台湾と日本の社会を観察する中で日本人と台湾人との違いを比較し、最も異なることの一 …

媽祖信仰とお祭り|台中国際観光文化節2016の予定

毎年、4月頃になると媽祖といわれる伝統信仰のお祭りが開催されています。今回は、「 …

台湾の住まい|伝統的三合院・箱型一戸建て・連棟式長屋

台湾の住まいは伝統的な三合院スタイルからサイコロのような形状をした一戸建てスタイ …

台湾のホテルやレストランでチップやサービス料は必要?

台湾をはじめて旅行する方にとっては、旅行中に台湾で経験するであろう習慣を事前に知 …

台湾での女性の服装でOKとNG|ミニスカート×ハイヒールvsホットパンツ×サンダル

台湾に移住以降、台湾の女性の服装について、特に日本の女性との違いで、気が付いたこ …

no image
日本人が絶対しない台湾人の7つの特徴的な行動

no image
台湾在住日本人が感じる台湾人男性にとって重要な5つの特徴的価値観