家族で台湾へ海外移住

日本人夫と台湾人妻が子供と一緒に家族で台湾へ海外移住をして台湾の現地情報をレポート

*

台湾の映画館事情と映画料金はいくらか?

      2015/12/20

台湾の映画館と映画料金についてのレポートです。
先日、台中の郊外を歩いていたら、映画館を見つけました。
台湾に来てから映画館で映画を見たことがないため、少しだけ外側から観察してきましたので簡単にご紹介します。

 

小学生の時の映画鑑賞の失敗談

昔を思い出すと、小学生くらいの時に1年に一回くらいは学校の行事で午後から体育館で全校生徒を集めて映画を見ることがあったのを覚えています。
ところが、私はそのような映画公開イベントで給食を食べた後に、真っ暗な体育館の中でじっとしていると、ほどなく睡魔が襲ってきて、映画が終わる頃に目が覚めるなんてことをよく経験していました。
そのため、映画が始まって30分くらいまでのストーリーしか覚えていない、なんてことになり、翌日クラスで映画について、みんなで討論ということになると、穴があれば逃げ込みたい思いでした。
みんなが話した映画についての感想の一部を盗用して、自分の感想を作り出すなんてことになったものです。

 

20代の映画鑑賞に関する失敗談

更に、映画での失敗経験は続きます。
20代の若い頃には彼女と一緒に映画を見に行くなんてことは誰しもあることかもしれません。
そんな中、デートで映画を見に行くという選択肢は、できれば避けたい選択肢でしたが、やむを得ず映画を見に行ったところ・・・
やはり、暗くてふかふかの椅子で快適な温度に調整された映画館に入ると、やはり、私は眠くなってしまうのですw
そして、この時も何故か映画が終わる直前にくらいに目が覚めたのですが・・・
目が覚めた時には、お隣に座っているはずの女性がいなかったのです。
そんなわけで、私にとっては映画館は映画を観賞するところではなく睡眠をするところのようなので高いお金をかけて映画館に入ることは今までほとんどなくなりました。

 

台湾の映画のステイタスはかなり高い!?

そもそも、私は映画を見ることには、あまり強い興味がないのですが、台湾での映画が台湾人にとってどのような存在なのか、社会の中でどのように捉えられているのかということには非常に強い関心を持っています。
そして、台湾での映画の話に戻すと、台湾ではケーブルテレビが発達しているので毎日多くの映画がテレビで見られる訳です。
それでは、台湾の映画館はどうなのかという話ですが、映画館の外側から見る限り、台湾では映画館で映画を見ることが娯楽の一部として根付いているのだなという感想を持ちました。
平日の昼下がりの時間に行ったのですが、夏休みだということもあり、映画館の周りにはそこそこお客さんがいました。

 

台湾での映画館入場料金はいくらか?

そして、台湾でも日本と同じようにチケット販売窓口で入場券を購入して映画館に入る仕組みのようです。
そして、映画を見るための映画料金はいくらなのか?興味ありますね。

imag0682.jpg

左から映画料金が大人(全票)310元、250元、240元、240元と映画の種類によって映画料金が違います。
学生料金や軍警料金は少しだけ安くて230元から210元でした。軍隊さんや警察関係者は公共施設だけでなく、映画館のような民間施設でも優遇を受けているのが新たな発見でした。

 

台湾と日本の映画館への入場料金の比較から物価比較

日本では映画鑑賞料金は2000円くらいでしょうか。
それと比べてもあまり意味がないのですが、台湾では日本の映画料金の半分以下映画が見られる計算になります。
同じハリウッドの映画でも、日本と台湾では興行収入が映画料金の単価だけで2倍以上変わってくるという計算になりますね。
ハリウッドスターが日本に真っ先に映画プロモーションに来日するのも頷けますね。

関連記事:台湾で始めて映画館で映画を鑑賞|危機女王を観た感想

【知らなきゃ損】海外旅行前⇒カード付帯保険のメリットと節約術

 - 台湾社会

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

台湾にハンカチ王子が存在しない理由|海外ではおしぼりがない!?

台湾での「ハンカチ」と「おしぼり」について、台湾現地からレポートします。ハンカチ …

台湾に住んでいて「ここは日本だ!」と錯覚してしまう瞬間

台湾に住んでいる中で、日本で生活してると錯覚してしまいそうになる台湾社会の光景を …

台湾高雄発→大阪関空着のピーチ航空を画像でご紹介

no image
台湾で見つけた日本では昔懐かしの個人スモールビジネス・商売

日本では一昔前には、よく見かけたのですが、最近はあまり目にすることがなくなったス …

中華航空の機内で日本人の3人の男が飲酒&喫煙→引き返す騒動が話題

日本ではニュースになっていない日本に関する台湾の話題を台湾現地からレポートします …

18歳以上限定の台湾でよく見かけるオトナが利用する公園

台湾でよく見かけるドラッグストアと日本のドラッグストアの違い

no image
台湾の国定祝日は毎年9日間|日本の祝日は15日間

悠遊カードで台湾鉄道(台鉄)に乗れる路線拡大|割引メリットと注意点

悠遊カード(悠遊卡)を使用して台湾鉄道(台湾鉄路管理局、台鉄、TRA)を自由に旅 …

no image
台湾の外国人労働者(外労)の雇用とその費用と外労の賃金