家族で台湾へ海外移住

日本人夫と台湾人妻が子供と一緒に家族で台湾へ海外移住をして台湾の現地情報をレポート

*

台湾で日本語教師養成講座を受講して修了

   

先月まで2ヵ月半程度の間、台湾で日本語教師養成講座を受講していました。

このコースを受講した目的は、台湾の某大学で日本語を教えることが予定されていたからです。

今まで日本語教育に携わったことがないのに、いきなり大学生に日本語を教えるということはあまりにも無謀なため、台湾で開講されている講座を探した結果、タイミング的に1つのコースを見つけられました。

そもそも日本では日本語教育養成講座420時間コースというものが多くの民間学校で開催されています。

このようなコースは、概ね受講期間は6ヶ月間くらいで、受講費用は50万円くらいです。

ところが、台湾には日本語教師養成講座は数えるくらいしかありません。

その理由は、日本語教師になるためにはこのような講座を受講しなくても日本語を教える実力さえあれば誰でもなることが出来るからです。

それでも、このような日本語教師になるための講座を受講する最大の理由は、日本語教師として働くための最低限の知識と経験を実践できるからでしょう。

以下に今までの受講記録のブログ記事を列挙しておきます。

台湾で日本語教育のための日本語教師養成コースを受講してみた

台湾で日本語教師養成班を受講(2週目)

台湾在住日本人が台湾で日本語教師養成コースを受講した結果(3週目)

台湾で日本語教師養成講座を受講している在台日本人(4週目)

台湾で日本語教師養成講座を受講している台湾人(5週目)

台湾で日本語教師養成講座を受講している日本人(6~9週目)

私が台湾で受講した日本語教師養成講座は、たった2ヶ月半程度で完結してしまうくらいコンパクトな講座だったため、内容的には薄い印象を受けましたが、最も役立ったことは模擬授業を実践したり、クラスメートの模擬授業を観察できたことです。

自分が模擬授業をした後には、反省点が多く、その反省点から今後どうしたらよいかを考えるきっかけになり、クラスメートの模擬授業を観察することで、良い点を見つけられ、他の受講者の方から刺激を受けて、より上手な教え方を吸収できました。

このように、日本語を教えることに必要な要素は知識の吸収ではなく、実践の中で反省を繰り返し見につけられるものなのだということを強く実感しました。

台湾で受講した日本語教師養成講座の最終回は、講座担当教員の方たちの前でクラスメートを仮想生徒として模擬授業を実践することでした。

現役の日本語教師でもあり、今まで講座を担当してきた先生たちの前で、模擬授業をすることは緊張するものですが、ここは練習と考えて、失敗覚悟で授業をしました。

この模擬授業には制限時間があるのですが、制限時間内に終えられて一安心でした。

その後、あるクラスメートからすごく良かったよと声を掛けてもらったことは、社交辞令だったとしても印象的であり、非常に励みになりました。

そして、今、台湾の大学で日本語を教える仕事をする原動力になっています。

最後に、この講座を全ての課題をこなして受講を修了すると修了証書を貰えます。

この修了証書が台湾でどれだけの効力があるかは分かりませんが、日本語を教える上で実践的な練習が出来たことは確かです。

 - 日本語教育

Comment

  1. tomo より:

    台湾でも人間ドッグが行われているようですが、完全、日本語で、報告書も
    日本語で出してくれる病院は少ないと思います。
    下記の病院は通訳は追加料金なしでしてくれるときいておりました。
    ご参考にお知らせします。

    http://site.jah.org.tw/japanese/2_appointment/3_examination/1_about.asp

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

  関連記事

台湾で日本語教師を目指す看護師さんへの転職相談コンサル

台湾で日本語教師を目指したいという看護師さんから相談を受けましたので、相談内容と …

no image
大学も今学期終了で来学期の担当4科目も仮決定

台湾の大学を含めたほとんどの学校も、そろそろ春節休みを前に休みモードになってきま …

「日本語は難しい?」中国語話者の台湾人に聞いてみた結果

台湾人の大学生に「日本語は難しいか?」「日本語のどのような部分が難しいか?」を聞 …

no image
台湾で大学教員としての適正を確かめるため学生からのアンケート結果

no image
台湾で日本語教師養成講座を受講している日本人(6~9週目)

no image
友人が設立した日本語学校の日本語教師としてお手伝い

日本語教室以外でも使える緊張緩和の為のアイスブレイクの小技

私が大学での日本語の授業で時々使っている「アイスブレイク」の方法について、台湾現 …

no image
台湾で日本語教師として独自講座を担当する悩み

介護福祉士から日本語教師に転職するメリットと今後の展望

介護福祉士(介護士)の方が日本語教師を目指すことのメリットと今後の展望について、 …

台湾の大学で新米日本語教師1年目の1学期を振り返ります