家族で台湾へ海外移住

日本人夫と台湾人妻が子供と一緒に家族で台湾へ海外移住をして台湾の現地情報をレポート

*

宝覚寺とその歴史|金色大仏で有名な日本との縁の寺院

      2017/10/22

台中市の観光スポットでもある宝覚寺を訪問して寺院内の全てを拝観してきましたので、金色の大仏で有名な宝覚寺についてのレポートです。私は今までこのお寺の近くを何百回か通過していたのですが、境内には立ち行ったことがなかったため、今回は参観者や観光客が比較的少ない平日の夕方に訪問してきました。

 

宝覚寺の概要

寺院名寶覺禪寺
所在地台湾台中市北区健行路140
宗派臨済宗妙心寺派
山号鷲屏山
創建年1927年(昭和2年)
初代住職妙禪法師

1927年に中国大陸の福建から台湾に来て1928年に本堂が完成したとのことです。
日本統治時代に妙禅法師が日本の臨済宗大本山でから教義をするための資格を与えられ初代住職になったと言い伝えられています。

 

宝覚寺の外観をご紹介します

宝覚寺は台鐵台中駅の少し北側で、台中市内の高校では日本語教育に力を入れている台中市立新民高級中学(高校)から道を挟んで直ぐ向かい側に位置しています。道を挟んだ高校側から撮影した、観光スポットとなっている大仏様の画像です。

IMAG3161

隣に見える本堂よりも少し低いくらい程度ですが、大仏様の高さは30メートルほどです。遠くから眺めてみるとそれ程大きくは見えないのですが、近くから眺めるとその大きさに圧倒されます。座っている状態で30mもの高さがあるのに、この大仏様が立ち上がったら、どれくらいの高さがあるのかと想像してしまいました。

宝覚寺の正門から道を挟んで対面に見える新民高校の様子です。
IMAG3224

宝覚寺の正門からみた本堂の様子です。
正門は改装されていることもあり、シンプルなデザインと色合いできれいです。
IMAG3225

正門を潜ると右側に本堂があります。
IMAG3164

 

宝覚寺の本堂をご紹介します

本堂を真正面から見た様子です。
この本堂は正式には、大雄宝殿(大雄寶殿)と言います。
IMAG3167

ここで何か気が付きましたか?
本堂の中に本堂があるんです。大きな本堂の中に小さな本堂がありますね。これは、元々1928年に完成した本堂が立てられていたところに、天災から守るために元々あった本堂を囲うように、大きな建物を外側に建立したためです。そのため建物の中に建物がそっくりそのまま残されているため、当然屋根瓦もそのまま残されています。本堂の両脇には像の石造が2体設けられています。
IMAG3175

IMAG3174

本堂の釈迦三尊の様子です。
IMAG3217

僧侶と信徒の方が、夕方のお経を唱えていました。
IMAG3219

そして、本堂の中央を南に向かって歩いていくと、お線香を供えるための場所があります。
IMAG3173
丁度、1人の僧侶がお線香をあげていました。

 

宝覚寺の有名な大仏様(弥勒菩薩)をご紹介します

本堂から更に右側へ行くと、有名な大仏様(弥勒菩薩)が身構えていました。
この大仏は布袋様で、耳を触ると幸せになり、おへそを触るとヘソクリが増えお金持ちになるという言い伝えがあります。当然ですが、実際に耳やヘソを触ることが出来ません。
近くで布袋様の表情を見ると如何にも微笑ましい表情をしていますね。
IMAG3177

そして、真下から布袋様を見上げてみました。
ふくよかなお腹がドーンと目に入ります。台湾の年配の方には、太った体は裕福なお金持ちの象徴だという考えがありますが、正にそのような印象を受けました。
IMAG3182

台座には「皆大歡喜」と書かれており、みんな大喜びという意味です。
IMAG3186

また、この仏像の中にはスペースがあるようですが、現在は一般公開されていないようで、頑丈に柵で覆われ鍵が掛けられていました。
IMAG3185

台座の側面にはこの大仏の建設のために寄付をしたと思われる方のご芳名が刻印されていました。
IMAG3184

本堂の右側付近にはミニ布袋様が足を崩して横たわっていました。
何だかこのミニ布袋様、可愛らしいですね。頭をナデナデしたくなりましたが、不謹慎かと思い、お腹をナデナデしておきました。一説によると、大きな大仏の耳やおへそを触ることが出来ないため、このミニ布袋様を作り、耳やヘソを触ることが出来るようにしてあるとか・・・。うん、これで私もお金持ちになれるのかな。
IMAG3187

