家族で台湾へ海外移住

日本人夫と台湾人妻が子供と一緒に家族で台湾へ海外移住をして台湾の現地情報をレポート

*

台湾フルーツビール(水果啤酒)・マンゴービールを飲んだ感想

      2016/08/18

台湾では、フルーツビール(水果啤酒)の種類が豊富です。

以前、何度かフルーツビール(パナナップルビール)を飲んだことがあるのですが、その時の感想は可もなく不可もなく、それでも不味くはないなという印象でした。

今回偶然、コンビニでマンゴー味のフルーツビールを見かけたので試してみました。

台湾でのフルーツビールの種類をあげておきます。

・パイナップルビール
・ぶどうビール
・オレンジビール
・ライチビール
・バナナビール
・ピーチビール
・りんごビール
・レモンビール
など

他にもあるかもしれませんが、私が台湾で見かけたのはこれくらいです。

そして、今回、マンゴービールを試しに飲んでみました。

見た目は、マンゴーサイダーかと思ってしまいそうなデザインです。

喉が渇いていたのでコーラでも買おうかと思っていたのですが、思わず隣の棚にあったフルーツビールが目に入ってしまい、ビールが飲みたくなってしまったわけです。

そして、いつも飲んでいる台湾金牌ビールから隣にあったフルーツビールに目が行ってしまい、しかもマンゴー味のビールです。(笑)
imag1330.jpg

そして、ビールの缶を開けると、ほのかな甘くねっとりとしたマンゴーの匂いが漂ってきました。

この時点で、もはやビールではないことを確信しましたが、ビールだと思って一口飲んでみました。

おっ、炭酸がきついな、そして、アルコール度数が低そうだ、そしてほのかにビールの苦味もなくはないです。

そして、最後にまさかの、甘い後味と同時にほんの少しだけ苦味も感じました。

なんじゃこりゃ、ビールだと思って飲んだ場合は、こんな感想になります。

カクテルサワーやウメッシュのようなものだと思って飲んだ場合は、それなりにおいしく感じられるかもしれません。

台湾で台湾フルーツビールのマンゴー味を飲んだ感想は、「何じゃこりゃ」という一言に尽きます。

台湾にお越しの場合は、コンビにでも購入できる台湾フルーツビールを嗜んでみて下さい。

マンゴービールのまとめ
・内容量:330ml
・アルコール度数:2.8%
・果汁:5.0%

imag1331.jpg

 - 台湾文化・習慣

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事