 

正門左側の地蔵堂や日本人遺骨安置所などをご紹介します

地蔵殿

宝覚寺の左側には地蔵堂(地蔵殿)が設けられています。
IMAG3195

和平英魂觀音亭

更に、地蔵殿の右側には、和平英魂觀音亭があります。
IMAG3196

霊安故郷慰霊碑

霊安故郷慰霊碑の様子です。
IMAG3199

IMAG3203

日本人遺骨安置所

そして、最後に日本人のお骨が納められている日本人遺骨安置所です。
IMAG3190

IMAG3191

 

宝覚寺を訪問した感想とまとめ

宝覚寺には戦前に台湾中部で亡くなった14000人余りの日本人移民の遺骨が奉納されているそうです。このように考えると、日本との縁が深い台湾のお寺なのか、台湾との縁が深い日本のお寺なのか、その両方なのか分からなる感覚を覚えました。

また、戦時中に命を落とした英霊が納められているため、日本人の遺骨だけではなく、日本が統治していた時代の台湾人日本兵の英霊も納められているようです。そのため、台湾台日海交会など、かつて日本軍として戦った台湾人の方たちも大いに関係しているようです。

毎年11月には、宝覚寺で日本から関係者が来台し、また台湾各地からも宝覚寺に参集して、多くの方が集まり法会が開催されています。宝覚寺は、戦前から繋がる日本と台湾の架け橋となっているようにも感じました。

 

宝覚寺の行き方(アクセス)

台中の宝覚寺の行き方は、市内路線バスとタクシーを利用する方法があります。

  • タクシー:台中駅から10分程度
  • 路線バス:台中駅から15分程度(バス番号:14番、15番、50番、82番など下車後に徒歩5分)

関連記事:台中の高級ホテルを5,000円以下で宿泊!?ダブル1室1万円以下で予約可
関連記事:台中駅前(徒歩圏)の格安ホテル(5,000円以下)一覧|簡単ネット予約可
関連記事:逢甲夜市周辺の安いホテル(3,000円)宿泊希望の方へ|簡単ネット予約可

【知らなきゃ損】海外旅行前⇒カード付帯保険のメリットと節約術

台湾のホテルの【最低料金】《ポイント付与》の目安を確認してみる

 - 旅行観光

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

no image
台湾・台中から日帰り旅行できる観光スポットのまとめ

【告知】台湾イベント「Hello Taiwan 哈囉台灣@SAA」にご協力しました

今週末から台湾大好き女子のための台湾に関するイベントが大阪で開催されます。そのイ …

no image
2005年に台湾国内を観光した時の回想録|台北・太魯閣・花蓮・高雄

no image
台湾の基礎知識|初めての台湾旅行前に確認しておきたいこと

台湾に初めて旅行をする方のために、旅行出発前に確認しておくべきことと、知っておき …

初めての台湾旅行の方へ|持ち物リストをチェック表(PDF付)で確認

はじめて台湾を旅行する場合の持ち物について、台湾現地からレポートします。初めての …

台湾のハチミツは龍眼とライチとナツメ|お土産にも最適

台湾のハチミツ(蜂蜜、はちみつ)の種類や銘柄などについて台湾現地からレポートしま …

台湾~日本間のLCCを最も安く上手に利用する方法|旅行スタイルの提言

台湾と日本間の飛行機での移動でLCCを利用する場合の最も安く、しかも有効な利用方 …

新竹の天気と気候(気温/湿度/降水量・日数)|旅行時の服装は?

台湾の新竹という都市の天気と気候を台湾現地からレポートします。新竹と言えば台湾で …

台中⇔桃園国際空港までの交通アクセス方法(新幹線やバス等)のまとめ

台中市内から桃園国際空港までのアクセス方法について、台湾現地からレポートします。 …

台湾の4月と5月(GW時期)の気温と気候に服装・旅行必需品は?